トヨタ・ヴァンガードの内装チェック! カスタムしてみよう!

<目からウロコ特集>
はたして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】ベテラン営業マンのセールストークVSプロから学んだ心理交渉術

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)45秒で愛車の最高額がわかる!

トヨタ・ヴァンガードは、2013年に惜しまれつつ販売終了した高級クロスオーバーSUVです。「アクティブ&ラグジュアリー」をコンセプトに開発されました。

高級感あるルックスだけではなく、高い機能性や安全性を持ち、多くのファンを獲得しています。残念ながら1代限りとなってしまいましたが、中古車市場でも人気の高い車として知られています。

今回はヴァンガードの内装カスタム改造について調べました。

 

スポンサードリンク

【トヨタ・ヴァンガード】カスタムの可能性は? そもそもどんな車?

引用:トヨタHP

上記画像は当時のカタログ情報で、240SSパッケージ(7人乗り・2WD)。内装色はダークグレー。ナビゲーションシステムは販売店装着オプションです。

「高級クロスオーバーSUV」をコンセプトに開発された「ヴァンガード」は、従来からの考えである豪華な装飾のみを施して高級さを求めるやりかたではなく、「質」・「機能」・「装備」を高めて高級感を訴求した車種でもありました。

結論から申し上げますと、やはりSUVという特性上、アウトドアや長旅などに役立つ内装カスタムを考慮してアイテム選びをしたほうがいいと思います!

さて、「ヴァンガード」の内装について詳しくは着目していく前に、そもそもどんな車なのでしょうか? 各グレードの違いを確認しましょう!

ヴァンガードのグレードは?
  • 240S・Gパッケージ(2.4L・FFモデル)
  • 240S・Sパッケージ(2.4L・FFモデル)
  • 240S・Gパッケージ(2.4L・4輪駆動モデル)
  • 240S・Sパッケージ(2.4L・4輪駆動モデル)
  • 350S・Gパッケージ(3.5L・4輪駆動モデル)
友人
他のトヨタの車種を見る限り、「G」は上級グレード、「S」はスポーツモデルみたい。
源十郎
ヴァンガードについてもその前提は変わらないようだね。
営業マン
ちなみに「FFモデル」のFFについては”フロントエンジン・フロントドライブ”の略でして、別名で前輪駆動と呼ばれます。エンジンの出力を後輪に伝えるドライブシャフトを設ける必要がありませんので、室内空間を広くしやすいのがメリットです。

詳しい歴史や人気グレードについてはこちらの記事をごらんください。

トヨタヴァンガードの意味・由来とは?6年間の歴史も詳しく紹介!

ヴァンガードおすすめ人気グレードまとめ

 

車は高い買い物ですし、いろいろ比較してなるべく安く購入したいですよね。もしよかったら以下をどうぞ!↓

 

【トヨタ・ヴァンガード】まずスタンダードの内装は?

カスタムを始める前にタンダードな内装はどんなものか確認してみましょう。広さや取り付け幅などを知り、理解を深めることで、より居心地の良いインテリアへカスタマイズできるヒントが見つかるかもしれません。

引用:トヨタHP

7人乗りのシート機能は、「サードシート5:5分割床下格納機構」を搭載。サードシート背面に2つのストラップを設置しているそうです。

営業マン
リクライニングストラップで背もたれを前方に倒し、次にスライドストラップを引けばシートを床下に格納できます。カンタン操作でフラットなラゲッジスペースを確保できるほか、5:5分割可動式の強みから左右別々にシートが格納できるのも強みです。

また、「セカンドシートウォークイン機構」を装備。セカンドシートに設置されたレバーを引くだけで背もたれが倒れ、シートが前方にスライド。ワンモーションの操作でスムーズにサードシートへ乗り込めます。

引用:トヨタHP

こちらの画像は240SGパッケージ(5人乗り・2WD)。この内装色のサンドベージュは注文時に指定が必要な設定色でした。

営業マン
5人乗りのシート機能の旨味は「セカンドシートチルトダウン機構」です。ラゲージルームにある遠隔操作レバーを引くだけで、自動的にセカンドシートがチルトダウンし、ラゲージスペースを確保します。

源十郎
なるほど! ありがとうございます!
さくら(妻)
細かいところも教えてもらおう!

インテリアパネル・コックピット部分

引用:トヨタHP

営業マン
ヴァンガードはエレガントさをひきたたせる以下の装備があります。
Elegant Quality
  • 本革巻き3本スポークスステアリングホイール 本革ステアリングを全車に標準装備。
  • グレーメタリック調加飾(内装色:ダークグレー) インテリアにクールな装いを加えるグレーメタリック調加飾。
  • ブロンズ調加飾(内装色:サンドベージュ)室内を落ち着きのある空間にするブロンズ調加飾。
  • 車名ロゴ入りドアスカッフプレート(ステンレス製)240SSパッケージ、240SGパッケージに標準装備

シート

引用:トヨタHP

引用:トヨタHP

ドレスアップラグジュアリーとして、画像上の「本革シート(ブラック)」、また木目調の艶やかな輝きが、インテリアの上質感を引き立てる「木目調ドアスイッチベース・木目調シフトノブ」を、240SGパッケージにセットでメーカーオプションにすることができました。※本革シートのシート・ヘッドレストの一部には合成皮革を使用。

240SGパッケージに標準装備されている「本革+アルカンターラ(R)シート」ではドライバーの体を優しく受け止めるシートは高級ソファのような座り心地をもたらすとしています。※シート・ヘッドレストの一部には合成皮革を使用。

源十郎
アルカンターラってそういえばよく聞くけど?
営業マン
そもそもはヨーロッパを拠点としてインテリア・ファッション業界から高い評価を受けた企業アルカンターラ社、および同社の製品を示します。アルカンターラ(R)は同社の登録商標です。柔らかく繊細な肌触りや乗車するかたを優しく包み込むホールド性に優れています。
源十郎
季節を通じて快適さを約束する通気性と透湿性といった特長があり、高級ソファのようなくつろぎを演出するところも魅力なんですね。
営業マン
このほか、240SSパッケージ、240Sに標準装備されております「ファブリックシート」は快適な座り心地で、ドライビングを心ゆくまで楽しめる装備となっております。

このほか、シート部分の見所をまとめます。

引用:トヨタHP

マルチアジャスタブルパワーシート(運転席8ウェイ・助手席4ウェイ)

運転席に8ウェイパワーシートと電動ランバーサポートを採用し、スイッチひとつで最適なシートポジションへの調整が可能。また、助手席には4ウエイパワーシートを設定。240SGパッケージに標準装備

フロントシートヒーター

お尻から背中までを心地よく温めるシートヒーターをクッション面とシートバックに採用。240SGパッケージに標準装備

セカンドシート(リクライニング&シートスライド機構)

乗車する人ひとりひとりの姿勢に合わせたきめ細やかな調整が可能。

乗り心地についてはこちらの記事もご覧ください!

反則級の乗り心地?トヨタ、ヴァンガードの乗り心地を簡単解説!

収納スペース

引用:トヨタHP

続いて、荷物をのせるスペースであるヴァンガードのラゲージルームについて調べました。

引用:トヨタHP

トノカバー

車外からラゲージルームの手荷物が見えてしまうのをスマートに防止。ロリ外しが可能で、デッキボード下に収納できる。(5人乗りに標準装備。7人乗りは販売店装着オプションにて選択)

ユーティリティネット

手荷物の仕切りや荷崩れ軽減に効果的な多目的ネット。デッキボード下へ収納が可能(5人乗りに標準装備)

デッキボード&デッキアンダートレイ

手荷物のサイズに合わせた効率的な収納が可能。また、2つ折りのデッキボードにより楽に手荷物を取り出せる(5人乗りに標準装備)

床下収納スペース

サードシート使用時にも十分な収納スペースを確保(7人乗りに標準装備)。※サードシート床下格納時には使用不可。

デッキフック

フックにロープやネットをかけて、積荷の傾きや動きを抑える。

横開き式バックドア

小さな手荷物ならバックドアを全開にしなくても出し入れが可能。車両後方に余裕のない場所で役立つ。

営業マン
このほか、こんなにモノを載せることができます!

引用:トヨタHP引用:トヨタHP

さくら(妻)
さすがSUV、たくさんの荷物を詰め込めるみたいだね!
源十郎
趣味のギターも軽々つめちゃうな、ワクワクする!
友人
まとめると、内装の標準色はダークグレーとサンドベージュの2種類。そして大容量の車内空間設計が魅力の車と言えるようだね。

車は高い買い物ですし、いろいろ比較してなるべく安く購入したいですよね。もしよかったら以下をどうぞ!↓

 

スポンサードリンク

【トヨタ・ヴァンガード】安心の純正品を交えたカスタム方法のご紹介!

さて、前述したようにヴァンガードは現在生産されておらず、中古車市場で流通しています。ですので注文時に装備を選ぶことはできませんが、そのぶん入手してから手を加える楽しさも見いだせるでしょう。

友人
すっごい攻めてる人もいるんだね!
さくら(妻)
冒険してみるのもいいけど、やっぱり安心感があるのはトヨタ・ヴァンガード用に作られた純正品!
源十郎
そうだね。純正アイテムを軸に内装の改造ができるアイテムをいろいろ調べてみたよ!

センターパネル

純正品のセンターパネルを使ってカスタムすると、何と言ってもヴァンガード特有の高級感が増します。

源十郎
やっぱり乗っていて「俺カッコいい」って陶酔できる空間作りって大切だよね!
友人
出た、ナルシスト。でもそういうの全然きらいじゃないよ!
さくら(妻)
自己肯定感たかめて行こうな!
源十郎
泣笑

フロアマット

車内の清潔感を保つためにもフロアマットは気にするべき。なぜなら足元は車の中で一番汚れやすいからです。

さくら(妻)
ほかのところが掃除されててもマットが汚れてたらざんねん、ってなるよね……

手軽に交換もできて車内の印象に大きく左右するアイテムであるのは間違いありません。

シートカバー

車に乗るたびにシートの汚れや擦れは蓄積されていきます。そんな問題を防ぐためにもシートカバーをつけておくとよいでしょう。純正品ですと車内もともとの雰囲気と合うのでオススメです。

源十郎
ほかにもカラーバリエーションでこういうのもあるみたいだよ!

シフトノブ

ギアノブ部分は、ハンドルと同じく「メカを操作している」という少年マンガ、あるいはハードボイルド映画の主人公気分を際立たせてくれるパーツなのではないでしょうか。カッコいいのに変えてみたい気持ち、ありますよね!

友人
実際に手に触れる部分だし、誤動作が起こるといけないから純正品がいいかもだね!

LED充電用USBポート

長旅のお供となる充電用の装備を充実させるのも忘れてはいけません。特にこちらのアイテムはLEDが付いており、暗くなってからも手元での操作の不安を和らげてくれます。

 

スカッフプレート

源十郎
「スカッフプレート」って、単体だとあまり聞かない部分ですよね?
営業マン
車のドアが閉まっている状態で、ドアの真下にあるボディ部分(サイドシル)の上に取り付ける、主に金属製のプレート(板)のことです。車への乗降時に靴などが当たる際の衝撃、擦り傷からボディやボディの塗装を守ってくれますよ。
源十郎
大切に乗っていくためにもあるといい装備ですね!

ラゲッジマット

日常やレジャー、アウトドアで様々なモノが積まれるラゲッジスペースですが、特にSUVであるヴァンガードですと使われる機会も多いと思われます。

営業マン
損傷を避けるためにも、防護用としてあったほうがよいでしょう!

アウトドアカスタム

源十郎
家族構成や生活スタイルによって、街乗りかアウトドアか別れるところだろうし……。そこを踏まえてマットを選ぶのも大切だね!

車は高い買い物ですし、いろいろ比較してなるべく安く購入したいですよね。もしよかったら以下をどうぞ!↓

 

まとめ

  • ヴァンガードのグレードはおおまかに5種類
  • エレガントに高級感あふれる内装が特徴
  • ヴァンガードの内装の標準色はダークグレーとサンドベージュの2種類
  • エレガントさと大容量の車内空間設計が魅力なので、それを活かしたカスタマイズが望ましい

調べていくにつれて、トヨタ・ヴァンガードの人気について、特に内装面についての憧れの口コミも多くみられました。私としては車の特性を活かした、高級感あふれる方面のカスタムをオススメします!

ヴァンガードに関する他記事も多くありますので、良かったらお読みください!

トヨタヴァンガードの人気カラーはなんだ??調べてみました!!

ヴァンガード 口コミ、評価どうなの?徹底的にまとめた!

ヴァンガードのタイヤサイズはいくつ?おすすめタイヤも紹介!

トヨタ ヴァンガードの納期と納車は?早くすることは可能か?

これさえ読めば丸わかり!ヴァンガードのサイズってどれくらい?

ヴァンガードのカタログ燃費と実燃費ってどれくらい?評価も解説付!

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

[新登場]スマホで写真を撮るだけ??一瞬で高額査定!!電話営業一切なしで一括査定より速い!!あのDMMから新サービス!!

  • 一括査定よりも早く相場が知れる! 
  • 面倒な電話も無し! 
  • ササッとお車査定!

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください