マイナーチェンジで改めて感じたシャトルの魅力

<目からウロコ特集>
はたして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】ベテラン営業マンのセールストークVSプロから学んだ心理交渉術

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)45秒で愛車の最高額がわかる!

2015年に登場したシャトルは、フィットの車体をベースにつくられた5ナンバーサイズのコンパクトなステーションワゴンでありながら、広大な室内空間と荷室を備え使い勝手の良さから今なお人気の車種となっています。

そんなシャトルが登場以来初となるマイナーチェンジをおこな5月10日に発売されました。今回はマイナーチェンジの詳細と発売から2ヶ月が経った今、改めて見えてきたシャトルの魅力をお伝えしようと思います。

スポンサードリンク

シャトルってどんな車?

まずはシャトルがどんな車なのか特徴を見てみましょう。

安全に、そして先進の技術で運ぶ」というスペースシャトルのイメージになぞらえて命名されたシャトルですがその名に恥じない魅力を備えていると言えるでしょう。

シャトルの特徴
  • 何と言っても一番の魅力は小型ステーションワゴンにも関わらず広大なラゲッジスペースを備えているところ。
  • 燃費性能もガソリン車で22km / ℓハイブリッド車で34km /ℓ(FF車✳︎JC08モード測定時)とかなり優秀。
  • 安全運転支援システム「Honda SENSING」を全車標準装備

✳︎JC08モード・・・国土交通省が定めた燃費測定テスト方法の一つで、実際の走行と同様に細かい速度変化で運転するとともに、エンジンが暖まった 状態だけでなく、冷えた状態からスタートする測定が加わったもの。

すでにシャトルが欲しくなってしまったあなたはこちらの記事もどうぞ。

 

シャトルのマイナーチェンジ変更点を見てみよう!

それでは今回のマイナーチェンジでシャトルがどのように変わったのか見ていきましょう。まずはこちらの動画をご覧ください。

さくら(妻)
ステーションワゴンだけどスタイリッシュで高級感もあって素敵!
源十郎
本当だね!もっとじっくり見ていこうよ。

マイナーチェンジによるシャトルのグレード

まずはグレードについて見ていきましよう。4つのグレードがラインナップされていて、その内3つのグレードがハイブリッドモデルとなっています。

引用先:ホンダ公式HP

ハイブリッドモデルである3グレードの違いが気になりますが、簡単に言うとハイブリッド➡︎ハイブリッドX➡︎ハイブリッドZの順でよりオプションが標準装備化されるようになります。例えばスポーツペダルシートヒーター本革ステアリングホイールなどがそうです。

さくら(妻)
予算や欲しいオプション、使い道からベストなグレードを探せるね!

マイナーチェンジによるシャトルのスタイリング

次に外観やカラーラインナップ等のスタイリングを見ていきましょう。マイナーチェンジにより上質感を追求したシャープで流麗なエクステリアへの刷新を果たしました。

引用先:ホンダ公式HP

さくら(妻)
やっぱりすごくカッコイイね!ステーションワゴンとしては天井も高いはずなのにスタイリッシュなデザインでそれを感じさせないよ。

https://www.instagram.com/p/BzUg8wklRXN/

源十郎
マイナーチェンジによって、よりスポーティな顔にお化粧直しされてるね!

引用先:ホンダ公式HP

源十郎
ボディのカラーラインナップは全部で8色かー。定番のブラックとホワイトも良いけどレッドもカッコイイな!
さくら(妻)
どの色もシャトルらしさが活かされてて迷っちゃうね!

マイナーチェンジによるシャトルのインテリア

外観の次は内装も見てみましょう。マイナーチェンジによりシートデザインなど質が高く特別感を演出できるようなインテリアへの刷新を果たしました。

引用先:ホンダ公式HP

黒を基調としたシックなデザインの内装は、室内の広さと合間ってとても落ち着ける空間を提供してくれます。内装デザインは4種類あり、本革シートやコンビシート等がラインナップされています。

引用先:ホンダ公式HP

さくら(妻)
外観だけじゃなく内装もステキー!これならたくさん旅行に行きたくなるし、ちゃんと連れていってね。
源十郎
そうきたか!シャトルで色々なところに出かけたいね。

引用先:ホンダ公式HP

天井が高い上に後部座席もかなりゆとりがある設計となっています。これなら、例えば後部座席にチャイルドシートを設置しても寝ている赤ちゃんを抱き起こしやすく隣に座る奥様も安心ですよね!

さくら(妻)
確かに小さい子どもがいても安心だね!
源十郎
結婚して、子供が産まれて、それぞれのライフステージにしっかり合わせてくれてるから長く愛用できる車だね!

マイナーチェンジによるシャトルの荷室・収納

続いてシャトルの最大の魅力である積載力について見ていきましょう。マイナーチェンジで特に変更されたところは無いようです。

引用先:ホンダ公式HP

マイナーチェンジされてもその広大なラゲッジスペースは健在です!後部座席を倒さなくてもゴルフバッグが4つ積めますし、後部座席を倒せばなんと184cmの奥行きが確保できます。

源十郎
奥行きが184cm!?身長が180cmあっても足を伸ばして寝られるってことか!憧れの車中泊に挑戦したい。

引用先:ホンダ公式HP

さくら(妻)
確かにラゲッジスペースがすごく広いねー!自転車も余裕で積めちゃってる。これなら買い替えたかったソファもそのまま持って帰ってこれるね。
源十郎
そうだねー!これだけの積載力があるから家族連れから、僕みたいな多趣味人間まで打ってつけの車だよねー。

ちなみに・・・、コンパクトカーのサイズにも関わらずここまで広大な積載空間を確保できる理由をご存知ですか?それは、Hondaのパッケージング技術「センタータンクレイアウト」です。

引用先:ホンダ公式HP

センタータンクレイアウトとは?

通常は後部座席の下にある燃料タンクを前座席下に移動することで驚きの空間効率を実現した、ホンダ独自の「広い室内、大きな荷室、でもコンパクト」を可能にする技術です。

マイナーチェンジによるシャトルの性能

最後はシャトルの性能について見ていきましょう。マイナーチェンジにより標準装備のHonda SENSINGにオートハイビーム機能追加されました。

引用先:ホンダ公式HP

さくら(妻)
標準装備されてるHonda SENSINGってどんなシステムなの?
Honda SENSING

レーダーとカメラを使って安全運転を支援する先進システムのことで元々は8つの機能を備えていましたが、マイナーチェンジにより新たに「オートハイビーム」機能が追加されました。

引用先:ホンダ公式HP

さくら(妻)
なるほどー!普段の運転で危ないって感じるような場面をちゃんとサポートしてくれる機能なんだね。すごく安心。
源十郎
そうだね。マイナーチェンジで追加された機能「オートハイビーム」もかゆい所に手の届く機能だよ!

引用先:ホンダ公式HP

さくら(妻)
確かにロービームへの切り替えって忘れてしまいがちだし、夜間だから操作に気を取られてしまうと危ないよね。それが防げるなんて安心!

シャトルのマイナーチェンジ変更点まとめ

引用先:ホンダ公式HP

さくら(妻)
よりエレガントなデザイン変更と安全支援システムの充実ってことね!
源十郎
そういう事だね。良い部分を時代に合わせて更に伸ばしつつ、課題点の修正もしっかり行われたマイナーチェンジと言えるね!

そろそろシャトルに乗り替えようと思ってきているあなたはこちらの記事もどうぞ。

 

スポンサードリンク

マイナーチェンジ後のシャトルの口コミは?

マイナーチェンジから2ヶ月が経ちましたが、新型シャトルのユーザーさんはどんな評価をしているのでしょうか。口コミから生の声をリサーチしてみました。

  • プリウスαと比べても内装シートの質感車内の静かさは完全にシャトルが優れている
  • 静粛性の向上を体感できた。
  • 外観は好みが分かれるけどマイナーチェンジ前の方が好きかも。
  • 自動防眩ルームミラーや後席のセンターアームレスト内のドリンクホルダーなど細かな装備が充実されている。
  • 内装は上品だけどシートの素材はマイチェン前の方が良かった
  • マイチェン前と比べて外観も内装もスタイリッシュになっていて大満足

引用先:みんカラ

新型シャトルの口コミまとめ

外観は好みが分かれるが、スタイリッシュになったと高評価が多い

内装シートの質感以外は良くなっている

・各所の補助装備(ドリンクホルダーなど)が充実している。

車内の静粛性はユーザーさんの多くが体感している。

・今からシャトルを買うなら現行はオススメできる!

さくら(妻)
ユーザーさんの生の声はマイナーチェンジに対する良い評価が多いみたいだね。
源十郎
そうだね。今後さらなるモデルチェンジが楽しみになってくるね!

いよいよ新型シャトルが欲しくなったらこちらの記事もどうぞ。

シャトルの次回モデルチェンジはいつだろう?

引用先:ホンダ公式HP

さて、ここでシャトルの次回モデルチェンジについてほんの少しだけ予想してみたいと思います。次回モデルチェンジすなわちフルモデルチェンジのタイミングはズバリ2021年です!!

フルモデルチェンジ時期の根拠
  • シャトルのベース車両である「フィット」フルモデルチェンジが2019年秋に行なわれるという情報あり。
  • 上記の情報が正しければ2013年のフルモデルチェンジから6年ぶりとなる。
  • 過去の実例からフィットのモデルチェンジに次いでシャトルがモデルチェンジを行う流れとなっている。
  • シャトルは2015年に登場し、2019年まで4年間モデルチェンジをしていない。
  • フィットと統合する噂のある「ジェイド」のモデルチェンジが2020年に行われるとの情報もあり、シャトルとジェイドのモデルチェンジ時期を合わせてくる可能性もある。
さくら(妻)
通常の流れだと2015年登場から6年後の2021年が濃厚だってことね!
源十郎
そうだね。ただ、ジェイドとフィットの統合タイミング次第でもしかしたら2020年に行われるかもね!

モデルチェンジ時期も重要な車を安く買う方法はこちらから。

 

スポンサードリンク

まとめ

  • シャトルの魅力は、広大な積載空間、クラスナンバーワンの燃費性能、そして先進システム「Honda SENSING」。
  • ラインナップされているグレードはマイナーチェンジで変更なし。
  • 外観はマイナーチェンジにより上質感を追求したシャープで流麗なデザインへ。
  • 内装はマイナーチェンジによりシートデザインなど質が高く特別感を演出できるようなデザインへ。
  • 荷室はマイナーチェンジで変更ないが広大な積載空間は健在。
  • マイナーチェンジにより標準装備のHonda SENSINGに「オートハイビーム」機能が追加。
  • マイナーチェンジ後のシャトルには良い口コミが多い。
  • シャトルのフルモデルチェンジは2021年か!?

いかがでしたでしょうか?マイナーチェンジを行ったシャトルはより魅力を増しながら来たるフルモデルチェンジに備えていることでしょう。

ぜひ一度シャトルのコンパクトなのにワイドな相反する空間を体感してみてください!

 

 

 

 

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

[新登場]スマホで写真を撮るだけ??一瞬で高額査定!!電話営業一切なしで一括査定より速い!!あのDMMから新サービス!!

  • 一括査定よりも早く相場が知れる! 
  • 面倒な電話も無し! 
  • ササッとお車査定!

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください