インプレッサG4グレードの違い解説とおすすめがまさかの最廉価版な理由

<目からウロコ特集>
はたして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】ベテラン営業マンのセールストークVSプロから学んだ心理交渉術

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)45秒で愛車の最高額がわかる!

インプレッサG4は技術で勝負するスバルが産んだスタンダードセダンですよね。そんなG4を選ぶあなたは、クルマに「移動の足」としての機能以外の何かを求めているのではないでしょうか?

クルマ本来の楽しみを与えてくれるスバルのセダン、G4のグレード選びをお手伝いします。きっとあなたにふさわしいインプレッサG4に出会えるでしょう。

 

スポンサードリンク

【スバルインプレッサG4】イチ押しはまさかの最低グレード1.6i-L EyeSight

引用:スバル公式HP

イチ押しグレード
最安グレードの「1.6i-L EyeSight(アイサイト)」(FF)¥198万(消費税10%込)
友人
え? 一番安いグレードが一番おすすめなの? しかもスバルといえばAWD(4WDのこと)が特徴なのにFF(前輪駆動のこと)をすすめるの? スバルファンが怒って炎上しちゃうよ?
源十郎
ははは。よく知ってるね。でも、インプレッサG4に限っては最安グレード、しかもFF(前輪駆動)が僕的には正解なんだよ。

その理由は、運転しやすくて燃費がよく、安全機能は上級グレード並み、つまり、インプレッサG4の中でコスパが最高だからです。それでは、インプレッサG4の全3グレードと比べながら1.6i-L アイサイトの良さを確認しましょう。

 

【スバルインプレッサG4】に用意された3つのグレード

引用:スバル公式HP

インプレッサG4には3つのグレードが用意されていて、排気量と装備の豪華さで分かれています

源十郎
下の表をさらっと眺めた後でそれぞれのグレードを見ると分かりやすいよ。
メモ(駆動方式)
  • FF:前輪駆動の意味で、4つのタイヤのうち前の左右2つのタイヤが回転して前へ進む
  • AWD:全てのタイヤ(All Wheel)が回転して前へ進む方式で、一般的には4WD(四輪駆動)と言われる
さくら(妻)
同じインプレッサG4でも、いちばん安いのといちばん高いのだと約70万円も差があるのね。

さあ、価格差に見合うだけの価値はあるでしょうか? それぞれのグレードごとに特徴を見て行きましょう。

コストパフォーマンスに最も優れた1.6

今回のベストチョイスとしておすすめするのがこのグレード。インプレッサG4に用意された3グレードの中で唯一の排気量1,600ccエンジンを採用したモデルです。この、1,600ccエンジン搭載がこのモデル最大の特徴であり、ベストコストパフォーマンスを発揮する要因になっているのです。

引用:スバル公式HP

必要にして十分な運動性能と安全機能

インプレッサG4 1.6i-Lアイサイトのエンジンは、他のグレードに搭載された2,000ccエンジンと比べるとパワーが小さいことは否めません。ただ、2,000ccでないと満足に走行できないというシチュエーションは、この日本国内に無いと言っても過言ではないでしょう。

さくら(妻)
つまり、1.6i-Lでもパワー的にはじゅうぶん満足できるってことね。

さらに、スバルは最低グレードだからと言って安全装備に手を抜きません。上位グレードと同じ頑丈な車体と衝突防止機能アイサイトを採用して、上級グレードと同等の安全性能を実現しています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Botamochi G4さん(@botamochi795)がシェアした投稿

全グレード中最もリーズナブルで経済的

1.6i-Lアイサイトの最も優れた点は、必要かつ十分な装備を備えながら、全グレード中で車両本体価格が一番安いことです。実用性とは無関係な装飾を可能な限り断捨離したことで、「質実剛健」といったフレーズがぴったりの、まさしくスバリスト好みの1台に仕上がってます。

メモ
スバリストとは、スバル社独特の経歴や独創的なメカニズムに惹かれたスバルファンを指す。
さくら(妻)
無駄に着飾ることなく、それでいてセダンの嗜(たしな)みを忘れないなんて、素敵ね。

ゆとりのオールラウンダー2.0L

次に紹介する2.0i-Lは、ベーシックグレード1.6の排気量大型化バージョンです。ベーシックグレード1.6が排気量1,600ccに対して、2.0i-Lは2,000ccの設定となっています。

引用:スバル公式HP

2.0i-Lは、クルマの性能としても装備面でも最もバランスの取れたグレードと言えるでしょう。2,000ccの排気量は、普段の運転ではもちろん、山道の登坂車線で遅いクルマを追い越す時など、パワーが欲しい場面でもストレスなく加速してくれます。

引用:チューリヒ保険会社公式HP

源十郎
荷物を積んだトラックなど、スピードが乗らないクルマを追い越す区間だね。

また、SI-DRIVEシステム装着やフロントガラスが遮音タイプになるなど、1.6には無い機能を装備しているのもポイント。

SI-DRIVEシステム
走行状況に合わせてエンジン出力を適した状態に調整してくれる装置のこと

引用:スバル公式HP

源十郎
あと、パーツへのステッチや加飾など、高級感を演出する意匠も加えられてるよ。

この2.0i-Lグレードは、せっかくだから豪華な装備も楽しんでゆとりを感じたい人向けだと言えるでしょう。

スポーツ走行もOK! 最上級2.0S

このグレードは、先ほど紹介した2.0i-Lにスポーティーさを加えたモデルで、インプレッサG4の最上級グレードです。

引用:スバル公式HP

スポーツグレードの名を冠するとおり、高性能のタイヤやブレーキなどを装備して、スポーツ走行を楽しめる味付けが与えられています。また、外観も他のグレードに比べてスポーツ色が濃いデザインにカスタムされていて、躍動感あふれるスタイリッシュなエクステリアに。

2.0i-Sだけの装備
  • 高性能タイヤ(225/40R18)
  • 高性能ブレーキ(フロント16インチ2ポッド)
  • アルミパッド付きスポーツペダル
  • 外観加飾1(サイドシルスポイラー)
  • 外観加飾2(光輝ウインドゥモール)
  • カーブ性能向上システム(アクティブ・トルク・ベクタリング)

↓ スポーティさを演出するサイドシルスポイラー

引用:スバル公式HP

↓ 安定したコーナリングを可能にするアクティブ・トルク・ベクタリング

引用:スバル公式HP

↓ いろんなカスタム車の画像もよければどうぞ。

源十郎
見た目、走行性能、安全性能が最も優れた、さすが最高級グレードだね。

このグレードは、とにかくキビキビ走りたい。そのためのコストアップは当然。と思えるポーツ走行派にふさわしいでしょう。

↓ スポーツ走行がとことん楽しめるスバルWRX STI の記事も合わせてどうぞ

公道最速?!WRX STIは勝つために生まれた?意味と歴史を紹介

 

スポンサードリンク

【スバルインプレッサG4】全3グレードの共通点と相違点

引用:スバル公式HP

インプレッサG4全グレードの主な共通点

インプレッサG4に共通する特徴は、その卓越した安全性能にあります。新開発のプラットフォームと先進的な運転支援装備「アイサイト」によって、ドライバーをしっかりサポート。突然の危険回避を助けてくれる、頼もしい相棒です。

しっかり強い衝突安全ボディ

インプレッサG4には、新開発されたプラットフォーム“SUBARU GLOBAL PLATFORM(SGP)”がスバル車で初めて採用されました。これにより、今までのモデルの2倍近い頑丈さを実現しています。

源十郎
頑丈なプラットフォームは安全性だけじゃなく、乗り心地やハンドリング性能アップにも役に立ってるよ。

↓ スバルの新開発プラットフォームはこんなに頑丈

衝突防止機能アイサイト

今や衝突防止機能の代名詞とも言えるくらい有名なアイサイト。実は、作っているのはスバルだったんです。そして、アイサイトの登場によって、追突事故が84%も減ったんです。

引用:スバル公式HP

さくら(妻)
これ欲しい! 絶対!
源十郎
この機能は「百聞は一見にしかず」。動画で見るのが一番わかりやすいね。

↓ アイサイトの「ぶつからない」すごさをたっぷりご覧ください

友人
でも、アイサイトはあくまで「支援」。運転の最終責任はドライバーにあることは忘れないようにね。

アイサイトは衝突防止の他にも、いろんなうれしい機能が備わってます。

引用:スバル公式HP

アイサイトのうれしい機能
  • ぶつからない
  • 疲れない
  • ヒヤリを減らす
  • 死角を減らす
源十郎
これも動画を見た方が100倍分かりやすいね。

↓ アイサイトの「疲れない」

↓ アイサイトの「ヒヤリを減らす」

↓ アイサイトの「死角を減らす」

引用:スバル公式HP

さくら(妻)
アイサイトって、「ぶつからない」機能だと思ってたけど、疲れない運転にも役立ってくれてるのね。ほんと優秀。

スバルはちょっと変わったメーカーで、「質実剛健」「機能重視」といった言葉がよく似合うカラーなんですが、この2つの機能がそれをよく表していると言えます。

源十郎
そのためか、ちょっと商売下手なところが残念なんだよね。もっと上手にアピールすればもっと売れるのに。ってスバルファンが言ってました(笑)。
さくら(妻)
あら、そんな不器用な誠実さも魅力のひとつじゃない。源十郎さんと一緒で。
友人
はいごちそうさま。

インプレッサG4各グレードの主な相違点

安全性能はどのグレードも共通して充実していることが分かりましたが、グレード別に違うところも見てみましょう。違いが分かると、あなたにぴったりのG4がより見つけやすくなりますね。

本体価格の違い

当然と言えば当然ですが、グレードによって車両本体価格が違います。

源十郎
性能アップが価格に反映するのは当然だけど、自分に不要な機能にお金をかける必要もないよね。
さくら(妻)
自分にぴったりのグレードを見つけるのが賢いユーザーってことね。

燃費の違い

グレードや駆動方式によって、燃費も変わってきます。

さくら(妻)
同じ駆動方式だと、グレードが高くなるほど燃費が悪くなるのね。どうしてかしら?
源十郎
装備がいろいろ付くから重くなって燃費が落ちるんだよ。あと、AWDはFFより燃費が悪くなるよ。このへんもグレード選びで注意したいところだね。
メモ
燃費が良いのは、ハイグレードよりローグレード、AWDよりFF

装備の違い

グレードごとに細かな違いはありますが、日常ユースで感じる大きな相違点は次のとおりです。

グレードによる主な違い
  • 排気量が1,600ccと2,000cc
  • 足回り(タイヤサイズなど)が各グレードごとに違う
  • LEDヘッドライト標準装備は2.0i-S(最上級グレード)だけ
  • クリアビューパック標準装備は2.0i-S(最上級グレード)だけ
  • キーレスシステム標準装備は2.0だけ(1.6には無い)
  • 本革巻きハンドル標準装備は2.0だけ(1.6には無い)

↓ クリアビューパックで悪条件下でも視界を確保

引用:スバル公式HP

さくら(妻)
排気量とかタイヤとかはあまりこだわらないけど、いまどきキーレスじゃないのはちょっと。1.6グレード最大のデメリットかしら。
源十郎
キーレスエントリーシステムはオプションで用意されてるし、今でも標準装備じゃない車種やグレードはふつうにあるから、1.6i-Lが特段劣っているというわけじゃないよ。

さあ、3グレードの特徴が出揃いました。本当におすすめはやはりあのグレードでしょうか?

 

【スバルインプレッサG4】1.6i-Lアイサイトがイチ押しな理由

引用:スバル公式HP

この1.6i-Lの良いところは最初で言ったとおり、いちばんコスパが良くてお買い得な点です。

1.6i-Lがお買い得な理由
  • 全グレードでいちばん安い
  • 全グレードで燃費が最も良い
  • 他のグレードより安くて乗り心地がいいタイヤを装着
  • 他のグレードに比べて素直な運転性能
  • 上級グレード設定の様々な機能も装備

全てのグレードの中で最も安くて経済性トップ

1.6i-LはインプレッサG4で唯一、排気量が1,600ccです。他グレードの2,000ccと比べると400ccのダウンサイジング。この小排気量化が様々な面でメリットを生み出す秘密になっているんです。そのひとつが車両本体価格。1.6i-Lの2WD(FF=前輪駆動)は、インプレッサG4を最も安い価格で楽しむことができます。

↓ 1.6(一番左)だけ200万円を切る198万円で、2.0i-S AWDより68.2万円安い

さくら(妻)
でも、いちばん安いのは一番低いグレードだからでしょ? 安さだけ重視して性能や装備をあきらめるのはイヤだな・・・
源十郎
ふふふ。ところが、インプレッサG4に限ってはそうじゃないんだよ。満足できるのは、運転のしやすさや快適装備だけじゃない高コスパなのさ。

全てのグレードの中で燃費性能が最も優秀

1.6i-Lの特筆すべき性能に燃費の良さが挙げられます。軽量な小型エンジンとボディの優位性をフルに発揮した、G4モデル中ナンバーワンの燃費性能財布に優しい、うれしい性能と言えるでしょう。

↓ 1.6はG4で最も燃費性能が良い

排気量2,000ccの2.0i-Sアイサイトと比べると2.4km/L(15%)も燃費性能が優秀で、航続距離だと120kmもの差がつくことに。

さくら(妻)
同じガソリン満タンで120kmも走れる距離に差があるなんて、お財布にも優しくて助かるわね。

乗り心地が良くてリーズナブルなタイヤを装着

1.6i-Lアイサイトに装着されるタイヤはサイズが205/55Rの16インチで、他グレードに比べてタイヤのサイド部分が厚くなっています。タイヤのサイドが厚いとゴムがクッションとなり、乗り心地が良くなる効果が発揮されます

引用:スバル公式HP

友人
逆に、タイヤのサイドが薄いほどスポーツ走行に向いてるよ。
源十郎
下の画像でわかるかな? 1.6i-Lアイサイトのタイヤが一番サイドが厚いね。

引用:スバル公式HP

さらに、同じサイズのタイヤなら、一般的にサイドが厚い方が価格が安いというメリットもあります。

源十郎
つまり、1.6i-Lアイサイトに付いてるタイヤは他のグレードのタイヤに比べて安くて乗り心地がいいってことだよ。

タイヤのサイドの厚みを「扁平率(へんぺいりつ)」と言って、この数字が小さいほどスポーツ走行に適しています。また、タイヤのサイドを薄く作るには高い技術が必要なので、タイヤはサイドが薄いほど高価になります。

タイヤの扁平率の関係
  • 扁平率が高い(サイドが厚い)ほどゆったり系で、乗り心地が良くなる
  • 扁平率が低い(サイドが薄い)ほどキビキビ系で、スポーツ走行向き

必要にして十分なパワーで運転しやすい素直なハンドリング

エンジンは排気量が大きいほど力が強く、坂道や追い越しなどでも余裕を感じることができますが、その反面、燃費は悪くなるなど一長一短。

法定速度を大きく上回るような高速度や、レースみたいに急な加減速をすることなく普通に走る限り、1.6i-Lに搭載された1,600ccエンジンに物足りなさを感じることは無いでしょう。

そして、そんなエンジンによくマッチしたタイヤと相まって、素直なハンドリングと落ち着いた乗り心地を堪能することができます。優雅なセダンタイプのG4の良さは、ゆったりとしたロングドライブを楽しめる基本性能の高さにあると言えるでしょう。

上級グレード並みの安全性能

さらに、1.6i-LアイサイトはインプレッサG4全車標準装備のメリットを受けて、頑丈な車体(プラットフォーム)と衝突防止システム「アイサイト」を身にまとい、安全性能も十分備わっています。

源十郎
もう一度1.6i-Lが他のグレードより優れた点を確認してみるよ。
1.6i-Lが優れているポイント
  • 全グレードで車両本体価格がいちばん安い
  • 全グレードで燃費がいちばん良い
  • 他のグレードより安くて乗り心地がいいタイヤを装着
  • 他のグレードに比べて素直な運転性能
  • 上級グレード設定の様々な機能も装備

求めているのがあくまでもセダンとしての性能なら、排気量やオーバースペックに惑わされることなく1.6i-Lアイサイトを選ぶのが、本当のクルマを理解する「通の選択」と言えるでしょう。

車をみんなより安く買う値引きの裏技[/bt

まとめ

  • インプレッサG4イチ押しグレードは最廉価版の1.6i-L EyeSight
  • インプレッサG4に用意されたグレードは3種類
  • インプレッサG4の共通点は高い安全性能
  • コスパと実用性でインプレッサG4は1.6i-L EyeSightがベスト

通常、最もおすすめできるのは上位グレードが多い中、インプレッサG4に限っては最も安いグレードが一番おすすめという結果に、少なからぬ驚きを感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか? 

もちろん、この選び方が絶対に正しいと主張するつもりはなく、最終的にはあなたが最も気に入ったグレードをチョイスするのが一番の正解です。

オーナーになる前から楽しめるのが情報収集とクルマ選び。その楽しみの一助になれれば、こんなにうれしいことはありません。

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる
[btn class="rich_green"]無料で愛車の最大売却額を知る

[新登場]スマホで写真を撮るだけ??一瞬で高額査定!!電話営業一切なしで一括査定より速い!!あのDMMから新サービス!!

  • 一括査定よりも早く相場が知れる! 
  • 面倒な電話も無し! 
  • ササッとお車査定!

スポンサードリンク

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください