型式で生産企業が変わった。スバル・ステラの歴史と車名の由来・意味

<目からウロコ特集>
はたして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】ベテラン営業マンのセールストークVSプロから学んだ心理交渉術

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)45秒で愛車の最高額がわかる!

スバル・ステラはSUBARU(旧・富士重工業)が2006年から販売する軽トールワゴンです。2019年現在の今から13年前に初代モデルが発表されたこともあり、車自体の歴史も長くなりました。
今回はステラの歴史や由来、車名に込められた意味について調べます。

 

スポンサードリンク

【スバル・ステラ】モデルチェンジで生産企業もチェンジ! 波乱万丈な歴史をたどる

さて、スバル・ステラの歴史についてまず申し上げますが、初代モデルは自社製、2代目以降はダイハツ工業製と、製造会社が変化した車です。

詳細は後述するとして、まずは名前の由来について聞いてみましょう。

車選びにはさまざまな要素がありますから簡単にいきませんよね。いろいろ比較してなるべく安く購入したい! そう思われたかたは以下をクリックしてみてください!↓

 

【スバル・ステラ】名前はイタリア語で「星」!

さて気になる由来についてですが、そもそも車名である「ステラ」はイタリア語で「」という意味からとられました。

さくら(妻)
見た目どおりにかわいい名前!
営業マン
なお、初代のカスタムモデルでありました”リベスタ”は「RE」+「VESTA」の造語です。

VESTA」は、太陽系の火星と木星の合間に数ある小惑星の一つです。他の小惑星に比較して格段に明るいため、ローマ神話に登場するかまどの神様、そして家庭の守護神である「ウェスタ」が由来です。ひときわ輝きを増したモデルなので「リベスタ」となったのですね。

源十郎
なるほど、「家庭の守護神」の名前をつけるっていうのは車のコンセプトと関係あるのかな?
営業マン
私見ですが、限りなく近いと思います。ステラのコンセプトについてもこれからお話しましょう。

View this post on Instagram

ステラちゃんin上ノ国♡ 10代の頃女の子は軽だ!って言う 豊さんの謎の概念のせいで 止むを得ず買った軽自動車(( °ω° )) キティちゃんのステアリングカバーも 豊かさんチョイス( Φ ω Φ ) わたしそんなに女の子じゃないよ(›´ω`‹ ) 就職で千葉に行って一旦降りて フォレスターに(*′艸`*) 母親が亡くなったタイミングで 北海道に戻ると決めたけど黙って 車両入替えたからバレぬよう急いで再度 ステラに入替え(´Д`|||) まだバレてない(*′艸`*) (まだバレてないから)10年も乗ってる からそろそろ好きなクルマに入替えて いいよ!って言われて 11月に降ります(( °ω° )) ナンバー555から380に変えた直後 今流行りのアクセルと ブレーキ踏み間違えでおじいちゃんに 無人でぶつけられてバンパー擦って ナンバー吹っ飛ばされたけど 潰す車両だから修理じゃなく 認定払い処理(( °ω° )) 止むを得ずこのままのつもりだった けど工場長と話してた流れてで 損傷部分来月塗ることに なりました・:*+.(( °ω° ))/.:+ 工場長ありがとう(*´ω`*) 次の車両も塗ろうって言われたけど 絶対キャンディーフレークは しないからね((( ;゚Д゚))))))) ずっと豊さんに言いたいと思ってたけど 軽自動車の方が死ぬからね _(:3 」∠ )_ #スバルステラ #スバル女子 #生涯スバル車 #もう一生ピンクなんて買わない #ほんとはずっと北見ナンバーがいい #工場長お願いします #3キャンのウーロンハイもよろしくね #恐怖のfateゲーム #勇者まいな

A post shared by マイナ (@carol__neko) on

源十郎
かわいい外見のステラだけど、どんな歴史をたどったのかな? 営業マンさん、詳しく教えてください!

車選びにはさまざまな要素がありますから簡単にいきませんよね。いろいろ比較してなるべく安く購入したい! そう思われたかたは以下をクリックしてみてください!↓

 

スポンサードリンク

【スバル・ステラ】の歴史・自社生産時代(200611

もともとがスバルの軽自動車である「プレオ」の後継車的な存在として発売された「ステラ」は、同社が従来もっていた考え方である走行性やプレミア感を重視した路線から、メインターゲットを女性にシフトチェンジした車として知られています。

1000名以上の女性客からアンケートをとって、乗り心地の向上に努めました。そして、「ベビーカーの乗せやすさ」「後席への乗りやすさ」「チャイルドシートへの乗せやすさ」「後席赤ちゃんへのアクセス」など、特に育児において大切な部分に重点をおいて開発された背景があります。

営業マン
家族そろって「楽しい関係空間」をコンセプトとし、広い室内空間を実現したという背景があります。

同時に衝突安全性と実燃費の向上も図られ、NASVA(自動車事故対策機構)の衝突安全性総合評価では運転席5助手席6の評価を獲得し、安心感を強調しました。

また、20085月発売の特別仕様車にてJC08モード走行燃費を採用しています。NA2WD車で21.0km/L(JC08モード)を実現し、平成27年度燃費基準をガソリン車として初めて達成しました。

源十郎
どんなラインナップでスタートしたんだろう?

初代 RN系

2006年発売開始当初は標準モデル(LLX)カスタム(RRS)2系統でスタート。その後に前述の「リベスタ」が加わり、20113月の段階では標準モデル(LLS)、カスタム(RR LimitedRS)、リベスタ(-S)3系統となりました。

車選びにはさまざまな要素がありますから簡単にいきませんよね。いろいろ比較してなるべく安く購入したい! そう思われたかたは以下をクリックしてみてください!↓

 

【スバル・ステラ】の歴史・ダイハツ工業生産時代(2011142015~ )

2011年以降の2代目からステラは大きく変化しました。初代発売以来、5年間続けてきたスバルでの自社生産をとりやめたのです。

そしてステラは、トヨタ自動車・ダイハツ工業(以下ダイハツ)との業務提携強化の一環として、ダイハツ・ムーヴ(5代目)を土台としてバッジエンジニアリング(OEM)供給を受けるモデル展開を実施する車として位置付けられました。

2代目 LA100/110系(2011-2014年)

ベース車のムーヴを土台とした2代目は、ノーマルタイプ「ステラ」、スポーツタイプ「ステラカスタム」との2タイプで再発進しました。また、初代に特別モデルとして設定したリベスタは廃止しました。

営業マン
こちら2代目がダイハツ・ムーヴ同様、横開き式バックドアを採用した最後の軽トールワゴンとなります。

3代目 LA150/160系(2014

2014年から仕様が再度変更となります。2代目に続きムーヴを土台としてOEM供給を受けるモデルで、ベース車であるムーヴの代変わりに合わせてステラ3代目へフルモデルチェンジしました。

ラインナップはノーマルタイプの「ステラ」とスポーツタイプの「ステラカスタム」でこちらも2種類です。2代目と同じ展開ですね。

営業マン
バックドアは2代目の横開き式から、初代と同じ跳ね上げ式に戻されました。

営業マンさんの言う通り、装備内容は2代目とは異なります。なぜなら6代目ムーヴと基本的な装備内容を共通化したからです。こうして、ムーヴとステラは車両本体価格の価格差もなく、同一価格となりました。ある意味で独自性が失われた、と言っても差し支えないでしょう。

源十郎
なるほど、だから先ほどのツイートのようにステラ初代の装備や外見にこだわるオーナーも多いのか……

さくら(妻)
でも、内面も変わったんだから、安全性は増しているはずだよ!

そう、安全性など構造上はレベルアップしています。詳しくは今後の記事更新をお待ちください。

車選びにはさまざまな要素がありますから簡単にいきませんよね。いろいろ比較してなるべく安く購入したい! そう思われたかたは以下をクリックしてみてください!↓

 

スポンサードリンク

まとめ

  • 「ステラ」はイタリア語で「星」という意味!
  • 初代カスタムモデルである「リベスタ」も星にちなんだ命名だった
  • 初代は2006年に発売、女性の意見から聞いた安全性に特化した車として開発
  • 2011年の2代目モデルからスバル自社製からダイハツ製へ
  • ステラ2代目モデルは横開き式バックドアを採用した最後の軽トールワゴンに
  • 2014年よりダイハツ・ムーヴの6代目フルモデルチェンジに合わせて3代目にフルモデルチェンジ

 

以上、ステラの意味・由来、そして歴史をみてきました。ダイハツとの業務提携強化の一環で同一視されながらも、一部口コミによると「ム●ヴより乗りやすい!」との意見も。見た目はステラのほうが僕は好きですね!

最後までお読みいただきありがとうございます! 今後ともスバル・ステラの記事は充実していく予定です。よろしくおねがいします!

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

[新登場]スマホで写真を撮るだけ??一瞬で高額査定!!電話営業一切なしで一括査定より速い!!あのDMMから新サービス!!

  • 一括査定よりも早く相場が知れる! 
  • 面倒な電話も無し! 
  • ササッとお車査定!

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください