新型パッソ・モーダがフルモデルチェンジ!内装など新旧比較

<目からウロコ特集>
はたして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】ベテラン営業マンのセールストークVSプロから学んだ心理交渉術

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)45秒で愛車の最高額がわかる!

こんにちは源十郎です。ファミリー層に人気のコンパクトカー、トヨタの新型パッソ2016年にフルモデルチェンジしたのを知っていますか?そして、2019年にもマイナーチェンジされるらしいのです。

それなのに今さら「旧型と新型のどこが変わったの?違いは?」なんて質問、ダサすぎて誰にも聞けませんよね。と言うことで、そんなあなたのために今回は、新型パッソ・MODA(モーダ)と旧型パッソの内装、カラー、外装デザインの違いをとことん比較してみたいと思います。

 

スポンサードリンク

モデルチェンジした新型パッソ・モーダと旧型の内装の違いはここ!

(出典トヨタ自動車株式会社

それではさっそく、フルモデルチェンジした新旧パッソの内装の違いを比べてみましょう。

旧型パッソの内装。

(出典トヨタ自動車株式会社

旧型パッソ。ワンランク上のモデル・+Hana(プラスハナ)の内装。

(出典トヨタ自動車株式会社

新型パッソの内装。

(出典トヨタ自動車株式会社

新型パッソのワンランク上のモデル・新登場のMODA(モーダ)の内装。

(出典トヨタ自動車株式会社

新型パッソ・MODA(モーダ)はシートをたためば、自転車やベビーカーもラクラク収納が可能。

(出典トヨタ自動車株式会社

いかがですか、こう見るとフルモデルチェンジした新型パッソのイメージは、ガラリと変わりましたね。旧型パッソの内装カラーはブラウン。若い女性がメインターゲットと言うことで、リビングルームをイメージしたらしいです。座席のカラーはカフェラテのようなモカがメイン。

旧型のワンランク上のモデルの+Hana(プラスハナ)の内装カラーもブラウンで、カフェをイメージ。座席のカラーはチョコレートのようなエボニーブラウン。インテリアも女性らしい丸みのあるデザインで、とてもかわいいですね。

新型パッソの内装カラーは男性にも女性にも受けが良い、シックで上品な明るいグレー。ワンランク上のモデルのMODA(モーダ)の内装カラーはダークグレー。座席には情熱的なマゼンダのラインがアクセントになり、高級感を演出。新型は旧型に比べて、シンプル・ザ・ベストなデザインでかっこいいです。

(出典トヨタ自動車株式会社

座席も旧型の+Hana(プラスハナ)は前席のみベンチシートが採用されていました。ですが新型パッソではこのベンチシートが全席採用され、旧型に比べて車内が広く感じられます。

ベンチシートとは
電車の椅子のように左右がつながり、凸凹のない長い椅子のこと。
さくら(妻)
新型パッソって本当にシンプル。私は旧型の+Hana(プラスハナ)の内装のデザインが好みだわ。でも、新型パッソのベンチシートもいいなぁ。
源十郎
そうそう、ベンチシートは凹凸がないから乗り降りしやすいし、それにおむつ替えもラクラク出来るんだ。小さなお子さんのいるご家族にも、嬉しいモデルチェンジだね。
新旧内装の違いはここだ。
  • 内装のデザインが女性的なかわいいものから、年代性別問わないシックなデザインに変更。
  • 内装のカラーがブラウンから、グレーに変更。
  • 座席は全てベンチシートに変更。

車内の広さの違いは?

パッソはコンパクトカーなので、狭さはしょうがない。足を伸ばせないのは仕方がないと、あきらめていませんか?実はそんなあなたに朗報です。次は新旧の車内の広さ、室内サイズの違いを比べてみましょう。

(出典トヨタ自動車株式会社

参考:トヨタ自動車株式会社

この表を見ておわかりのように、フルモデルチェンジして、室内の長さが旧型パッソよりも145mm14,5cm)も長くなりました。14,5cmというと、だいたい千円札一枚の長さです。そしてその分、前と後ろの席の間が75mm(7,5cm)も広くなっています。
このささやかな7,5cmという100円ライター1個ぶんの違いで、前の席に足をぶつけることもなくなり、ストレス解消。いつものカフェのようにゆったりと足を組んで、のびのびとリラックスして過ごせるのです。これは嬉しいモデルチェンジですね。

さくら(妻)
足元ゆったりのリラックス最高。足のむくみが気になる私には、嬉しいモデルチェンジね。あら、室内の高さも違うわ。
源十郎
そうだね。旧型よりも室内の高さが1cmも低くなっているんだ。これは背の高さが1m80cm以上の人にとっては、少しマイナスポイントかも知れないね。でも誰に気兼ねすることなく、足を伸ばせるようになったのはやっぱり良いね。
新旧車内の広さの違いはここだ。
  • 新型パッソの室内の長さが145mm(14,5cm)延長。
  • 新型パッソの室内の高さが10mm(1cm)低い。
  • 新型パッソの座席が全てベンチシートに変更。

モデルチェンジした新型パッソ・モーダと旧型のカラー(色)の違いはここ!

(出典トヨタ自動車株式会社

さてさてお次は、フルモデルチェンジした新旧のカラーの違いを比べてみましょう。

(出典トヨタ自動車株式会社

参考:トヨタ自動車株式会社

旧型パッソのカラーが全15色。フルモデルチェンジした新型パッソは全19で、4色増えたみたいですね。旧型パッソはピンクなど、女性が好きそうなかわいい色が豊富。新型パッソは男性ユーザー向けのブルーやグリーンの色のバリエーションが豊富ですね。

そして、鮮やかなメタリックな色がなんとも良いんですよ。正面から、横から、ななめからと見る角度によっても色が違って見えるし、陽の光に照らされた時は鮮やかに。影に入ればダークな色にと光によっても変化する。これがホントにかっこいいし、シビレるんですよね。

私のおすすめはMODA(モーダ)の黒のブラックマイカメタリックと緑のダークエメラルドマイカのツートーンカラーですね。どれもかっこ良くて迷ってしまいますが、これだけカラーが豊富なら、自分好みの色が必ず見つかりそうですね。

さくら(妻)
突然ですがここでクイズです。新型パッソの人気の色は何色でしょうか?
源十郎
えっ!?そんな突然に。うーん、そうだなぁ。私のおすすめ、ダークエメラルドマイカかな。
さくら(妻)
ふふふ…残念でした。答えは、ダークな赤のファイアークォーツレッドメタリックでした。クイズに正解できなかったパパには、エメラルドでも買ってもらいましょうねーふふ。
源十郎
そ、そんなぁ。今月のおこづかい、すでにピンチなんですけど。
カラーの違いはここだ。
  • 旧型は全15色。新型は全19色。
  • カラーイメージの変更。
  • 全色メタリックカラーに変更。

パッソのカラーをもっと詳しく知りたい方はこちらの記事へどうぞ。

パッソの人気カラーは?カラーバリエーション紹介

2018.08.23

スポンサードリンク

モデルチェンジした新型パッソ・モーダと旧型の外装の違いはここ!

2016年4月にフルモデルチェンジした、最少5人乗りのコンパクトカーの新型パッソ。旧型パッソのコロンと丸みのあるかわいいデザインから一新

丸みは残しつつ、シンプルでかわいすぎないデザインの新型パッソ(ノーマルタイプ)とモダンでかっこいいデザインのMODA(モーダ)この2つのスタイルに生まれ変わりました。それでは、お待ちかねの新旧外装デザインの違いを比べてみましょう。

(写真左の青)旧型パッソと(写真右のピンク)旧型パッソ+Hana(プラスハナ)

(出典トヨタ自動車株式会社)

(写真左の緑)新型パッソMODA(モーダ)と(写真右の赤)新型パッソ(ノーマルタイプ)

(出典トヨタ自動車株式会社

(写真左のピンク)旧パッソ+Hana(プラスハナ)と(写真右の青)新型パッソ(ノーマルタイプ)

(出典トヨタ自動車株式会社

こうして比べると、フルモデルチェンジして外装もかなり変わっているのがわかりますね。旧型パッソの前方のデザインは、何かニコニコ笑ってるかわいい感じに見えませんか。そして、新型パッソの前方のデザインは、きりりとしていて、シャープな印象です。

後方のデザインはと言うと、旧型パッソはコロンと丸みのある女性らしいデザイン。新型パッソは八の字の台形シルエットで、どっしりした男性的デザイン。なんとなく旧型よりも幅が広く見えますね。

外装の違いはここだ。
  • 旧型の女性的なデザインから、男性ユーザーにも受けが良いデザインに変更。
  • 新型パッソのワンランク上のグレードのMODA(モーダ)が新登場。
  • コロンとした丸みのあるデザインから、八の字の台形シルエットに変更。

新旧ボディサイズの違いは?

次は新旧のボディザイスの違いを比べてみましょう。この表をご覧下さい。

参考:トヨタ自動車株式会社

フルモデルチェンジした新型パッソは旧型パッソより、全高が10mm(1cm)低くなりました。それにより、天井が少し低く感じます。そして、ホイールベースは50mm(5cm)延長に。このおかげで室内の長さも拡大され、ゆったり広々快適な新型パッソになりました。

さくら(妻)
ねぇ、そう言えば、新型パッソは全高が10mm(1cm)低くなったけど、ホイールベースが50mm(5cm)も長くなったでしょう。それなのに重量は、新旧同じ910kgなのね?

(出典トヨタ自動車株式会社

源十郎
そうなんだよ。良いところに気付いたね。それは写真の赤い部分を樹脂化し、軽量化に成功したからなのであーる。(ドヤッ)
ボディサイズの違いはここだ。
  • 新型パッソは全高10mm(1cm)低い。
  • 新型パッソはホイールベースが50mm(5cm)延長。
  • 新型パッソはボディの一部が樹脂素材に変更され、軽量化。

モデルチェンジした新型パッソ・モーダと旧型の燃費、価格の違いはここ!

元々、コンパクトカーの中でも低燃費と評価の高いパッソ。フルモデルチェンジした新型パッソが、どれぐらい燃費を抑えることが出来たのか。期待を胸にさっそく、新旧の燃費の違いを比べてみたいと思います。こちらの表をご覧下さい。

参考:トヨタ自動車株式会社

ふむふむ。新旧同じ1.0L1KR-FEの直列3気筒DOHCmのエンジンを搭載してますね。実は旧型パッソには1.3Lの直列4気筒のエンジンも搭載していたグレードもありました。しかし、新型では全て廃止になり、売れ筋の1.0L1KR-FEの直列3気筒DOHCmのエンジンのみになりました。

「なんだ。モデルチェンジしたのにエンジン変わってないのか」と思うあなたはまだまだ青い。いや、半分、青いです。新旧同じエンジンだと思いきや、実は新型のエンジンは改良に改良を重ねたNEWエンジンなのですから。

(出典トヨタ自動車株式会社

新型パッソはこのように改良されたエンジンを搭載し、さらに燃費が向上。走行燃費が旧型の27.6km/Lを上回り、なんと28.0km/Lを実現。しかもですよ。同じガソリンエンジン登録車の中でも、低燃費ナンバーワンなのです。

ただ、燃料タンクが旧型は40リットルなのに新型では36リットルと、4リットルも容量が少なくなっていますね。これは少し残念。でも燃費が良くなったので、そんなに積まなくて大丈夫なのかな。

そうそう、大事なことを忘れていました。ガソリン代ですよ。こちらをご覧下さい。

1年間で5,000km走行したとします。ガソリン代は現在の価格が154円。それを計算すると一年間のガソリン代は、旧型パッソが2万7,900円。新型パッソが2万7,500円になりました。ということは?

さくら(妻)
フルモデルチェンジして年間400円お得ね。主婦としては少しでも安くすむ方がいいもの。
源十郎
それだけじゃないよ。新型パッソがさらに低燃費になったことで、平成29年に税制改正されたエコカー減税はだいたい2万円ぐらい優遇されそうだよ。
さくら(妻)
ということは浮いたお金で、回転じゃないお寿司屋さんに家族で行けるのね、パパ。キラーン。
源十郎
そうだね、ママ。世の中には回らないお寿司もあることを、そろそろ子供たちに教える時が来たようだね。お財布に優しいパッソのおかげで、家族円満だー。
エコカー減税とは
国土交通省が定める排出ガスと燃費基準をクリアした、環境性能に優れた車に対する税金。
  • 新車購入時にかかる自動車取得税。
  • 自動車重量税。
  • 自動車税。

この3つの減税の優遇措置のこと。簡単に言うと「地球に優しい新車を買ってくれたお礼に、税金を安くしましょう。by日本」ということ。

燃費の違いはここだ!

  • 旧型パッソの27.6km/Lから28.0km/Lの低燃費を実現。燃費の差は0.4km/L。
  • 新旧1.0L1KR-FEの直列3気筒DOHCmのエンジンだが、実は改良されたエンジン。
  • 旧型の一部モデルに搭載していた1.3L1KR-FEの直列4気筒DOHCmエンジンの廃止。
  • 新型は燃料タンクの容量が4リットル少ない。
  • 新型パッソは一年間のガソリン代が400円安い。

新旧価格の違いは?

さてさて、次は新旧パッソの価格を比べてみましょう。実際、車を購入する時には一番シビアに考える問題です。ワンランク上のかっこいいMODA(モーダ)にしたいけど、価格を知らなきゃ車選びは始まらないですよね。それでは、この表をご覧下さい。

参考:トヨタ自動車株式会社

なるほど。新車価格は旧型パッソ(2WD・グレードX)が110万円~136万円ぐらい。新型パッソ(2WD・グレードX)は115万円~145万円ぐらいですね。新型パッソはワンランク上のグレードパッケージにすると、さすがに価格が高くなりますが、新旧同モデルなら、そんなに大きな価格の違いは感じないですね。

エンジンや燃費、室内の広さなど改良されてのこの価格なら、新型パッソはむしろお買い得かも知れません。

価格の違いはここだ。
  • 旧型パッソ110万円~150万円。
  • +Hana(プラスハナ)119万円~165万円。
  • 新型パッソが115万円~162万円。
  • MODA(モーダ)143万円~183万円。

スポンサードリンク

モデルチェンジした新型パッソ・モーダと安全装備の違いはここ!

ドライバーにとって安全装備がしっかりしいるのかどうか、とても気になりますよね。お子さんがいる方ならなおさらです。ここでは新旧どのような安全装備が搭載されているのか、その違いを比べてましょう。

旧型パッソの安全装備はVSC&TRC緊急ブレーキシグナルを搭載。

  • VSCとは…Vehicle Stability Controlの略。車がカーブや急ハンドルを切ったとしても横滑りを防止してくれるシステムのこと。トヨタのみのネーミング。
  • TRCとは…Traction Controlのこと。滑りやすい道路での発進や加速する時に、タイヤの空転をセンサーが感知して防いでくれるシステムのこと。トヨタのみのネーミング。
  • 緊急ブレーキシグナルとは…急ブレーキをかけるとハザードランプが自動的に点滅し、後ろの車に注意を促してくれるシステムのこと。
さくら(妻)
なるほどね。これなら雨や雪で濡れて、すべりやすくなった道路も安心ね。新型はどうなの?
源十郎
新型パッソ・MODA(モーダ)の安全装備はすごいんだよ。なんとスマートアシストⅡを搭載しているんだ。
スマートアシストⅡとは
  • 衝突回避支援ブレーキ機能。
  • 衝突警報機能。
  • 車線逸脱警報機能。
  • 誤発進抑制制御機能。
  • 先行車発進お知らせ機能。

この5つをまとめた衝突回避システムのこと。

(出典トヨタ自動車株式会社)

旧型パッソのVSC&TRCや緊急ブレーキシグナルから安全装備を強化。新型パッソはスマートアシストⅡにすることで、さらに安全性能が向上しました。と言うことは?

源十郎
運転中のうっかりをサポートしてくれるスマートアシストⅡのおかげで、家族でも年配の方も、安心してドライブを楽しめるね。

新型パッソに搭載されたスマートアシストⅡをもっと詳しく知りたいあなたは、こちらの映像をご覧下さい。

その他の違いは?

ここまでいろいろ比べてきましたが、まだまだ新旧の違いがあるのですよ、実は…。知りたいですか?それではこちらをご覧下さい。

その他の違いはここだ。
  • 旧型のキャッチフレーズ『トヨタ最小、プチトヨタ』『ハートを磨け!』。新型は『カイテキ・カワイイ・カッコイイ軽じゃないKパッソ』。
  • 旧型パッソはトヨタとダイハツの共同開発。新型はダイハツが開発、生産全て担当。
  • 2シリーズで展開していたワンランク上のモデルの+Hana(プラスハナ)が廃止。
  • 2016年ワンランク上のモデルMODA(モーダ)が追加され、2シリーズで展開。
さくら(妻)
えっーーー!?新型パッソって、ダイハツなの?!ここまでで、一番の驚きだわ。
源十郎
そうなんだよ、びっくりだよね。だからダイハツが開発したスマートアシストⅡが、新型パッソに搭載されたんだね。なるほど。

もっと詳しくマイナーチェンジの情報を知りたい方はこちらの記事へ。

新型パッソマイナーチェンジは2019!?気になる変更点は?

2018.09.28

まとめ

  • 年代性別を問わないシンプルなデザインに変更。
  • 全席ベンチシートに変更
  • カラーが女性向けの15色から、男性受けの良い19色のメタリックカラーに変更。
  • ホイールベースが5cm延長、室内長も14.5cm延長。それによりゆったり快適な室内を実現。
  • 燃費の差は0.4km/L新型パッソの方が良い。28.0km/Lの同クラスナンバーワンの低燃費を実現
  • 旧型パッソはトヨタとダイハツの共同開発。新型パッソは、ダイハツが開発から生産まで担当。
  • 安全装備が強化され「スマートアシストⅡ」に変更。

かわいい旧型パッソとかっこいい新型パッソはフルモデルチェンジして、デザインの変更だけでなく、良いところだけをチョイス。さらに性能も燃費も向上していました。ただ、エンジンが1.0リットルモデルのみになり、ややパワー不足を感じることも。

でも、買い物などの街乗りメインなら、充分満足できる魅力的な車だと思います。そして、2019年にマイナーチェンジされるらしいので、どう変化するのかとても楽しみですね。それでは最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

クルマ好きにたまらない無料アプリ

「好きな車が同じ」って人と繋がって情報共有できる!欲しい車のこと質問したり自慢したり、所有者の「生」の声が聞ける珍しいアプリです。これ、、、見てるだけで楽しいです。

  •  車SNSでは月間アクティブユーザー数No.1(2018年5月AppApe調べ)
  •  愛車の写真や動画を気軽に投稿!同じ車種のユーザーともつながれます!
  •  気まずいナンバープレートも自動で加工。
  • フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSとも簡単連携
  • カスタム最新情報を手に入れられる。
 

一番安い車検はこちら↓
ホリデー車検

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください