アルファードの乗り心地は実際どうなのか徹底的に調査した結果

<目からウロコ特集>
はたして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】ベテラン営業マンのセールストークVSプロから学んだ心理交渉術

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)45秒で愛車の最高額がわかる!

アルファードは、一番下のグレードでも335万円、最上級グレードだと750万円するという高級なミニバンです。それだけハイクラスな車の乗り心地って、いったいどれほどの物なのでしょうか。

今回は、モデル別や、シート別など、徹底的に乗り心地についてを調査しました。乗り心地に関する豆知識も沢山詰め込んでいます。これを読めば、アルファードに乗ったような気分になる!?かもしれません。

 

スポンサードリンク

アルファード 街乗りでの乗り心地


引用:トヨタHP

アルファードは大きいボディだから、カーブの時にグラッとするんじゃないかとか、段差でガクッとしそうとか思いますよね。

しかしそんな心配はいりません。アルファードは、衝撃吸収に大変優れています。乗っている人にかかる負担が非常に少なく、素晴らしい乗り心地を実現できています。

しかも現行モデルに関しては、サスペンションを一般的な「車軸式」から、高級セダンに使われるような「ダブルウィッシュボーン式」に変更していて、衝撃に対して更に強くなっています。アルファードは街乗りで、高級ミニバンらしい、安定感のある走りを期待できます。

さくら(妻)
ダブルウィッシュボーン式って初めて聞きましたよ~うぃーっしゅ
源十郎
そ、それって内閣総理大臣の孫のセレブ、、
あ、でもダブルウィッシュボーン式はコストが高いから、セレブなサスペンションって覚えればいいね~

アルファード 高速道路での乗り心地

引用:トヨタHP

アルファードの重さは、約2トンもあります。2トンの鉄の塊を100キロとか凄いスピードで走らせると、乗り心地のほうはどうなるのでしょう。

まず高速道路上にある、道の継ぎ目。これは軽いクルマだと、ガタンっと浮いたような感じになりますが、重いアルファードは、質のいいサスペンションも手伝って、スーッとうまくかわしてくれます。

次に加速ですが、アルファードは2.5Lガソリン車、3.5Lガソリン車、ハイブリッド車、全て優れた加速性能を持っています。特に3.5Lガソリン車に関しては、静寂性があり上品で力強い加速を評価されています。

このように、高速でのアルファードの乗り心地は、素晴らしいものだといえます。

ただ、120キロ以上スピードを出している時は、路面の状態によって2トンの重いボディがユラリとする事があります。これは重心の重いアルファードには仕方のない事でしょう。

さくら(妻)
ママ友が、ヴォクシーからアルファードに乗り換えたら、高速でのガタツキが無くなったって言ってました~

スポンサードリンク

アルファード 20系の乗り心地


引用:ウィキペディア

2015年にフルモデルチェンジされたアルファード。

走行性能など、いろいろな部分が進化しているので、乗り心地も現行モデルとどれほど違うのかが気になるところです。

口コミなどでよく、

  • フワフワしている
  • 加速感が強い(音がうるさい)
  • 2列目は車酔いする

という酷評も見かけますが、これは高級車に乗り慣れている人や、高級車だから、と期待が大きすぎた人の意見でしょう。

私もアルファードの20系に乗ったことがありますが、2列目でかなり乗り心地が良かったです。流石高級車という感じ。

中古車は、前乗っていた人が、タイヤのサイズやセッティングを変えている可能性もあるので、それによって乗り心地が変わっている場合もあります。

源十郎
2列目はフワフワすると言われればそうだけど、、、そんなに気にならなかったなあ

アルファード 30系の乗り心地

引用:ウィキペディア

現行のアルファードになると、口コミは高評価がほとんどになります。普段は辛口な車メディアのライターも、試乗記でベタ褒めしているくらい優秀です。

アルファードの30系には、ベタ褒めされるのも納得な、乗る人を心地よくする装備が下記のように沢山あります。

  • 寒い時すぐにシートが暖まって芯から身体がポカポカあたたまる快適温熱シート
  • 暑い時にシートから爽やかな風が送られてサラサラ過ごせるベンチレーションシート
  • 高級セダンに使われる高性能ダブルウィッシュボーン式サスペンションで揺れを軽減
  • 新幹線のグリーン車のように足を伸ばしてリラックスできるオットマン

ちなみに前期型から現行の30系にフルモデルチェンジする時に、トヨタが特に力を入れたのは2列目シートの快適さだそうです。

ゲストにビジネスクラス並みの極上を提供できるエグゼクティブラウンジシートも開発されたり、ラグジュアリーな乗り心地がウリとなっています。

さくら(妻)
エグゼクティブラウンジシートに乗ってみたいです~

20系30系について、もっと詳しく解説した記事もあります。

アルファードグレード(20系後期や30系)の違いを徹底解説

2018.05.11

アルファード20系30系の乗り心地は?高速運転や駐車時の性能抜群

2018.05.04

スポンサードリンク

アルファード どのシートも快適に過ごせる

引用:トヨタHP

では次は、アルファードのシートごとの乗り心地を検証していきます。どのシートにも、アルファードのおもてなしの心が感じられる素晴らしい機能があります。

アルファード 運転席の乗り心地

大きな車は運転しにくいと思われがちですが、アルファードは全高が高く、窓がとても大きくとってあるので、運転席からの視界がとても良く運転しやすいです。様々な運転サポートシステムも付いていて、大きなボディも、スムーズにコントロールできます。

特徴的なシートの形状は、肩も腰も優しく支えてくれて、姿勢が崩れず疲れにくい構造になってます。

あと、乗り心地というか、ドライブ中の気分にかかわる機能で、源十郎一押しなのが、S-FLOWです。これは運転席、助手席、前の席と後ろの席に分けて、感知センサーで人が乗っている場所にだけエアコンが効くようになっているというとっても賢い技術なんです。

アルファード 助手席の乗り心地

ドライブで助手席の人が快適に過ごせていると、運転手の気分も上がるものです。アルファードの助手席は、こんなにも快適に過ごせる!という代表的な、2つの素晴らしい機能をご紹介します。

まず空調について。運転手が助手席の人より暑がりだったり、又は助手席の人より寒がりだったりすることがあります。そんな時、エアコンの温度を別々で設定出来たらいいと思いませんか?

アルファードのエアコンは全グレードがフルオートで、運転席、助手席、それぞれ設定温度を違うものに出来ちゃうのです。これってとっても便利な機能です。エアコンの事で気を遣う必要がなくなんですから。

そしてもうひとつ。ドライブ中、助手席の人が寝ちゃう事ってよくあると思いますが、どうせ寝るなら足を思いっきり伸ばしてフラットに近い姿勢で快眠してもらいましょう。

そんな事が、アルファードの助手席スーパーロングスライドシートなら可能なのです。最大1.160mmまでスライドできるので、どんな背の高い人でも足を伸ばしきれちゃいます。

そして足をリラックスさせてくれるオットマンで足を持ち上げ、血流アッこれだけの機能があれば、大切な人も安心してお出迎え出来ますね。

旅に出たときなんかは、助手席で快眠する事ができれば疲れも飛びますので、安心して運転交代もできるでしょう。

アルファード 2列目の乗り心地

どんな大事なゲストが来ても、何の心配もなく極上のおもてなしが出来る、それがアルファードの2列目シートです。

グレードごとに、2列目シートのネーミングと機能が変わってくるのですが、どれも乗り心地はかなり良いです。最上級グレードから見ていきしょう。

飛行機のファーストクラスのようなエグゼクティブラウンジシート

引用:トヨタHP

アームレストにはエアコンやオーディオなど色々な操作ができる集中コントロールスイッチとテーブルが格納されています。

飛行機のビジネスクラスのようなエグゼクティブパワーシート

引用:トヨタHP

このグレードからシート表面が本革になり、オットマンと座席の調整が電動で出来るようになります。カップホルダーとテーブルも完備。

新幹線のグリーン車のようなリラックスキャプテンシート

引用:トヨタHP

レバー式になりますが、ちゃんとオットマンが付いています。本皮ではなくなりますが、そのほうが手入れが簡単であったり、通り道が広くなって3列目にアクセスしやすなど、実用的な部分が評価されています。

快適な車中泊を重視するなら6:4分割チップアップシート

引用:トヨタHP

2列目がこのタイプのシートなら、御覧の通りフラットな状態のシートアレンジが可能で、マットなど購入すればかなり心地よい車中泊をエンジョイ出来ます。荷室が一番大きくとれるシートアレンジが出来るのも、このシートの特徴です。

アルファード 3列目の乗り心地

引用:トヨタHP

3列目がある車って他にもありますが、窮屈だったり座り心地が悪くて結局あまり使っていない、、、という事が多いみたいです。しかしアルファードの3列目は居住性があり、見た感じで分かると思いますが一般的なミニバンの2列目くらいの乗り心地を持っています。

大人3人が乗っても余裕があり、クッション性も良く、ただあるだけの3列目とは違います。しかもアルファードはサイドエアバッグが標準装備なので、3列目の安全も確保できます。

SRSエアバッグシステム(3列目までしっかり安全)

引用:トヨタHP

アルファード 7人乗りと8人乗りの乗り心地の違い

1番下のグレードになりますが、アルファードには8人乗りがあります。機能性やシートの形など、かなり違いがあるので、それぞれの相違点を表にしてみていきましょう。

  7人乗り 8人乗り
座り心地
豪華さ
3列目へのアクセス
おすすめシートアレンジ ダブルトライアングルモード フロントセカンドフルフラットモード

7列目だとしっかりと身体を包んでくれる形状でオットマンも付いています。8列目はベンチシートで、「座り心地」「豪華さ」は少し7人乗りのほうが優位に立ちますが、どちらの座り心地もクッションが良く効いていて、素晴らしいものには変わりありません。

お子さんが沢山いるご家庭なら、3列目へのアクセスにウォークスルー出来る、7人乗りのほうが良いと思います。

7人乗りは隙間があるのでシートを動かす必要がありませんが、8人乗りは、2列目シートを動かしてから3列目へアクセスすることになります。シートはお子さんにしたら中々重いものなので、大人がずらしてあげる必要があるからです。

源十郎オススメのシートアレンジの、ダブルトライアングルモード(7人乗り)は、2列目と3列目にチャイルドイートを設置して、両方のお世話が出来る仕様です。フロントセカンドフルフラットモード(8人乗り)は、ラグジュアリーな車中泊を提供してくれるでしょう。

源十郎
なんだかんだ言って8人乗りはファミリーで使うなら使い勝手が良い気がするけど、、、男の一人旅で優雅な車中泊もいいしな!

ダブルトライアングルモード(7人乗り)

引用:トヨタHP

フロントセカンドフルフラットモード(8人乗り)

引用:トヨタHP

アルファードで車中泊を楽しむなら必見の記事はこちら。

アルファードで車中泊キャンプを楽しむ方法を調べてみた

2018.07.24

アルファードのキャンピングカー!キャンプ車中泊におすすめ!

2018.05.17

アルファード 乗り心地に関しての豆知識

引用:トヨタHP

最後にアルファードの乗り心地において、口コミでよく見かける関連ワードを抜粋し、豆知識としていくつかご紹介していきたいと思います。

アルファード 静寂性について

20系から現行は、かなり静かな車内を実現できています。1列目から3列目の人に話しかけても、会話が弾むほど。時速90キロまで、エンジンの音を気にせず車内で過ごすことが出来ます。

アルファード ハイブリッド車について

実は源十郎は、アルファードに関してハイブリッド車よりもガソリン車をオススメします。その理由は、

  • 助手席の人がくつろげる助手席スーパーロングスライドシートの設定が無い
  • 実燃費の差が2~4km/Lしか変わらないのに車体価格は60万円くらい高い
  • ハイブリッド車は壊れたときに修理代が高い

これらの理由があるのでガソリン車のほうがオススメなのです。

アルファード クラウンよりも人気?

アルファードはミニバンですが、大きな高級セダンと言われる事があります。乗り心地の良さから来る誉め言葉ですが、実際に高級セダンのクラウンの乗っていた人が、アルファードに移行しているというデータもあります。

ショーファードリブンカー(お抱え運転手付きの高級車)としての評価も高く、芸能人や政治家、企業の重役達にも愛用されています。

ちなみにヴェルファイヤと比べてみたら、こんな面白い違いがありました。

ヴェルファイアVSアルファードで違いを比較!どっちが人気?

2018.04.05

まとめ

  • 街乗りでの乗り心地は「ダブルウィッシュボーン式サスペンション」で快適
  • 高速道路での乗り心地はもいボディの割に素晴らしい
  • 20系の乗り心地は、少し酷評あり
  • 30系の乗り心地は素晴らしく、特に2列目が良い
  • アルファードはどのシートでも快適な乗り心地
  • 8人乗りより7人乗りのほうが良い点が沢山ある

いろいろと掘り下げた結果、アルファードやはり高級ミニバンらしい乗り心地を持っている、という結果になりました。売れている理由が納得できます。

源十郎は、アルファードで遠出したくなりました。エグゼクティブラウンジでお抱え運転手に、オペラでも連れて行ってもらう妄想をしながら、今回はこの辺で終わりにしたいと思います(笑)

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

クルマ好きにたまらない無料アプリ

「好きな車が同じ」って人と繋がって情報共有できる!欲しい車のこと質問したり自慢したり、所有者の「生」の声が聞ける珍しいアプリです。これ、、、見てるだけで楽しいです。

  •  車SNSでは月間アクティブユーザー数No.1(2018年5月AppApe調べ)
  •  愛車の写真や動画を気軽に投稿!同じ車種のユーザーともつながれます!
  •  気まずいナンバープレートも自動で加工。
  • フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSとも簡単連携
  • カスタム最新情報を手に入れられる。
 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください