スバル ジャスティはGグレードが良い?理由と全グレードを徹底調査!

<目からウロコ特集>
はたして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】ベテラン営業マンのセールストークVSプロから学んだ心理交渉術

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)45秒で愛車の最高額がわかる!

ダイハツトールのOEMモデルとしてスバルから発売されているジャスティは、2016年、21年ぶりに復活を果たしました。

そんなジャスティには5種類のグレードが設定されており、どのグレードを選べばいいか悩む人も多いと思います。

おすすめのグレードと全グレード情報を徹底調査してみましたので、ぜひグレード選びの参考にしてみて下さい。

 

スポンサードリンク

[スバル ジャスティ]おすすめはGグレード!その理由は?

引用:スバル公式HP

ジャスティには5種類のグレードが設定されています。

ジャスティのグレード
  • Lスマートアシスト
  • Gスマートアシスト
  • GSスマートアシスト
  • カスタムRスマートアシスト
  • カスタムRSスマートアシスト

その中でもおすすめのグレード、Gスマートアシストについてまずはご紹介しましょう。

さくら(妻)
Gスマートアシストっていうグレードがおすすめなのね?どういうところがいいのかしら?
Gグレードがおすすめの理由
  • 必要最低限の装備が揃っている
  • 値段が5種類の中ではお手頃

ざっくりと理由付けをするなら上記の2点が主な理由になります。Gグレードの装備は快適な運転のための機能が充実しています。

両側パワースライドドア

引用:スバル公式HP

ワンタッチオープン・予約ロック・挟み込み防止機能が付いた両側パワースライドドアは、荷物を持っていても乗り降りができてとても便利な機能です。

実はこの機能、Lグレードには助手席側しか付いていない機能なので、両側に付いているGグレードがおすすめなのです。

さくら(妻)
パワースライドドアは、やっぱり両側に付いていた方が便利よね。特に主婦は、買い物したり子どもの送り迎えしたり乗り降りが頻繁だし。

室内から誤って開けてしまうことがないよう、チャイルドプロテクターも搭載されているので、安全にも配慮されています。

プッシュ式オートエアコン

引用:スバル公式HP

こちらもLグレードではマニュアルエアコン(ダイヤル式)なのに対し、Gグレードではオートエアコンが採用されています。

オートエアコンなら頻繁に車内の温度を調節する必要がないので、常に快適に過ごすことができます。

源十郎
常に車内を快適に保ってくれるのはありがたいよね。

見た目もスッキリとシンプルな仕上がりになっていますね。

クルーズコントロール

引用:スバル公式HP

車のスピードを自動で一定に保ってくれるクルーズコントロール機能は、最近では搭載される車が増えてきました。

源十郎
長距離の運転の時なんかは、アクセル操作の負担が減るから疲労が軽減されるんだよね。

ただ機能には限界があるので、システムを過信せず自分の目でしっかりと安全確認をすることは忘れないようにしましょう

その他、Gグレードには、ステアリングスイッチ・2眼ルミネセントメーター(タコメーター付き)などの機能が搭載されています。

引用:スバル公式HP

見やすく、使いやすい機能が多く搭載されているGグレードの価格は以下のようになっています。

Gグレードの価格
  • 2WD:1,716,000円(10%税込)
  • 4WD:1,939,300円(10%税込)

機能面と価格でのバランスがとても良いのが、Gグレードの優れた点と言えるでしょう。

源十郎
ただ、デメリットもあるみたいだよ。

あえてデメリットを上げるとするなら、ターボ車ではないということでしょうか。走りには多少非力さを感じてしまうかもしれません。

しかし、普段の街乗りならほとんど問題なく快適に運転できる仕様になっているので、ターボ車にこだわらなければGグレードは最適だと思います。

 

[スバル ジャスティ]ジャスティの全グレードをチェック!

引用:スバル公式HP

それでは、ジャスティのその他のグレードもチェックしてみましょう。

Lグレード

5種類のグレードの中では、最も低価格なのがLグレードです。車は決して安い買い物ではないので、低価格なのは魅力の一つと言えますね。

源十郎
必要最低限の機能を残してコストカットを図っているグレードだね。

Gグレードの説明にも記載したように、パワースライドドアは助手席側のみの採用になっています。

また、単眼メーターにダイヤル式のマニュアルエアコン、ステアリングはスイッチなしなど、先ほど紹介したGグレードに比べると多少物足りなさを感じるかもしれませんが、そこまで機能にこだわらなければ十分な装備が備わっているといえます。

引用:スバル公式HP

さくら(妻)
いろいろ装備が備わっていても使いこなせる自信がないし、このぐらいシンプルなほうが私には合っているかも。

Lグレードの価格は以下のようになっています。

Lグレードの価格
  • 2WD:1,556,500円(10%税込)
  • 4WD:1,785,300円(10%税込)

2WDだと150万円台で購入できるため、比較的手が出しやすいと言えるでしょう。Lグレードもターボ車ではありませんが、価格重視で選ぶなら、Lグレードがおすすめです。

GSグレード

標準車の中で唯一ターボ車なのが、GSグレードです。「走り」を求めている方は、ターボの力強い走りを楽しめる仕様になっています。

その分、機能面でプラスになっているものが少なく、ほぼGグレードと同じ装備が備わっています。

一つ、大きな違いがあるとすれば、スタビライザーがリアにも搭載されたことでしょう。ターボの走りを安定させるために重要な要素だと思います。

スタビライザーとは
車のサスペンション機能の一つで、車体がローリングすることを防ぐ。ジャスティはフロントには標準装備されているが、標準車でターボが設定されているGSグレードにはリアにも装備されている
源十郎
パワフルな走りを実現するのに必要な装備なんだね。ターボ車ならではの装備もきっちり設定されているのはありがたいね。

また、GSグレードにはスポーツモードが設定されています。

引用:スバル公式HP

スポーツモードは、加速性能というよりはアクセルの反応を良くするためのモードになっていて、よりスポーティな走りを可能にしています。

そして気になる価格は下記のようになっています。

GSグレードの価格
2WD:1,984,400円(10%税込)
さくら(妻)
あれ?4WDの価格は?

実は、GSグレードのデメリット4WDの設定がないことなんです。

ただターボ+4WDという組み合わせにこだわらない方も多いようで、このあたりは好みにもよるかもしれません。

カスタムRグレード

標準車のL・G・GSグレードよりも、さらに上位グレードとなるカスタムRグレード。まずエクステリアで大きく変わっているのが、フロント周りです。

引用:スバル公式HP

大型のロアグリルが迫力のある雰囲気に仕上げています。また、エンブレムから左右にシュッと伸びたガーニッシュもカッコいいですね。

https://www.instagram.com/p/Byv0QsaHe4T/

ちなみに、こちらが標準車のフロント周りです。

引用:スバル公式HP

さくら(妻)
わぁ、こうやって比べてみると、エクステリアの雰囲気が全然違うのね。

機能面ではおすすめで紹介したGグレードとほぼ変わりがありませんが、内装にレザーやピアノブラック調のオーナメントが採用されており、より上質な室内空間を実現しています。

引用:スバル公式HP

源十郎
カスタムRグレードは、機能よりはエクステリアやインテリアを強化したグレードなんだね。

気になるカスタムRグレードの価格はこのようになっています。

カスタムRグレードの価格
  • 2WD:1,977,800(10%税込)
  • 4WD:2,178,000(10%税込)

やはり標準車に比べると価格が少しあがりますが、エクステリアやインテリアの豪華さはそれだけの価値があると思います。

カスタムRSグレード

5種類のグレードの中で一番上位のカスタムRSグレードは、カスタムRグレードの装備+ターボという最強の組み合わせを実現したグレードです。

源十郎
すべての機能がギュッと詰まったジャスティの魅力満載のグレードなんだね。

RSグレードは15インチのタイヤが標準装備で設定されています。

引用:スバル公式HP

カスタムRグレードやGグレードは14インチのタイヤが標準装備なので、少し大きいサイズになっていますね。

源十郎
パワフルな走りをすることはもちろんだけど、足元をグッと引き締める見た目をしていてすごく良いね。

やはり、機能も充実している上にターボで力強い走りもできて、さらにはエクステリアも迫力があって…と良いところだけを集めたグレードはその存在感が違いますね。

それだけに、価格もやはり一番高くなっています。

カスタムRSグレードの価格
2WD:2,109,800円(10%税込)
源十郎
Lグレードと比べると、約60万近い違いがあるんだね。

こちらも残念ながら4WDの設定はありませんが、2WDでも十分にその価値が味わえる仕上がりのグレードになっていると思います。

 

スポンサードリンク

[スバル ジャスティ]グレードによって選べるボディーカラーは異なります

引用:スバル公式HP

ここまで5種類のグレードについてチェックしてきましたが、もう一つ大きな違いがあります。

それが、選択できるボディーカラーの違いです。

さくら(妻)
グレードによって、選べないカラーもあるのね。

下記に一覧でまとめてみました。

L・G・GSグレードで選べるカラー
  • パール・ホワイトⅢ(+33,000円)
  • ブライトシルバー・メタリック
  • ブラック・マイカメタリック
  • プラムブラウンクリスタル・マイカ(+33,000円)
  • ファインブルー・マイカメタリック
  • ブリリアントカッパ-クリスタル・マイカ(+33,000円)
  • レーザーブルークリスタルシャイン(+33,000円)
  • マゼンタベリー・マイカメタリック

標準車のL・G・GSグレードでは、8種類のカラーから選ぶことができます。

カスタムR・カスタムRSで選べるカラー
  • パール・ホワイトⅢ(+33,000円)
  • ブライトシルバー・メタリック
  • ブラック・マイカメタリック
  • プラムブラウンクリスタル・マイカ(+33,000円)
  • ファインブルー・マイカメタリック
  • ブリリアントカッパ-クリスタル・マイカ(+33,000円)
  • レーザーブルークリスタルシャイン(+33,000円)
  • ファイアークォーツレッド・メタリック
  • ブラック/レーザーブルークリスタルシャイン(+77,000円)
  • ブラック/ファイアークォーツレッド・メタリック(+55,000円)
  • ブラック/ブリリアントカッパ-クリスタル・マイカ(+77,000円)
  • ブラック/パール・ホワイトⅢ(+77,000円)

カスタム車のR・RSグレードでは、ツートーン4種類を含む12種類から選ぶことができます。

こちらの記事に、全カラー写真つきで紹介されているので、カラー選びの参考にしてみて下さい。

スバルジャスティの人気カラーは?全カラー画像付きでご紹介します!

ちなみに、人気のカラーは王道のパールホワイトⅢのようです。

引用:スバル公式HP

さくら(妻)
グレードで選べるカラーが違うなんて知らなかったわ。

より多くのカラーから選びたいなら、カスタムR・RSグレードを選ぶことをおすすめします。

 

[スバル ジャスティ]全グレードに標準装備されているスマートアシストⅢとは?

引用:スバル公式HP

最後に、全グレードに標準装備されているスマートアシストⅢをチェックしておきましょう。

さくら(妻)
確か、衝突回避支援システムのことだったかしら?
源十郎
よく知ってるね!このシステムが全グレードに標準装備されているのは安心だよね。

システムは進化を続け、現在第3世代に突入しているスマートアシストの機能をいくつかご紹介します。

衝突警報機能

前を走る車だけではなく、歩行者も検知して危険性があると判断された場合は警告音・ディスプレイ表示で知らせてくれます。

1次ブレーキ

さらに衝突の危険が高まると、自動的に弱いブレーキが作動します。

被害軽減ブレーキアシスト

1次ブレーキが作動している時にブレーキペダルを踏むと、ブレーキの制動力が高まります

緊急ブレーキ

衝突が避けられないと判断されると、強いブレーキが作動して回避や被害軽減のサポートをします。

さくら(妻)
ここまでが一連の流れとして、衝突回避のサポートをしてくれるシステムなんだね。

その他、運転者のうっかりを警告してくれる機能も付いています。

車線逸脱警報機能

引用:スバル公式HP

60km/h以上で走行中に車線をはみ出してしまった場合、警告音とディスプレイ表示で知らせてくれます。

高速道路などではありがちなミスをカバーしてくれる機能ですね。

誤発進抑制制御機能

前進・バックともにアクセルの踏み間違いを判定する機能です。必要以上に踏み込んだ場合は抑制してくれます。

さくら(妻)
スマートアシストって一言でいっても、たくさんの機能がついているのね。

ただ、システムには限界があるため、しっかりと安全確認はするようにしましょう

 

スポンサードリンク

まとめ

  • ジャスティのおすすめグレードはGグレード
  • Gグレードは、快適な運転のための機能が揃っていて値段も手ごろ
  • Lグレードは、必要最低限の機能に絞ってコストを抑えた低価格が魅力
  • GSグレードはターボ車だが、4WDの設定がない
  • カスタムRグレードはフロント周りやインテリアを強化した仕様になっている
  • カスタムRSグレードはカスタムRにターボが付いた使用
  • カラーはグレードによって異なる
  • 全グレードにスマートアシストⅢが標準装備されている

それぞれのグレードにメリット・デメリットがありますが、ぜひ自分の生活や好みにあったグレードを見つけてみて下さい。

ジャスティの口コミはこちらをチェック!

スバル・ジャスティの口コミ・評価!4つの魅力とたった1つの欠点とは?

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

[新登場]スマホで写真を撮るだけ??一瞬で高額査定!!電話営業一切なしで一括査定より速い!!あのDMMから新サービス!!

  • 一括査定よりも早く相場が知れる! 
  • 面倒な電話も無し! 
  • ササッとお車査定!

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください