タントの値引き交渉術 値引額の最大相場限界値を超える方法

<目からウロコ特集>
はたして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】ベテラン営業マンのセールストークVSプロから学んだ心理交渉術

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)45秒で愛車の最高額がわかる!

新車の購入を決意した時はとてもワクワクしますよね。新しい車に乗り換える自分を想像するだけで幸せな気持ちに浸れます。その前に行うべき”新車の値引き交渉術”を知っているか知らないかで新車購入の価格が大きく変わってくるのです。

豊富な資金さえあれば何でも好きな車を購入できてしまうのでしょうが、なかなかそうはいかないものです。少しでもお得に、納得できる車の購入のために交渉術を持つことが欲しい車を手に入れられる近道です。

新車のカタログ価格はあくまで目安であって「値引きされること」が前提となっています。この値引きの交渉術を知っていることがこれから新車を購入するあなたの懐具合に大きく差をつけてくれます。

では、値引き交渉すれば、簡単に値引きしてくれるのか。近所の魚屋さんで『一匹おまけするよ』みたいにはしてもらえそうにはありません。どのように交渉すればいいのか、誰もが満足できるのか、その交渉術を探っていきたいと思います。

源十郎
値引きの方法について楽しく勉強しよう!
今車を持っている場合

新車を値引きしてもらう時に一番かんたんに値引きしてもらえる方法は、今持っている自分の車を一番高い値段で買い取ってもらうことです。これが一番楽な数十万値引きできるテクニックです。何故なら買取額は買取業者によって数十万の買取額の差があるからです。その中で一番高値で買取してもらうには買取業者同士で競争してもらうのが一番手っ取り早いわけです。

まず最初に「買取業者VS買取業者」で比較します。

次に「一番高値の買取業者VS販売店ディーラー」と比較します。

これでほぼ100%最高買取額を出せます。これで出た最高買取額を購入費用の足しにするのです。

※注意:「絶対に買取値段はどの会社にも教えない」ことを徹底してください。実は裏で連絡を取り合い価格を調整しています。(実際にやっていたディーラー友人談)

私の場合、買取業者同士の買取額の比較はこちらを使いました。手元に車検証などの書類がなくても一瞬で最高買取額がわかりました。(僕のトヨタラッシュの買取価格はこの比較で最初の業者が30万で、最終的に88万まで跳ね上がりました。)

※スマホでもその場でできます。
→無料査定で愛車の最高売却額を知る

別に売らないで無料で査定だけでもできるので、先に自分の車の相場額を知っておいて損はないです。

一括査定に申し込んで複数業者からの電話問い合わせが嫌だって方はこちら。選ばれた一社からの電話だけでじっくり楽に査定してもらえます。

→今だけ限定でクオカード5000円もらえるキャンペーン実施中!
→あなたの愛車と相性の良い厳選された買取業者一社を紹介

見積額はしっかりと携帯やスマホで写真に取っておけば、値引き交渉の時にも使えるのでおすすめです。無料でまずは自分の車の値段を知っておきましょう。

スポンサードリンク

新車を実際に購入した時の私の値引き交渉術の結果

源十郎
セレナを買うときネットで調べたり、友人に聞いたりして私なりに成功した値引き交渉。ぜひご覧ください!

私の愛車のセレナを購入したときの交渉した結果です。実際の車両の値引きとオプションの値引き額ですの注文書原紙です。

少し見にくいので、左上の部分の値引き額のところを拡大してみますね。

源十郎
なんと、50万円くらいの値引きに成功できたんです
さくら(妻)
あなた、すごいじゃない。見直したわ

セレナの値引き額の相場をネットで調べてみました。フルモデルチェンジされた後で17万程度で、その後も30万円前後が優秀な値引の価格帯のようです。50万円はかなりやりましたね。この自慢できる値引き交渉術。これを余すことなくお伝えしていきます。

もし、未使用車や新古車などが欲しいのなら、こちらで探せます。未使用車も実際は新車と同じですので、こだわりなくて安く買いたいなら間違いなく未使用車が良いです。

→未使用車・新古車探すなら

ダイハツタントの値引き額の相場と目標。

まず知っておかないといけないことは、「新車の値引き額の相場は約10%」ということです。もちろんそれ以上やそれ以下になることもあり得ます。車の車種、メーカー、タイミングなどで大きく変わることはありますが、1つの目安として、購入価格の10%を値引きできたら成功という目標をたててください。

では値引き目標額を伝えればいいだけなの?

源十郎
タントを購入したいので、値引きの相場がオプション付きで20万ほどとのことなので値引きしてください
営業マン
え??そんなガセネタでは値引きはできませんよ。源十郎様は大切なわたくしのお客様なので特別に5万円値引きしますよ

と、かわされてしまうのがおちではないでしょうか。もしかしたら、そのあと、ものすごく値引きを頑張ったかのように『今なら数万円ほど値引き上乗せを赤字覚悟でさせていただきます!』なんて言われるかもしれません。

ここで満足するのが今までのあなたなら、この記事を読んでもう少し交渉術を磨いてみてください

ディーラー営業マンの利益の構造

ディーラーでは1台の車に対しどの程度の利益があるのか。一般的に車両価格の10%が利益となっているようです。あれ?さっきは新車の値引き相場は10%程度といっていたのではと思われますよね。これは手数料や下取り価格などが入ってくるということです。ただ、10%も値引きすれば業者としては全く利益が出ないのではないのでしょうか。

源十郎
ディーラーって10%程度の利益しかないの?それじゃ、10%値引きなんて夢のまた夢なんじゃないの?
ディーラーの友人
源十郎、そうでもないんだよ。本当にそれだけしか利益がなければ、ちょっと値引きするだけでうちなんてすぐ倒産してしまうよ。

ディーラーで働く友人の話では、ここは営業マンの腕にかかってくるとのことです。車を販売するごとに”奨励金”がわずかでももらえるようですが、月に何台も売る敏腕営業マンだと奨励金以外にバックマージンがプラスされたりして、月に50万以上の稼ぐ方もおられるくらいだそうです。やはり販売台数が多ければ多いほどこの奨励金額も大きくなっていくことが大体どのメーカーにも言えるようなので、これもディーラーの利益につながっているのです。

車の購入を決めると、保険を進められたり、点検パックなどをさりげなく勧められますよね。一度でも車を購入した方なら経験があるかと思います。ディーラーが進める自賠責保険や任意保険も加入すると、損保会社からバックマージンが入ったりオプション一つ一つにもメーカーからのバックマージンなどが付いて回っているのです。

その結果、10%の値引きで利益があまり出なくても、この奨励金やバックマージンで採算が取れる構造になっています。

またその時期や、販売台数によっても奨励金が大きく変化することもあるので、ほんの少しの数千円の奨励金よりも、営業マンとしてはより多くの奨励金を狙うことが当たり前の心理となってきます。時期や台数など、メーカーや車種によっても変わってくるので一概には言えないところもありますが、年間にすると億単位のお金が動くこともあるらしいというので驚きです。

購入したい車の値引き額相場を価格com.で下調べ

値引き額相場は10%。これはあくまで一般的な相場です。購入したい車があれば、その車種や時期などによっても差があります。そのため、購入したい車が決まったら必ずその車の値引き額の相場を調べてください。調べ方はとても簡単です。

営業マン
値引きの相場チェックにおすすめなのが総合口コミサイトです!実際に値引きしてもらった方の体験談を見るのが一番!

ということなので、見ていきましょう。有名なところでは、価格.com教えてgooヤフー知恵袋があります。

では、私がセレナを購入するときに調べてみたように、価格comで相場チェックしていきます。

価格コム 値引き額が知りたい希望車 値引き

で検索。この3文字の入力だけで、検索結果がでてきます。ここにセレナを入れてみます。

価格コム セレナ 値引き

セレナの車種を入れて、調査START。

 

 

すると1ページ目に価格コムのサイトが出てくるのでクリックしてください。

 

 

源十郎
簡単に検索できるんですよね。数秒で調べられるんです。購入前のするべきするべき準備ですよ

※ 注意:価格コムのサイトから希望者の値引き額ページに辿り着くには少しわかりにくい箇所にページがあるので注意してください!

 

スポンサードリンク

ダイハツ タントの実際に値引きした人たちの口コミ体験談

軽自動車は競争率も激しく、値引き率が低いのが当たり前となっているようです。10%どころか、値引きがゼロという方も多く、値引きが大前提にある中で本当なのか?という疑問も出てきます。本当にこんなに軽乗用車はできないのでしょうか。でもそんな中でも車両本体で5~15万円、オプションにも5~15万円の方もおられます。これは実態を知らないと損することになりそうです。

ディーラーから値引き額の開示を拒否された例

  • ディーラーよりネットへの値引きの開示は避けてほしいとの旨があり値引き「0円」となってます。
  • 販売店から価格は出さないでほしいと言われたので、値引き「0円」。先代の車を下取りに出したので、昔の軽自動車なみの価格になりました。

引用:価格com

値引きはされたが、値引き額は出さないでと言われ、値引き額が公表されてない口コミです。下取り価格も入れた値引き額の場合は、実際の車両の値引きがどれくらいされているのか、注意はすべきところです。公表できないほどだと、150万円前後で購入なので15万円ほどの値引きがされているのかどうかというところです。これも営業マンの腕で、少ししかしていなくても、このように言えばめいいっぱい値引きされたかのような錯覚に陥りますからね。

下取りしてもらっての値引き価格。下取り価格が値引きに上乗せ?

  • 新車価格163万
  • 車両本体値引き:10万
  • オプション値引き:15万
  • 下取り:5万

引用:価格com

車両価格の値引きの10万。新車価格が163万となっているのが、オプション付きだとすると、妥当な値引き額くらいかな。オプション額がわからないですが、オプション値引き15万円はかなり大きく値引きされています。下取り額が5万円とのことなので、買い取り業者に依頼したらもっと大きく値段が付いたかもしれませんね。あるいは、この下取り価格が高い分を車両やオプションの値引き額にプラスされている場合もあり得ます。

値引きがゼロ~10万円

  • 新車価格:132万
  • 車両値引き:5万円
  • オプション値引き:5万円

引用:価格com

なかなか軽自動車の値引きがむつかしいことがわかります。コンパクトカー並ですね。なんとか、下取り価格抜きで、まずは車両本体価格で10万円は値引きしていきたいと闘志がむき出しになってきました。

ダイハツ タントを限界まで最大値引きする交渉術12か条

新車の値引き額は約10%と言われていますが、軽自動車は値引きがしにくいといわれているので、自分から交渉して値引きしなかったら値引きがゼロだったなんてことにもなりかねません。「話すのも下手だし、値引き交渉なんてとても無理」「値引きできないって言われて、値引き値引きって言うと、嫌われそう」など思う方もおられるのでそんな方にも実践できる交渉術をお伝えします。

これを実践するだけで、値引きは全くなかった…なんてことはありえません!

源十郎
タントを買おうかと思ってきたんですが。
営業マン
ありがとうございます。タントは人気ですが、値引きはほとんどできない車んですよ

と、営業マニュアルの通りにまずは先制攻撃くらうはずですが、ここで納得しないために、読んでください

交渉術1か条:値引き交渉よりも大切なこと。今の車を高く売る。

車を購入する際、今乗っている車をディーラーで引き取ってもらうことが当たり前だと思っていませんか。ディーラーが一番高い価格で下取りしてくれるなんてことはまずないということを覚えておいてください。車ディーラー業者は、相場よりもかなり低い価格での引き取りになります。時には、値引き額を10万円UPしますと言って、下取り価格からその10万円を持ってきているなんてことも実際にはあります。

ディーラーは先にも述べたように「車を買ってもらうこと」こそが重要です。今までの車を下取りすることは、ディーラーにとってはおまけなのです。そのおまけから、ちょっとお金を持ってきてあたかも値引きしたように見せるやり方もあるようです。

営業マン
これ以上の車両本体の値引きは厳しいので、今なら下取り価格を5万円アップします!これは車両から5万円追加で値引きしたようになるので、かなりお得ですよ。

と言われて、即決なんてことは絶対だめですよ。

ディーラーでの下取りした場合と、買い取り業者で買い取りの場合の比較してみました。

一般的には平均して約30万円くらいの差が出ます。これを見ると、ディーラーに行く前にまずは愛車の買い取り価格を調べたくなりますよね。

もちろん、愛車の種類、年式、走行距離など様々な条件があるので、まずは査定をしてみないといけません。50万円以上差が出る場合もあります

私の場合はトヨタのラッシュを買取業者で売ってセレナに乗り換えました。ディーラーでは「下取りは30万円ですね」と言われ、事前にネットで調べていたので、「あれ?ネットで調べたのはもっと高かったはず」と思い、ディーラーの下取りに出さずに、買取業者で買い取り額の見積依頼をしました。その時使用したのが無料買取査定です。

私のように、ディーラーの下取りと比較したい方、すぐ愛車の買い取り価格を知りたい方にはお勧めです。

結果、88万円で買取成功!

私が何かすごい交渉して出した結果ではなく、事前に調べて、あれ?と思い価格の高いところで見積もりをお願いした結果なのです。たったこれだけで、60万円以上もの差が出てきました。

源十郎
危うく、60万円以上もの損をしてしまうところだった・・・

以前の無知な私なら、まさか、ディーラーの下取り価格と、中古屋さんの買い取り価格の相場がんなに違うことを知らなかったので、ディーラーさんに下取りしてもらうことが当たり前と思っていたはずです。こんな風に思っておられる方があれば、間違ってますよぉ!と伝えてあげたい。ぜひ、損する前に気づいてください。無知は損をしてしまうんだと改めて実感しました。

大損する前に、正確な情報を得られることができてよかった。得をしたというよりは損をしなかったと思えます。

愛車を売るときは、ディーラーの下取りではなく、高く買い取ってもらえる買い取り業者に依頼するというのが鉄則です。

交渉術2か条:車両本体とオプションの値引きは別物

オプションにはメーカーオプションとディーラーオプションの2種類があります。

メーカーオプション(MOP):車を工場で作る時に取り付けるオプションのことです。ですので車が完成した後に後付けはできません。

ディーラーオプション(DOP):車ディーラーがつけてくれるオプションです。フロアマットやナビとかその他諸々です。購入後いつでも取り付け可能です。

基本的には、オプションの値引きとはディーラーオプションからの値引きになります。車両本体価格の値引が決まると、次にこのディーラーオプションの値引き交渉に入ります。

最初からこのオプションを付ける前提で交渉に入ってしまうと、車両価格だけの値引きにも拘らず、あたかもオプション値引きもしたかのように見えてしまいます。まずは車両本体価格だけの値引き交渉から始めてください。車両価格での限界に来たなと思ったら

源十郎
オプションを何か付けたいのですが、値引きはしていただけますか?
営業マン
車両価格をめーいっぱい値下げさせていただいたので少ししかできませんが、なんとかやってみます

車両本体の価格をできるだけ値引きして限界にきているはずなのでここであまり欲を出さないようにしましょう。車を買って終わりではなく、今後もメンテや車検などでお世話になる営業マンかもしれません。信頼関係を壊すことは得策ではありません。

さて、ここから少しあなたも役者になってください。オプションの話に持って行って、自分が付けてほしいと思っているオプションをすべて伝えるのではなく、できれば一番安いものを言わずにとっておいてください。

源十郎
これとこれとこれを付けたいと思っています。

そして、話がまとまる最後の会話で

源十郎
すごく頑張っていただいて本当にありがとうございます。あなたが担当で良かったです。最後にこんなオプションがおまけで付いたりしたらもっと嬉しくて、大満足しちゃいます。

営業マンとの関係性も大切にしながらも、アピールしてください。ただし、欲をかいて高価なオプションでは無理なお願いになってしまいます。できれば一番安いオプションであれば、営業マンの心理としてもここまで交渉して、購入直前なので一番安いのであれば・・・という心理で付けてもらえる確率が高くなります。

交渉術3か条:ディーラーにすすめられるがままに、自動車保険に加入しない

近年はネットダイレクト保険があり、店舗を構えない分保険料が安くなります。でも、ディーラー保険は店舗型保険となり、割高な自動車保険となります。

保険料が安いからと言っても、店舗型保険と比較しても、ほとんど同じ基準です。以前は事故対応力が低いといわれていましたが、近年では改善され、ロードサービスも充実した内容になっています。

私の周りでも、このネット保険に加入している人ばかりです。車にかかる保険料を安くしても、品質は落とさないことが重要です。

もちろん私もネットで自動車保険に加入しています。

最初は新車でセレナを購入した時に営業マンに誘われるままに、店舗型の自動車保険に加入しました。ええ、ご想像通り、高かったですよ。今から思うとなんでそんなに高いのに即決で入ったのか。その時はこんなものなのかと思って、加入したのです。無知って怖いですね。

私なりに車のこと調べ、「何々?ネットで自動車保険に申し込めば劇的に安くなるのではないか?」と気づき、ネット保険に切り替えました。ネット保険に切り替えて、実際約5万ほど安くなりました。年間10万円も払っていたのが、ばからしく思います。今では年間5万円以下の保険料でなんの問題もなく安全に乗っています。

大手だから安心とか、そんなのよりとにかく安さを追い求めて更新の時にネット保険に変更しました。現在まで何の不都合もないことはお伝えさせていただきますね。

でも一口にネット保険と言っても、ちょっと検索するだけでズラズラズラーっと何件も出てきます。どこに入ったらいいのか悩んでしまいますよね。そんな時にはこのサイトも見ていただければ自分に合った、いい保険に巡り合えます。

一番素敵なネット自動車保険を徹底調査した結果

交渉術4か条:車庫証明を自分で取るのはとても簡単なんです

車を購入したことがある方なら、聞いたことがあると思います。「車庫証明」とは「自動車保管場所証明」のことです。新しく車を購入したら、その車を置く場所はちゃんとありますよということを申告することが義務付けられています。

場所がなければ、路上駐車=駐車違反をずっとすることになるので、違反はしないですよという証明ですね。

この車庫証明、ほとんどの方が、新車購入時にそのまま、ディーラーにお願いされていますが、実は個人で簡単に取れるんです。ディーラーに頼めば1.5-3万円程度がかかります。自分ですれば、地域によって違いますがどこでも3,000円まででできます。

まず、車を購入するディーラーに「車庫証明は自分で取ります」と伝えます。申請書は直接警察署に行き受け取ることもでき、地域によっては、警視庁のホームページからダウンロードもできます。

必要事項を記入します。アパートなど駐車場を借りている場合は管理人や管理会社から承諾書をもらうことが必要です。自分の土地であれば自分が承諾する自認書となります。そして、新車の車検証を見ながら車名・型式・車体番号・車体の大きさを記入した申請書、駐車場の大きさや場所を記入した配置図を作成します。

警察署へそれらの必要書類を提出して後日、車庫証明を受け取りに行ってディーラーに渡して終了です。

義務付けられた大切な手続きですが、これだけ?と拍子抜けするほど簡単な手続きです。やってみると、こんなことに何万も払ってお願いしていたの?とこれまた無知がこんなにも損をしていることに気づいてしまいました。セレナを購入した時の私はまだ無知だったために、車庫証明をディーラーにお願いしておりました。

 

 

 

「約16000円も安くできたのか!!」先日行ってきた私の大好きなコブクロのライブが約8,000円だったので、2回も行けたのに…惜しいことをしました。

こんな後悔をしないためにも、簡単にできる手続きなので、自分で行うことをおすすめします。

こんな口コミがありました。

これから新車を購入する方の参考になれば、と思い書きます。

販売店の見積もりに、「車庫証明取得代行」という費用で、16000円ほどが計上されてました。調べてみたら、自分で申請すれば2600円ですむことが分かり、本日、自分でやってみました。

販売店で「車体番号」が判明したら、それを申請書に書いて、警察署に届けます。
2600円はそのとき納めますが、現金ではなく「県収入証紙」を銀行で手にいれて貼りつけます。(警察署でも印紙は売っています。)
また、警察署の受け付けが平日の日中のみなので、平日が仕事なら一時抜けるか、休みをとる必要があります。(混み具合にもよりますが、そんなに時間はかかりません。僕は昼休み時間でやりました)

警察署で教えてもらいながら書くような項目もありましたが、大したことはありません。

こちらの警察署では、申請後4日程度で証明書が出来あがる、とのこと。
証明書ができたら警察署に取りに行って、それを販売店に渡す。あとは、販売店が登録手続きをする、という流れです。

これで約14000円が浮いて、それで何かオプションが買えると思ったら、嬉しくなりました。

引用:価格.com

※最近ではOSSというネットで支払う方法であって、書類での車庫証明をしていないディーラーもあります。書類型に切り替えてもらった自己申請できるか聞いてみましょう。

交渉術5か条:支払いはローン払いがおすすめ

なぜ、ローン払いをおすすめするのか。

ローン払いにすることでディーラーにはローン金利手数料が入ります。ローン払いをされる購入者のほうがディーラー側には嬉しいわけです。

そんなディーラー側の嬉しいところを良いタイミングでくすぐるコツです。またまた役者になっていただきます。実際はローン払いしか無理なのに、現金にしようかと思案中のように匂わせてください。現金払いは販売店側にするとここに利益は見込めないので、交渉の際には現金払いを予定しているお客様になりきってください。最後に

源十郎
思ったより価格が高くついてしまったなぁ。現金払いしたかったけどちょっと厳しそうだから、ローンに変更すべきかなぁ。ローン払いだと少しは安くしてもらえるのかなぁ

と切り出してみてください。

販売店側にとって、金利の利益は馬鹿にならないほど大きいようです。これは私のディーラーの友人からの受け売りですが。

交渉術6か条:決算セールを狙え

ディーラーの決算月は年度末決算の3月中間決算の9月です。

3月の年度末決算は特におすすめです。1-3月の時期の新車の売り上げがメーカーから受け取れる”販売奨励金”は確定するので、営業マンは販売台数を上げるために必死です。この売上台数で奨励金の金額が左右するので、販売した時の小さな利益をどうなど言っていられないため、もしかしたら特別値引きなんていう、おいしい値引きがゴロゴロ転がっているかもしれません。

この転がっている値引きのボールを必ず拾ってください。特に時期に余裕があるなら、3月のぎりぎりで焦るよりも1月から2月に販売店に行き、交渉を始めるのが最適なじきとなります。

他にも、7月・12月のボーナス商戦もあるので、できるだけこのような商戦時期に出向くほうが値引きのボールが転がっているはずです。

交渉術7か条:決断時の最後のおねがいです

交渉術を駆使して、目標額まで値引きができて、自分なりに満足できたら、これが最後です。最後の一押しいっちゃいましょう。営業マンが苦笑して、

営業マン
仕方ありませんねぇ。はい、本当にこれが最後です

と受け入れてくれる程度のお願いをしてください。万単位での依頼は苦笑では終わりません。「すみません、それは出来かねます。」と断られるのがおちなので、数千円程度にしてください。具体的には

  • 端数をカット
  • 納車時のガソリンを満タン

です。

これくらいなら、数千円になるので、最後の最後にお願いしやすい金額かと思います。私もセレナを契約の印鑑を押すときに、「この端数をカットはできないですか?それで決めたいと思います。」とお願いしました。営業マンはもう商談は確定!と喜んでいるときですし、この最後のお願いでハンコを教えてもらえるなら!と99%の確率で受け入れてくれます。

ここで欲をかいて、5万引いてくれないとはんこ押さないよなんて、わがままは厳禁です。

今までの交渉で築き上げてきた営業マンとの関係もなくしてしまう。あなたのモンスターカスタマーにはならないでください。気持ちよくお互いの利益が出る形での購入が成立することが一番の理想ですよね。

もし最後のお願いでちょっと渋られそうかなと感じたら、最後の一言です。

「この価格なら今スグに契約します」ドヤッ

交渉術8か条:営業マンとは良い関係が築いていけることをアピってください

これまで購入するときの、様々なテクニックで少しでも値引きを大きくして、お得な価格で新車を購入できるようにしてきました。これは購入した後も営業マンとの良い関係が築いていけ、今後のメンテなどがお得に受けられるようにしていきたい交渉術です。

次もここの販売店で買いたい。妻の、子供の車もあなたにお願いしたい。何かトラブルがあった時はお願いしたいということを営業マンと話している時にちょいちょい伝えましょう。

私が一見のお客ではなくて、これからもあなたの良い顧客になりますよぉとわかってもらってください。ここで、誠意を見せてくれるお店であれば、良いお店だと認定できますね。これからも長い付き合いをすればするほどひいきにしてくれるようになるはずです。

交渉術9か条:王道のライバル車との競合

値引き交渉の王道テクニックです。

タントのライバル車の見積もりをもらいに行きます。同グレードのホンダNBOXや、スズキのスペーシア、三菱ekスペースなどです。一番欲しいのがタントであれば、タントを一番最後にして競合させることがよいですね。

タントと同グレードのスーパーハイト系ワゴンももっと種類もありますが、何社も訪問して見積もり依頼していけば時間も労力もかなり消費します。正直面倒くさいので2社くらいで十分かと思います。何社も見積もりをとっても値引き額がその数分だけ下がることはないからです。同クラスではあっても同じものを売っているわけではありません。値引きの基準も違うので数があればあるほど比較できるということでもないのです。

タントが本命であれば、タントの商談を行う際にライバル社の見積もりを取ってみたんですがと出してみてください。出し渋るよりも、その見積もりを見ることで、あなたがどのようなオプションを付けたいのか、どのようなものが欲しいのか理解してもらいやすくもなります。

タント同士の競合もしてみて下さい

これは同車種比較です。同じタントでも経営元が違うところに持っていってください。同じ経営元では見積額は全く変わりません。

販売店のサイトを見ればすぐに見分けられます。資本と代表者をみればその会社の経営元がどこかは歴然です。タント同士の見積もりを出すことで値引きも出しやすくなるはずです。

交渉術10か条:現行モデル末期の狙い撃ち

これは時期が重ならなければむずかしいですが、運が良ければ、モデル末期になると大幅な値引きの大チャンスです。私も運よくセレナ購入時がこのモデルのでした。そのためあれだけの大きな値引きに成功したのです。

タントも今から2018年12月にフルモデルチェンジか?と噂されています。もう少し様子を見られるなら、待ってみてもうれしい結果が得られるかもしれません。

交渉術11か条:今の愛車が古い車だったら?

今の愛車が10年を超えていたり、走行距離が10万キロ超えだと、下取りはほぼ付きません

私の父親が車を買い替える時、ステップワゴンを売ったのですがたったの1万円だったんです。まさかの1万円。車1台の値段がこれでは泣くに泣けないです。この時は私もまったく無知でした。まさか、下取りと買い取りの価格が違うなどと夢にも思っていない時でした。あの時買い取りに出していたら・・・みんな温泉旅行にでも行って、カニをおなか一杯食べてもおつりが出ただろうに。そう思っても後の祭りです。

交渉術12か条:ディーラーを知っている友人がいれば紹介してもらう

これは私も使いました。セレナに乗っている私の妻の友人が車に詳しくてものすごい値引きしてもらったと聞いたので、その方ににお願いして紹介してもらいました。

そうなると、その方とほぼ同じくらいの値引きが確定したも同然です。

グレードやオプションは違ってもほぼ同じくらいの値引き大成功!

最初から最大値引き額がわかっているのでほとんど無駄な交渉に時間も手間の使う必要もないままに購入できてしまうので、この方法は一番美味しいです。こんな知り合いがいたら、活用しない手はありません。まずは周りをしっかり見渡してくださいね。

スポンサードリンク

車を安く買う為に大切なことは「値引き額の多さ」だけではなく、将来もみすえてください

とにかくタントを買うためにどうすれば、安く買えるか、最大限に値引きしてもらえるのかを見てきました。

ほしい車を手に入れるために私ももちろん、できるだけ安く手に入れたいと思います。でも本当に大切なことは数年後の将来も見据えてのトータル的な出費を考えることです。

次の車や、家族が車を購入するときにも、今回の営業マンとのつながりがもっと大きな利益を生み出してくれることもあります。有益な情報や、購入時のあなただけの特典なんてことも。サービスも率先してくれることでしょう。

無料で洗車は当たり前、車内の清掃までしてくれることもあったりします。時には有料の点検までこそっとやってくれることもあったりするかもしれません。車は定期的メンテが必要な高い買い物です。営業マンと仲良くなることこそが、一番の値引きの大きさになるかもしれません。

アフターサービスを充実してくれるお店との付き合いこそが一番大切になることは確実です。目先の値引きだけにとらわれて、モンスターカスタマーになってしまうと、もう後はありません。将来をみすえて、人と人との付き合いの交渉術を身に着けることが一番安く購入できる方法なのです。

その気持ちを忘れずに、最大限の値引きを手に入れるべく交渉術を駆使してください。

そして「自分の車が一体いくらで売れるのか?」を無料でまず知っておいてから新車を値引き交渉する。これが値引き交渉術の基本です。

もちろん実際には売らずに見積もりだけを知ることも可能です。複数会社からの見積もりを知るには、パソコンもしくは今お持ちのスマホから簡単な情報を登録するだけでわかります。

車の車種・車の年式(だいたいでOK)・走行距離(だいたいでOK)の3つだけの入力なので45秒で終わります。

※登録時には自分の車の車検証などの資料は一切必要ありません。

→無料45秒査定で愛車の最高売却をとりあえず知っておく。

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

クルマ好きにたまらない無料アプリ

「好きな車が同じ」って人と繋がって情報共有できる!欲しい車のこと質問したり自慢したり、所有者の「生」の声が聞ける珍しいアプリです。これ、、、見てるだけで楽しいです。

  •  車SNSでは月間アクティブユーザー数No.1(2018年5月AppApe調べ)
  •  愛車の写真や動画を気軽に投稿!同じ車種のユーザーともつながれます!
  •  気まずいナンバープレートも自動で加工。
  • フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSとも簡単連携
  • カスタム最新情報を手に入れられる。
 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください