新型トヨタ ランドクルーザー300系2021年夏フルモデルチェンジ!?予想画像大公開!

<目からウロコ特集>
はたして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】ベテラン営業マンのセールストークVSプロから学んだ心理交渉術

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)45秒で愛車の最高額がわかる!

トヨタ新型ランドクルーザー300系は、2021年の夏頃にフルモデルチェンジで発売されるという情報が出ています。

やっと!というランクルのフルモデルチェンジですので、ランクルを買おうと思っている人も、そうでない人も、どうなるのか気になりますよね。

そんなお待ちかねのみなさんに「トヨタ新型ランドクルーザー300系」フルモデルチェンジ最新情報をまとめます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

スポンサードリンク

トヨタ新型ランドクルーザー300系 フルモデルチェンジ!発売は2021年夏?待つ?待たない?

 

2020年フルモデルチェンジ予想新型ランドクルーザー300系参考現行車画像-10

引用:トヨタ公式HP

ランクル300の発売時期予想

トヨタのランドクルーザーの300系へのフルモデルチェンジは2021年夏と予想

トヨタの新型ランドクルーザーが2021年夏にフルモデルチェンジするという情報があります。

少し前までは2020年中にフルモデルチェンジが行われるという噂もあったので、待っていたならちょっと残念ですね!

でも、待った分だけ手に入れた時のうれしさは増すと思います。

一緒に楽しみに待ちましょう!

2021年といえばオリンピックが開催される予定で、そちらも楽しみですよね。

世界各国から日本に注目が集まる2021年に世界で人気のランドクルーザーがフルモデルチェンジされれば、大きな宣伝にもなります。

あなたがもし新型ランドクルーザーに乗っていたら、海外の人からも注目されちゃうかもしれないですよ!

トヨタは2020年度の売上が新型コロナウイルスの影響で減ると見込んでいます。

2021年度には、新型車の発売に力を入れて、元気を取り戻したいところでしょう。

2021年にフルモデルチェンジする予定の「ノア」にも注目です。

【関連記事】トヨタ新型ノア ヴォクシーと統一?!フルモデルチェンジ時期は2021年初夏!?

ランクル300系、待つ?待たない?

2021年夏にランドクルーザーのフルモデルチェンジがされるとなると、結構待つことになりますよね。

「ランクル300が出るまで待つか待たないか…」と悩みませんか?

さくら(妻)
待つって長いよね~
源十郎
そうだよね~。(さくらちゃん、お出かけ前に待っている僕の気持ちをちょっとわかってくれたかな)

皆さんがどうしているのか調べてみると…「待ちます」という方が結構見られました。

中には、「現行車のランドクルーザー200系や、兄弟車のランドクルーザープラドに一度乗って待つ!」という方もいますよ。

さくら(妻)
古いランドクルーザーも人気だもんね!でも、そんなに何回も変えられるものじゃない気がするけど…

新しい車を買うってお金がかかりますよね。

でもランドクルーザーやランドクルーザープラドはとっても人気なので、売る時も高く売れそうなんです。なので、それを元手にして、ランドクルーザー300系が出たら買う、という作戦のようです。

源十郎
海外ですごく人気だから、場合によっては新車の値段の90%以上の金額で買い取ってくれることもあるみたい。
さくら(妻)
430万円で買って45000㎞乗ったランドクルーザープラドを、400万円で売ったなんて情報もあるわよ!

乗っている車を少しでも高く売って元手にしたいですよね。

でも、知らないと損してしまうかもしれないことがあるんです。

損しないために、ぜひ「今持っている車を高く売る方法」を読んでみてくださいね。

 

2017年7月 ランドクルーザー200系はマイナーチェンジはどんな感じだった?

2020年フルモデルチェンジ予想ランドクルーザー300系イメージ画像‐2

引用:トヨタ公式HP

新型ランドクルーザーのモデルチェンジを待つ間に、今の現行車のことも少し知ってみてはどうでしょうか?

現行車のランドクルーザー200系は2017年7月に「マイナーチェンジ」をしています。

豆知識:マイナーチェンジってなに?
車の世代を変えずに部分的な改良をすること。

通常、フルモデルチェンジとフルモデルチェンジの間に1、2回行われる

人気をキープする目的もある

マイナーチェンジ前を前期、マイナーチェンジ後を後期と呼ぶこともある(2回マイナーチェンジをしたら、前期、中期、後期と呼ぶ)

▼ランドクルーザー200系 

ランクル200 前期 ランクル 300 フルモデルチェンジ 

引用:instagram

2017年のランドクルーザー200系の改良では、

  • 自動でしまってくれるドアミラー
  • 自動で運転席やハンドルが移動し、乗り降りがスムーズになる機能(パワーイージーアクセスシステム)

などを採用し、高級感がより高まりました。

※グレードによって標準、オプション、搭載不可など異なります。

他には、

  • トレーラーなどをけん引する時に必要な「ヒッチメンバー」という装置がオプションで付けられるようになった
  • 内装にニュートラルベージュという新色が採用された

という改良も行われました。

▼ヒッチメンバー

2020年フルモデルチェンジ予想ランドクルーザー300系参考ランクル200画像-3

引用:トヨタ公式HP

ヒッチメンバーを付けるとけん引できるという機能面が上がるだけでなく、後ろから見てもカッコイイ外観になりますね。

後からランクルにヒッチメンバーを付けるという方も多いようです。

もしランクルを買う際は、このヒッチメンバーを付けることも考えてみてはいかがでしょうか。

https://twitter.com/RCS40302112/status/1253967407770562560

 

現行のランドクルーザー200系をもっと知りたいという方は、「ランドクルーザー200系特別仕様車」についても詳しく調べていますので、ぜひご覧ください。

トヨタのランドクルーザー200!特別仕様車について調べてみた

 

スポンサードリンク

トヨタ新型ランドクルーザー300系フルモデルチェンジ!エンジンはどうなる?ディーゼル、ハイブリッド両方とのうわさも

2020年フルモデルチェンジ予想新型ランドクルーザー300系参考現行車エンジン画像

参考:現行ランドクルーザーエンジン

引用:instagram

2021年のランドクルーザー300系のフルモデルチェンジ予想の中でも、大きく注目されているのがエンジンの変更です。

ランドクルーザー200系では4.6L V8エンジンという排気量の大きなエンジンが使われていますが、時代の流れで変更が必要になっています。

では新型ランドクルーザー300系のエンジンはどうなるのか?気になりますね。

2021年のモデルチェンジでハイブリッドとディーゼル採用か!

ランクル300のエンジン

トヨタのランドクルーザー300系では

  • 3.5LのV6ツインターボ
  • 3.5LのV6ツインターボ+モーターのハイブリッドユニット
  • 2.8Lのクリーンディーゼルターボ

という3本立になるのではと予想。

現在発売されているランドクルーザー200系では、ガソリンエンジンのみのラインナップになっています。

しかし、最近では環境に配慮したエンジンが必須になっていて、新型ランドクルーザーもフルモデルチェンジでエンジンを変更するでしょう。

じつは、新型ランドクルーザー300系には「ハイブリッド」と「クリーンディーゼル」の両方が採用される、との噂があるんです。

以前は、ハイブリッドとディーゼルのどちらも取るという可能性は低いと言われおり、それを知っていた方は、少し驚きかもしれません。

ただ、

  • ランドクルーザーの兄弟である「ランドクルーザープラド」はすでにクリーンディーゼルターボを使っていて、好評
  • 近いうちに電気自動車とハイブリッド車だけが認められる時代になるかもしれない

ということを考えると、二つとも採用するというのは大いにあり得ると思います。

さらには、ディーゼルとハイブリッドを組み合わせた「ディーゼルハイブリッド」なるものが開発され、使われるとの噂もあります。

ハイブリッドにしなきゃいけない、でも「ディーゼルがいい!」という多くの声にもこたえたい。それには「ディーゼルハイブリッド」は完璧ですよね。

ただ、まだ「ディーゼルハイブリッド」に関しては情報があまりありません。

最新情報をつかみ次第、また書いていきますね!

 

「3.5L V6ツインターボ+モーターのハイブリッド」であれば、もちろん、燃費が良くなるでしょう。

燃費の問題でランドクルーザーを諦めていたのであれば、希望の光が見えそうですね!

ランドクルーザーの燃費については「ランドクルーザーとプラド(ディーゼル)の燃費を徹底調査」に詳しく書いています。

「3.5LのV6ターボエンジン」、「3.5L V6とハイブリッド」という2つのエンジンを採用しているのがレクサスLSです。

▼レクサスLS

2020年フルモデルチェンジ予想新型ランドクルーザー300系参考レクサスLS500h-2

参考:レクサスLS500h

引用:instagram

この2つのエンジンは、すでにレクサスLSで力強い走りと低燃費がすでに実証されています。

そして新型ランドクルーザーのハイブリッドは、このレクサスLSの「3.5LのV6ターボエンジン」をランドクルーザー用にハイブリッド化するというわけです。

ランドクルーザーに今までとは違うエンジンを搭載するとなったら、「今までの好きだった感じはどうなるの?」って少し不安ですよね。

しかし、このようにあらかじめ良い評判を得ているエンジンがベースなら、すこしは不安が減るのではないでしょうか。

友人
いきなりエンジンが小さいサイズになったり、ハイブリッドになるって大丈夫~?って思う気持ちがゼロではないもんね。すでに使われている車があった方が、安心かも。

ちなみに、レクサスLSの車両重量は約2,150~2390㎏で、ランドクルーザーの現行車の重さは2,430~2,690kgです。

少しランドクルーザーの方が重いですが、エンジンは十分に働く範囲と考えられます。

V6 3.5Lツインターボエンジンをもう少し詳しく知りたい

2020年フルモデルチェンジ予想ランドクルーザー300系参考レクサスエンジン画像

 

引用:レクサス公式HP

V6 3.5Lツインターボエンジンは、もともとレクサスLS500のために開発されました。

力強さと、燃費の良さを両立させていますが、その秘密は何なのでしょうか。

それは酸素の送り込む量を増やしたり、ガソリンと空気の混ざりを良くして燃焼させる効率のよさです。

「ツインターボチャージャー」や「マルチホール直噴インジェクター付D-4ST」という機能が、その効率の良さを作っています。

さらに、レクサスLS500h(ハイブリッド車)のハイブリッドシステムは、力強く、かつ、リズミカルな走りを実現させています。

グインと踏み込む力「トルク」を大きくしているんですよ。新型ランドクルーザーでもこの技術が生かされるでしょう。

ハイブリッド車は、燃費は良いけどもっさりしてるよね~という方も多いですが、このシステムなら不満も少ないのではと思います。

海外では砂漠の中を走ったりもするランドクルーザーですから、パワーを保つのは必須ですよね。

低燃費だけではないのが大事。そこが上手くいけば、ますますファンを引き付けそうです。

友人
ランクル300でもこのエンジンを搭載されれば、燃費も良くなって力強さも保たれるかも、ってことだね。
源十郎
ハイブリッドだけど「ターボ」だから思っているよりパワーは出るんじゃないかな!

色々な情報を元に、ランドクルーザー300系に載るターボとハイブリッドのパワーの表を作ってみました。

  ランクル300(予想)
  ガソリン車 ハイブリッド車 ディーゼル車
  V6 3.5Lツインターボ V6 3.5Lツインターボ+モーター 直4 2.8L
エンジン最高出力(ps/rpm) 422/6000 422/6000 177/3400
エンジン最大トルク(kgm/rpm) 61.2/1600-4800 61.2/1600-4800 45.9/1600-2400
モーター最高出力(ps) 180
モーター最大トルク(kgm) 30.6

 

現行ランドクルーザー200系のエンジンのパワーはこちらです。↓

  ランクル200
  V8 4.6L
最高出力(ps/rpm) 318/5600
最大トルク(kgm/rpm) 46.9/3400

 

ディーゼルエンジンはこのままだと出力が小さそう、と思うのですが、45.9kgmというトルクがあれば、2t越えの車でも十分に走れますし、燃費が良いです。軽油なので安いですしね。

ただ、2021年までには改良されてもう少しパワフルになるかもしれませんね。

ちなみに、最高出力が高いと、加速してからのエンジンのグーンという伸びが良くなり、最高速度も速いです。

最大トルクが大きいと、自転車のペダルの漕ぎ始めのようなぐっと入れる力が強くなり、スタート時や加速時がスムーズになります。

3.5L、4.8Lというのは排気量といいます。一般的には排気量が大きい方がパワーも大きいことが多いです。

しかし、効率を上げれば排気量が小さくなってもパワーは小さくならない、または大きくできるんです。

源十郎
ようは、排気量4.8Lから3.5Lのエンジンやハイブリッドになってもパワーはアップする、という予想だよ。

日本ではディーゼル車のイメージはすごくいいというわけではありません。

ですので日本ではハイブリッドのみ、海外ではしばらくディーゼル車が引き継がれるということも発売されるということもあるかもしれません。

友人
日本でも、「ディーゼルエンジンが付いたらいいな~」という人はいるけどね。

確かに、今はまだディーゼルでもいいかもしれません。更に、クリーンディーゼルエンジンとなれば環境にも配慮されています。

しかし、ヨーロッパでは2040年までにガソリン車を禁止する国も出てきています。ノルウェーでは2030年からはEV(電気自動車)とHV(ハイブリッド)のみを販売するそうですよ。

電気自動車とは、電気とモーターで走る自動車です。

ここで「世界各地の、環境に優しい車の設定基準」をご紹介したいと思います。

環境に優しい車の設定基準
  • ノルウェー:2030年からEVとHVのみを発売
  • オランダ:2025年からEVのみを販売
  • インド:2030年からEVとHVだけを販売
  • 中国:将来的にEVとHVだけを販売予定(明確な時期は未定)
  • イギリス:2040年からガソリン車とディーゼル車の販売を禁止
  • フランス:2040年までにガソリン車とディーゼル車の販売を禁止

※バルセロナ・コペンハーゲン・バンクーバーなどの都市では、2030年までにガソリン車とディーゼル車を禁止する計画

友人
世界各地で「環境に優しい車作り」に力を入れる動きが出ているんだね。

ランドクルーザーはハイブリッド車導入でライバルに応戦!?

ランドクルーザーにももちろんライバルがいます。新型ランドクルーザーはそのライバルたちと比較すると、どうなのか気になりますよね。

実は、トヨタ新型ランドクルーザー300系はフルモデルチェンジでハイブリッドを取り入れライバル車に対抗しようとしているとの噂があるんです。

世界最強のランクルと並ぶSUVとして人気なのは

  • レンジローバー
  • ベンツGクラス

という車です。

この2台は次世代モデルへと相次いでフルモデルチェンジしたんです。

トヨタのランドクルーザー300系も負けてられません。

ライバルに勝つためにも、ハイブリッドにするという可能性が高いというわけです。

現行のレンジローバーの画像はこちらです。エンジンで発電するだけの通常のハイブリッドと違い、「プラグインハイブリッド」という外部から充電できる機能を備えています。

プラグインハイブリッドは電気のみでの走行距離が普通のハイブリッド車よりも長くなりますし、コンセントで充電できますからガソリンを入れに行く回数が減ります。

しかし、大きいバッテリーが必要で、ハイブリッド車よりも室内のスペースが小さくなったり重さが重くなったりするのがデメリットです。

更に、ハイブリッド車よりも値段が高くなりがちです。

もう一つのライバル車、ベンツGクラスは2018年6月6日にフルモデルチェンジとなりました。

4.0L V型8気筒直噴ツインターボエンジンを備え、力強さは圧倒的です。

ただこちらはハイブリッド車と比べれば燃費や環境性能で劣る部分がありますね。

源十郎
海外の車もかっこいいよなあ。

ホレボレするような海外の外装のセンスや、日本と同様にレベルの高い安全技術には思わず感心してしまいます。

しかし、海外の車は、メンテナンスや装備品の追加をしたいときにはディーラーが遠かったり、部品の調達が難しくて高額になったりもします。この点では、ディーラー網がしっかりしているトヨタのランドクルーザーは安心ですよね。

トヨタさんはこの2台のフルモデルチェンジを受けて、どのような戦略をランクル300系に仕掛けてくるのでしょうか。早くその全貌が明らかになってほしいですね!

 

 

トヨタ新型ランドクルーザー300系フルモデルチェンジ!外観予想とスクープ画像!

ランドクルーザーといえば、その見た目も魅力的ですよね。

まさに男のロマンって感じです。女性が乗ってもかっこいいですし。すごいぞ、ランクル。といったところです。

そんなランドクルーザーですから、新型へのフルモデルチェンジでどのように変わるのか、気になりますね。

こちらは当サイトが入手した、次期ランドクルーザーの予想画像です。

ランクル300

 

2020年フルモデルチェンジ予想新型ランドクルーザー300系スクープ画像インスタより

 

引用:instagram

力強いヘッドライトがすごくかっこいいですよね。角ばった形も、男らしいです!

休日にストレス解消で、荒れた道で楽しむオフロード走行をするのもいいですし、こんな車でジャジャーンと会社の駐車場に乗り入れてみたくなりませんか?

最近の丸みを帯びた小型SUVとは一線を画しているのも良いですね。もちろん、小型SUVは、それはそれで魅力的です。

トヨタの大人気小型SUV C-HRの情報は「C-HR2019年秋にマイナーチェンジ!今回の変更点を比較検証してみた!」もご覧ください。

友人
見た目も好みの車に乗って出勤して、朝から気分が良いと、一日の仕事もはかどりそうじゃない。
さくら(妻)
女性がファッションで気分が上がるみたいなものね。
源十郎
仕事バリバリこなして、こんな「ザ・男性」という車に乗っていたら女の子にモテちゃったりして…
さくら(妻)
うーん、それ、あながち間違いじゃないかも。あ、あくまでも私の好みね。

ランドクルーザーと同じくトヨタ車の、RAV4が今大人気です。

そのRAV4にも採用されているような、

  • ロボットみたいに機械的な雰囲気
  • 近代的なデザイン

この辺りが新型ランドクルーザー300系にも取り入れられると予想します。

2020年フルモデルチェンジ予想新型ランドクルーザー300系参考RAV4外装

参考:RAV4

引用:トヨタ公式HP

▼現行モデル200系のボディデザイン

2020年フルモデルチェンジ予想ランドクルーザー300系参考現行車画像‐6
  1. LEDヘッドランプ
  2. LEDフロントフォグラン
  3. アウトサイドドアハンドル(メッキ)
2020年フルモデルチェンジ予想ランドクルーザー300系参考現行車画像‐7
  1. サイドプロテクションモール(メッキモール付)
  2. サイドステップ(エアロタイプ・照明)
  3. リヤスポイラー
  4. 20インチアルミホイール

引用:トヨタ公式HP

いつの時代もかっこいいランドクルーザー。この外観に惚れた!という方は、現行車を狙うのもありですね!

フルモデルチェンジでどうなる?気になるカラー展開

色選びも個性の出しどころですよね。たくさんの中から「これ!」と決められたら、愛着も沸くし、満足感も高まりそうです。

現行は8色から選べます。新型ランドクルーザー300系でもおしゃれな色の展開があると予想します。

さくら(妻)
いくら白が良くても、最初から白しか無かったら、なんだかつまらないもんね。
源十郎
極端だけど、それはそうかも。

現行車の色のラインナップはこちらです。

  • ホワイトパールクリスタルシャイン(メーカーオプション、32,400円別途)
  • シルバーメタリック
  • グレーメタリック
  • ブラック
  • アティチュードブラックマイカ
  • ダークレッドマイカメタリック
  • ベージュマイカメタリック
  • ダークブルーマイカ

▼アティチュードブラックマイカ

2020年フルモデルチェンジ予想ランドクルーザー300系参考現行車画像‐⑧

引用:トヨタ公式HP

黒のなかに、青っぽいメタリックが光る「アティチュードブラックマイカ」はランドクルーザープラドなどにも採用されており、人気カラーです。

源十郎
渋くてかっこいい!

今は白が人気ですが、次に黒人気が来るとの噂もありますよ。そうなれば先取りしている感じもしますし、黒の中でも個性があるのでいいですね!

ただ、白は膨張色で、車が大きく見える効果があるんです。

ランドクルーザーにはとにかく迫力を求めたいという方は、白も検討してみてくださいね。

友人
白は新型ランドクルーザー300系にも有りそうだしね。

新型ランドクルーザー サイズに変更点はある?

新型ランドクルーザーへのフルモデルチェンジで大きなサイズの変更は無いと予想します。

あまりサイズが大きくなって小回りが利かなくなっては、荒れた道を走るのにも不便ですしね。

ただ、ハイブリッドエンジンが搭載になった場合、エンジン部分と電池の両方を載せるわけです。

その分スペースを取られてしまうのが心配ですね。今ある他の車でも、ハイブリッド車とそうでない車が両方ラインナップにある場合は、ハイブリッド車の方が足元が狭く感じたりすることもあるようです。

友人
せっかくハイブリッドが載っても、狭くなったらちょっと残念よね。
さくら(妻)
エンジンとかのスペースを見直してコンパクトにするか、上を広くするか、どちらかをしてくれればいいけどね。

エンジンや土台がある下側に空間を広げるのは結構大変なんだそうです。買う方としても、その分価格が上がっては嫌ですからね。海外でも人気な幅広タイプに見せるためにも「高さが低くなるのでは」という噂もありますが、エンジンのことを考えると同じにキープするか、上側に空間を取る方が現実的かなと思います。

ホイールベースも+50㎜の可能性もあるでしょう。

  ランクル300系(予想) ランクル200系
全長(㎜) 4,950 4,950
全幅(㎜) 1,980 1,980
全高(㎜) 1,870-1,920 1,870
ホイールベース(㎜) 2,900 2,850

 

ランクルを買うのに貯金しよう!と思っているあなたはすごいです!

でも買う時に少しでも安く変える方法があるのに知らなかったら損だと思いませんか?

こちらに新車をなるべく安く、しかも時短で変えちゃう方法をお伝えします。

ぜひ参考にどうぞ。

 

スポンサードリンク

トヨタ新型ランドクルーザー300系フルモデルチェンジ!内装はどうなる?

2020年フルモデルチェンジ予想ランドクルーザー300系参考現行車内装画像‐1

引用:トヨタ公式HP

車は外観も大事ですが、室内も大事ですよね。

新型ランドクルーザー300系では、ランドクルーザー200系の快適な装備や高級感を引き継ぐのは間違いないでしょう。それに加えて、

  • USBで充電できる箇所が増える
  • メーターには液晶パネルを使う

など、より現代的になると予想します!

そして、5人乗りの2列シート、8人乗りの3列シートは両方ラインナップされるでしょう。

新型ランドクルーザー300系にも引き継がれるであろう快適装備

現行のランドクルーザー200系の室内は運転席と助手席の背もたれからは、爽やかな風が吹き出て気持ちいいんです。夏の暑い時に、背中が蒸れて気持ち悪くなったりするのも防いでくれ、快適です。

シートヒーターはエアコンで車内が温まる前に寒さから解放してくれたり、旦那様と奥様のエアコン設定温度の違いでもめたりすることも無くしてくれそうですね。

さくら(妻)
それ、私の事言ってるの?
源十郎
ん?えーと、さくらちゃんが寒い思いしないのが一番ってこと~。(さくらちゃんが機嫌良い方が僕もありがたいし…)

現行車のランドクルーザー200系も運転性や見晴らしがよさそうです。

2020年フルモデルチェンジ予想ランドクルーザー300系参考現行車内装画像‐2 2020年フルモデルチェンジ予想ランドクルーザー300系参考現行車内装画像‐3

引用:トヨタ公式HP

200系の室内は広々としています。300系では更に室内も広く確保できるようになるかもしれませんよ。

大きな荷物もしっかり広さも確保できます

2020年フルモデルチェンジ予想ランドクルーザー300系参考現行車内装画像‐4

引用:トヨタ公式HP

セカンドシートを折りたたんで、サードシートを跳ね上げれば、広々としたラゲージスペースが確保できます。

しかし、現行ランドクルーザー200系では、もう少し室内の高さがあったら…という声も見られます。ですので、新型ランドクルーザー300系では、もしかしたらその意見も取り入れられた高さになるかもしれませんね。

室内を4分割し温度設定

引用:トヨタ公式HP

源十郎
室内の場所を分けて温度設定できるなんて便利!パパは暑がり、ママは寒がりの場合もいいし、後部座席の設定を緩めにしておけば子供が知らず知らずのうちに冷え切ってるかもしれない…なんて心配しなくていいね~。

300系でもこんな機能が欲しいな…というのをあげてみました。200系もなかなかすごい機能満載ですね。

 

トヨタ新型ランドクルーザー300系フルモデルチェンジ!安全装備予想は…?

引用:トヨタ公式HP

予防安全はどうなる?

現行モデルのトヨタランドクルーザーには「トヨタ・セーフティーセンスP」が使用されています。

新型ランドクルーザー300系には、夜にも強い「最新のトヨタ・セーフティーセンス」が搭載されると予想します。

自動ブレーキの進化

自動ブレーキの機能では、歩行者検知昼間だけでなく夜も可能になったり、昼間であれば自転車の検知ができるようになるでしょう。

2020年フルモデルチェンジ予想新型ランドクルーザー300系安全装備の進化イメージ画像歩行者自転車

引用:トヨタ公式HP

さくら(妻)
夜の方が事故の被害が大きくなるって聞いたことがあるわ。
友人
それはそうよね、お互いに気が付くのが遅れるのは暗くて見えづらい夜の方だもん。
源十郎
自転車も、結構危ない走り方する人いるからな。

こういった危険を少しでも回避して、気持ちよく安心して乗ることができるようになると良いですよね!

車線はみ出し防止の進化

現行のランドクルーザー200系のように、万が一車線からはみ出しそうになった時、警告してくれるのもありがたいですが、慌ててハンドルを切るというのも何か起こってしまいそうで怖いですよね。

新型ランドクルーザー300系では、ハンドルの自動操作で車線からはみ出さないようにしてくれるようになると予想します。

2020年フルモデルチェンジ予想新型ランドクルーザー300系安全装備の進化イメージ画像車線はみ出し

引用:トヨタ公式HP

友人
万が一の時は、知らせてくれるだけでなく車線からはみ出さないところまで助けてくれるのね。
源十郎
この機能が発動するぐらいの運転しちゃってたら、休んだ方が良いよっていう合図にもなるかもね。

このように進化するだけじゃなく、今ある機能も更に精度が高くなるでしょう。

引用:トヨタ公式HP

隣の車線の後方をを走る車や、ドライバーの死角をレーダーで察知。ドアミラーに表示して教えてくれます。

さくら(妻)
やっぱり車線変更と死角が怖いもの。いつも乗り慣れないパパの車に乗ったら、見え方が違って怖いっていうママ達の声をよく聞くわ。
友人
これがあったら、少し安心して乗れるかもね。

これはランクル200系でもスゴイ機能ですね。ランドクルーザー300系が出ればもっと高性能になるんではないでしょうか。

衝突安全はどう進化?

引用:トヨタ公式HP

ここまでエアバックが装備してあると、衝突時の安全は全包囲から確保されていますよね。この装備の充実度も高級車の現れですね。

座席には3点のシートベルトを着用

引用:トヨタ公式HP

客席など全ての座席に3点式シートベルト&ヘッドレストを装備されているので、万が一の衝突時も衝撃を軽減できるようになっています。安全性が確保されていると安心ですよね。

歩行者の安全も確保できたボディ構造になっています

引用:トヨタ公式HP

ボディの前面が衝撃を吸収してくれる構造になっています。万が一の時には、ぶつかった相手への衝撃を緩和します。

源十郎
200系でもここまで綿密に設計されたボディ構造になっていたんだね。300系では更に進化するだろうな。

アーバンチームメイト(自動運転技術)の導入!?

トヨタは2013年頃から自動運転技術の走行テストを行ってきています。トヨタとしては、2020年までに一般道で自動運転技術アーバンチームメイト搭載の市販車導入を目指しているとも言われているので、ランクル300に自動運転技術が搭載される可能性も十分ありますね。

 

トヨタ新型ランドクルーザー300系フルモデルチェンジ!ラダーフレームはキープ?

ランドクルーザーはその頑丈さが強みですよね。

ラダーフレームは300系でも、もちろん採用されると予想します。

はしごのような作りで、ランクルの自慢のボディの強さや、荒れた道を走ったりする時の耐久性が良いのはこのフレームのおかげとも言えます。ですのでフルモデルチェンジ後の新型ランドクルーザー300系でもこの「ラダーフレーム」が使われると予想します。

新たに設計されて、より軽く、より強くなったラダーフレームが新型ランドクルーザーで初採用されるという噂もありますよ!

引用:トヨタ公式HP

ラダーフレームについての動画があります。よかったら参考にどうぞ。

 

トヨタ新型ランドクルーザー300系フルモデルチェンジ!燃費はこうなると予想!

ランドクルーザーが欲しいけど、燃費が…と思うこともありませんか?

ランドクルーザーは車体本体の重量が大きいので、燃費が悪くなるのは仕方ない所もあるのかもしれません。

しかし先ほどもお伝えしたように、新型ランドクルーザーにハイブリッド車やクリーンディーゼル車が導入されればもちろん燃費も向上するでしょう。

ガソリン車も、エンジンの改良で燃費が良くなると予想します。

 

まずは現在発売されているランドクルーザー200の燃費を確認しておきたいと思います。

引用:トヨタ公式HP

外観はカッコイイですが、この燃費はさすがに驚愕ですね。

源十郎
これは燃費向上してほしい~

では、どのくらいになるか予想してみます。

例えばレクサスLS500の燃費は、ハイブリッド車がガソリン車の約1.5倍になっています。

それが新型ランドクルーザー300系の燃費にも当てはまれば、ガソリン車燃費8㎞/Lハイブリッド車12㎞/Lくらいになるでしょう。

もしクリーンディーゼル搭載になった場合、際立った燃費向上は期待できないかもしれません。しかし、そこは世界のトヨタさんですから、まったく向上しないということはないでしょう。

ランドクルーザープラドのクリーンディーゼルやハイブリッドモデル燃費についても検証しました。良かったら参考にみてくださいね。

トヨタランドクルーザーにクリーンディーゼル登場!燃費は向上した!?

SUVの燃費をランキングで比較!人気の秘密はメリットにあり」ではSUVの燃費をランキング形式で比較しています。

源十郎
次期モデルランドクルーザー300系では、排ガスのクリーン化と燃費性能の向上も注目だね!

 

トヨタ新型ランドクルーザー300系フルモデルチェンジ!価格予想

2020年フルモデルチェンジ予想ランドクルーザー300系イメージ画像-7

引用:トヨタ公式HP

フルモデルチェンジといえば、値段が高くなるのか気になるところですよね。

ハイブリッド、もしくはクリーンディーゼルの搭載で現在のモデルよりも50万円ぐらい高くなり、500万~750万円前後で発売されると予想します。

現行のランドクルーザー200系の価格はこちらです。

参考:現行車ランドクルーザー200系価格画像

参考:現行車ランドクルーザー200系価格

引用:トヨタ公式HP

さくら(妻)
オプションをつけると700万円は軽く超えそうね。
源十郎
そうだね~。

下の方のグレードにしたとしても、600万円は超えしてしまいそうです。決して安くはありませんね。

しかし、最初の方でも触れましたが、売る時になっても高く売りやすいのがランドクルーザー

頑丈で長く乗れる車でもあります。

それに、好きな車で充実した休日や、気分のいい毎日を過ごせるとしたら、その価値はどうでしょうか。

トータルで見て、自分にとって最高の選択をしましょう!

 

とはいえ、少しでも出費は抑えたいものですね。

今すぐにできることに車の保険の見直しがありますよ!

簡単にチェックしたい方はこちらをどうぞ。

 

トヨタ新型ランドクルーザー300系フルモデルチェンジ!ネットでのリアルな声

2020年フルモデルチェンジ予想新型ランドクルーザー300系参考過去ランクル画像-4

引用:instagram

https://twitter.com/hiro_leon/status/1085527167470002176

新型ランドクルーザー300系の噂でみさなん盛り上がっています。

燃費向上や安全性など様々な課題もたくさんあると思いますが、きっと長年のランクルファンは楽しみで仕方ないのではないでしょうか。また、パリダカでの6連覇などを気にかける声もあって、皆さんのランクル愛が伝わってきますね。

一方で、好みじゃなくなるかも、なんて心配の声もあります。注目しているからこそ、こういった声があるのだと思いますので、早く真相が知りたいところですね!

さくら(妻)
待てば待つほど、期待が膨らんじゃいそうだわ~。

旅行の準備をしている時みたいに、みんなであれこれ言っている時間も楽しいですよね。新型ランドクルーザー300系の発売まで、そういった待ち方をするのもいいかもしれませんよ!

 

新型ランドクルーザー300系も楽しみ!でも歴代のランドクルーザーもかっこいい!

新型ランドクルーザー300系のフルモデルチェンジも楽しみですが、今までのランドクルーザーもかっこいいんですよね。少しおさらいしてみましょう。

トヨタランドクルーザーの歴史

2020年フルモデルチェンジ予想ランドクルーザー300系参考今までの歴史画像

引用:トヨタ公式HP

世界で最も知名度の高いクロスカントリー4WDの一つとも言われ、その歴史は既に50年以上。

一つの車名で継続的に生産されている日本製の自動車としては、63年を超える最も長い歴史をもっている

引用:Wikipedia

ランドクルーザーという車名は1954年6月から使用されているんですね。

20系(1955年-1960年)

View this post on Instagram

Land Cruiser 20

A post shared by (@mr.g_ken) on

源十郎
雰囲気があるな~。新しいのもいいけど、こっちの方が好きっていう人もいそう。

1955年8月ランドクルーザーは初のモデルチェンジを行い20系へと進化を遂げます。ホイールはショート(#J25や21等)はやや長めのミドル(#J28、24等)の2種類でスタートします。のちにロング(FJ35V)が追加されました。

参考までにショート2285mm、ミドル2430mm、ロング2650mmとなっています。

40系(1960年-1984年)

40系は1960年に登場します。1984年に70系へフルモデルチェンジされるまで24年間にわたって販売されます。超ロングセラーモデルとなっていたんですね。また現在でも根強い人気をほこっていて、FJクルーザーのデザインモチーフとなったことでも有名ですよね。

55、56型(1967年-1980年)

2020年フルモデルチェンジ予想新型ランドクルーザー300系参考過去ランクル画像_2

引用:instagram

ユニークなデザインになっていてすごくかわいい系ですよね。クラシックな印象さえ受けます。

クロスカントリー車という特殊な車なんですが、安全性では乗用車を上回る安全性があるんだとか。高出力と理想的な車両配分と抜群の高速性能などと当時の説明書には載っていたようです。

60系(1980年 – 1990年)

2020年フルモデルチェンジ予想新型ランドクルーザー300系参考過去ランクル画像-11

引用:instagram

1980年8月にステーションワゴン55型の後継車種として登場します。ランクル40系から脱却し、本格ステーションワゴンを目指したモデルだそうです。トヨタさんは完全に独立したモデルを作りたかったんでしょうね。

源十郎
外観デザインもステーションワゴン系になっているよね。

70系(1984年 – 2004年、2014年 – 2015年 )

1984年11月にベビー系が今までの40系の代わりのモデルとしてデビューします。1985年10月にはライト系がライトデューティー版派生種としてデビューしました。

80系(1989年 – 1997年)

2020年フルモデルチェンジ予想新型ランドクルーザー300系参考過去ランクル画像_3

引用:CARTUNE

1989年に80系は登場しますボディサイズも60系より一回りも大きくなって登場。販売先も北米やオーストラリア向けに開発されたモデルとなっています。

80系は今までのクロスカントリーのイメージを刷新。内外装を高級感溢れれる質感向上や装備の充実を行い、高級SUVへと進化した最初のモデルとなっています。個人的にはランクルの中で一番好きなのは80です。

こちらでもランクル80系の紹介をしています。

ランドクルーザー80ディーゼルエンジン仕様車の燃費と魅力

源十郎
これには驚き。トヨタさんすごいイメチェンにチャレンジしたんだね。

100系(1998年 – 2007年)

2020年フルモデルチェンジ予想新型ランドクルーザー300系参考過去ランクル画像_4

引用:CARTUNE

1998年に80系の後継車として100系が誕生します。100系ではタフネスさと高級車の要素をミックスさせたプレミアムSUVと更に進化を遂げたモデルとなっています。トヨタ自らも「トップオブSUV」と宣言し、トヨタSUVの最高峰として位置づけをしたモデルになっていたようです。

友人
トヨタが当時ランクルにかけていた意気込みが伝わってくるね。

ランクル「プラド」では150系後期の車種が現在すごく人気があるようです。こちらでも詳しくまとめました。

ランドクルーザープラド150系後期が大人気!理由は内装にあり!

200系(2007年 -)

2020年フルモデルチェンジ予想新型ランドクルーザー300系参考過去ランクル画像_5

引用:CARTUNE

2007年から現行モデルである200系は販売されています。既に11年も販売されてから経っています。200系は歴代のランドクルーザーを意識させつつ、更に高級感もUPさせていますね。

2008年には100か所以上で販売されています。グローバルな世界戦略も目標だったんでしょね。

さくら(妻)
200系では外観や内装もさらに充実させたのね。これは売れ続ける理由がわかるわね。

いままで歴代のランドクルーザーの歴史を見て来ましたが、とにかく1つのモデルが長く続いている印象があります。200系モデルもすでに10年以上。トヨタのモデルは長い間コンスタンスに売れ続けるので、フルモデルチェンジもなかなか行わないんでしょうね。

 

世界のランクル災害時や軍事用としても活躍中

源十郎
ランドクルーザーは災害時や軍事用としても活躍しているんだ。これはすごいぞランクル!!

 

ランドクルーザーは災害時など緊急時にとても役に立っています。首都高などでもわれパトロールなどでも使用されているようです。これはランクル大活躍ですね。

軍用車としてもランドクルーザーは活躍しています。世界中の至るところで、ランクルは認知されているんですね。

古いランドクルーザーもオーストラリアで活躍しています。ランドクルーザーは世界中で根強い人気を誇るのも納得です。

源十郎
新型ランドクルーザー300系の情報が今後どのように出てくるのか、期待しながら待とう!

 

ランドクルーザーと比較対象にされやすい車の一つが「ミニバン」です。そうそう、気になる!という方はこちらも参考にどうぞ。

新型アルファードの口コミ評価とマイナーチェンジ最新情報まとめ

三菱自動車デリカD2フルモデルチェンジ時期予想!2021年発売?

オデッセイ モデルチェンジは2020年!ライバルと比較しながら内容予測

 

まとめ

  • ランドクルーザーは2021年にフルモデルチェンジすると予想
  • ハイブリッド車かディーゼルエンジン車の発売が予想される
  • 新型ランドクルーザー300系の外観はRAV4に似ていると予想
  • 新型ランドクルーザー300系には「最新のトヨタセーフティーセンス」が搭載されると予想
  • 新型ランドクルーザー300系の価格は、50万前後値上がりし、500~750万円前後と予想

今回は新型ランドクルーザー300系のフルモデルチェンジの予想をして来ました。

現行車の発売から約14年、フルモデルチェンジもそう遠くはないでしょう。

フルモデルチェンジの正式な発表が楽しみですね!

当サイトでも最新情報が入り次第、随時追記していきます。

よろしければ、また再チェックしに来てみてくださいね!

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

[新登場]スマホで写真を撮るだけ??一瞬で高額査定!!電話営業一切なしで一括査定より速い!!あのDMMから新サービス!!

  • 一括査定よりも早く相場が知れる! 
  • 面倒な電話も無し! 
  • ササッとお車査定!

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください