2018年新型フリードの新車値引き額の相場限界情報!目標値引き額は?

<目からウロコ特集>
はたして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】ベテラン営業マンのセールストークVSプロから学んだ心理交渉術

車を買う時にそのまま販売店に車を売ると100%カモられます。

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では88万円になりました。約60万GETしました。

複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。
なぜなら、市場の競争の原理として
買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。

一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので
必ず最安値の買取額を提示されます。必ずです。

そうならないために一括査定を使います。
大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。

無料でその場で(スマホで)45秒で愛車の最高額がわかる!

最新情報 値引額 相場
12月  
11月 22万
10月 22万

子育て家族に優しい車・ミニバン。駐車場スペース&妻の運転技術の不安もあるし、小さめのミニバン欲しいなぁ。コンパクトミニバンでフリードなんか良さそうだけど、新車は¥高くてちょっと厳しい。

そんなあなたに朗報です。今回は、誰でも出来る簡単新車値引き交渉術をご紹介。一般庶民代表・クルマ初心者でありながらガツンとこれで「私、こんなに値引きに成功しました」というテクニックやコツを伝授します。

新車値引き交渉術なんて難しいんじゃ…いえいえ、そんなことはありません。源十郎がどうやって新車値引きに成功したのか、ディーラー販売店で働く友人からの内部情報もチラっと交えてお届けします。

源十郎
値引きの方法について楽しく勉強しよう!
今車を持っている場合

新車を値引きしてもらう時に一番かんたんに値引きしてもらえる方法は、今持っている自分の車を一番高い値段で買い取ってもらうことです。これが一番楽な数十万値引きできるテクニックです。何故なら買取額は買取業者によって数十万の買取額の差があるからです。その中で一番高値で買取してもらうには買取業者同士で競争してもらうのが一番手っ取り早いわけです。

まず最初に「買取業者VS買取業者」で比較します。

次に「一番高値の買取業者VS販売店ディーラー」と比較します。

これでほぼ100%最高買取額を出せます。これで出た最高買取額を購入費用の足しにするのです。

※注意:「絶対に買取値段はどの会社にも教えない」ことを徹底してください。実は裏で連絡を取り合い価格を調整しています。(実際にやっていたディーラー友人談)

私の場合、買取業者同士の買取額の比較はこちらを使いました。手元に車検証などの書類がなくても一瞬で最高買取額がわかりました。(僕のトヨタラッシュの買取価格はこの比較で最初の業者が30万で、最終的に88万まで跳ね上がりました。)

※スマホでもその場でできます。
→無料査定で愛車の最高売却額を知る

別に売らないで無料で査定だけでもできるので、先に自分の車の相場額を知っておいて損はないです。

一括査定に申し込んで複数業者からの電話問い合わせが嫌だって方はこちら。選ばれた一社からの電話だけでじっくり楽に査定してもらえます。

→今だけ限定でクオカード5000円もらえるキャンペーン実施中!
→あなたの愛車と相性の良い厳選された買取業者一社を紹介

見積額はしっかりと携帯やスマホで写真に取っておけば、値引き交渉の時にも使えるのでおすすめです。無料でまずは自分の車の値段を知っておきましょう。

スポンサードリンク

実際に新車買った時の値引き額は〇〇円?値引き交渉テクニック使用体験談

フリードといえば「ちょうど良い」がキャッチコピーのコンパクトサイズミニバンですね。実は我が家もミニバン買いました。のびのび広々ミニバン乗って、思い出作りいっぱいしたい。

はい。パパ頑張りました。源十郎Jr.が3人いるので、思い切って新車で日産セレナをどーーん!と購入。

えー。どうせリッチメンだから買えたんでしょう?源十郎、取り立ててリッチメンではございません。ごくごく平凡な一般庶民です(笑)どんなオプション付けたかまで、購入契約内容を大公開。

え。見えない?あ、全貌全容の一部始終、これじゃあ何がどうだか見にくいですね。

注目していただきたいのがズバリここ↓こんな価格で買っちゃいました。はい、どどーーん!!

購入するとき、なんと約50万円も値引きしてもらっちゃいました。ひゃっほーー。

50万円も値引きに成功って、すごいと思いませんか。でもこれ、ちょっとの知識とコツさえ押さえれば、誰にでも「値引きしてもらった!ひゃっほーー!!」なチャンスがあるんです。

もし、未使用車や新古車などが欲しいのなら、こちらで探せます。未使用車も実際は新車と同じですので、こだわりなくて安く買いたいなら間違いなく未使用車が良いです。

→未使用車・新古車探すなら

新車値引き額の相場を知る

モノにはなんでも販売価格がありますよね。だいたい” メーカー小売希望価格”の商品には、値引きしても大丈夫な境界線があるんです。

そして実は車の場合も当てはまります。車も値引きされることを前提に小売価格が決まってます。

新車購入で知っておきたい基礎知識・その1

新車の値引き額の相場は本体価格の約10%

これはあくまで目安ですけどね。確実に10%値引きしてくれるとは限りません。

10%以上の場合もあれば、それ以下ってことも充分ありえます。車の種類やグレードの違い、販売店の方針だったりと、いろんな要素が絡み合って若干上下したりなんかします。

車ディーラーの儲けはどれくらい?

値引きしても大丈夫な境界線、そこまでお値段下げても儲けが出るから出来ること。ディーラーも商売ですからね。赤字になってまでお客様に車買っていただきたい、なんて菩薩のような経営はしてません。

ならばディーラーの儲けってどのくらい?って気になりませんか。

気になるというより、ここ、新車値引きの交渉で知っておきたい重要ポイントなんです。なぜならディーラーの儲けギリギリまで値引き出来たら、ひゃっほーどころか、大・大・大成功!ヒャッハーー!!に繋がるから。

値引きの上限がいくらになるか、いくらまでなら相手も赤字にならずに「分かりました!それで行きましょう!!」って承諾してくれるのかの目処が付けられます。

新車購入で知っておきたい基礎知識・その2

一般的に車両価格の10%がディーラーの利益

おー。なるほど利益は10%。で、値引きの相場は車体価格の10%だったから…ってあれ?ディーラーの儲け、出ないじゃない。菩薩経営?そんなワケはありません。

儲けがなけりゃ、商売人は商売上がったり。どっかで儲けをしっかり出してるはず。この「どっから出してるのか一般人には分からん儲け」があるからディーラーは廃業しないで済んでます。

こんなところに「儲け」の秘密

ディーラーが、値引きをしても儲けられるその仕組み、お客様とのこんなやり取りの中に秘密があります。

営業マン
フリードご契約ありがとうございます。自動車保険はいかがされますか?当店でもご用意しております。(自動車保険、入ってくれると手数料が利益になるんだよねー。)

源十郎
そうですね。保険は入っとかないといけないし。お願いします。

営業マン
新車ですと一年点検や3年後には初車検が必要です。せっかくの新車ですから、メンテナンスはこまめに行った方が安心です。車検のときにも少しお安くなるメンテパックがお得ですよ。(これも入ってくれると利益出るんだよねー)

源十郎
初車検はディーラーにお願いしたいしなー。メンテパックもお願いします。

営業マン
ボディーのキズやカラーの色褪せにはコーティングしておくと、綺麗な状態が長続きします。せっかくですから綺麗が長く続くガラスコーティングはいかがでしょう。(どう?どう?付けちゃってくれるとヒャッハーなんだけど)

源十郎
そうですねー。新車ですもんね。ピカピカ長持ちするなら、ガラスコーティングもしてください。

営業マン
かしこまりました。ありがとうございます。ではそのようにお見積もりいたしますね。(上客ゲット!ヒャッハーー!!毎度あり!)

こんな流れ、新車購入したことある方々には「あー。あるある」じゃないでしょうか。いざ購入契約にこぎつけたら、車体本体以外からはこうした細かな手数料やら売り上げに繋がるアピールをして、儲けを捻出してるんです。

新車購入で知っておきたい基礎知識・その3
  • 自動車保険に加入してもらうと仲介手数料がディーラーに入る
  • メンテパックには儲けの一部が組み込まれてる
  • コーティングもしてくれると利益に繋がる

営業マンがヒャッハーするかは知りませんけど(笑)この辺りが儲けに繋がってます。

他にも実は大事な大事な儲けの仕組みがあります。それはディーラーは販売業がメインなので、製造業がメインのメーカーさんから、「何台売ったらご褒美出すよ」っていうシステムがあるんだそうです。

新車購入で知っておきたい基礎知識・その4

メーカーからの販売奨励金

一台売ったらいくら、もしくは決まった期間内の販売台数に応じて奨励金が支払われる。奨励金額はまちまちだけど、場合によっては年間億単位で奨励金が。売れば売るほどヒャッハー百裂拳。

この奨励金があるから、値引きして利益が少しになってしまっても、ディーラー側では採算が取れるという仕組みなんですね。

こうして値引き相場10%、車体販売で利益は10%であっても、その他でカバー出来るので赤字にも商売上がったりにもならず車業界は存続してます。

源十郎
こんな裏話、ディーラー勤めでもしないといないとわからないところ。裏情報リークありがとう!

営業マン
このあたりの基礎知識を踏まえて値引き額の目安を考えておくと、交渉もスムーズにいくよ。フリードに限らずどんな車屋もだいたい一緒だから。覚えておいて損はないと思うよー。(by ディーラー勤めの友人X)

ホンダ・フリードの具体的な値引き額を知っておく

さて、こうした車屋さんの裏事情、知っておくとどこまでなら融通利くのか予測が可能です。

これを踏まえて具体的な目標金額を設定すれば、いざ購入の際の交渉も誰でもスムーズになるんです。なので、そのための下準備も必要。

実際どれくらいの値引き額が妥当なのかの把握もしておかないと、大成功なのか残念な結果で終わっちゃったかもわかりません。

でもどこで調べればいいの?

ネット社会の現代では、簡単入力で便利な口コミサイトを見ることが出来ます。有名どころでは価格.com教えてgooヤフー知恵袋など。

そこで源十郎がおすすめしたいのは、値引き額まで一気に検索できる「価格コム」というサイトでの検索調査。

価格コムでは車体本体からの値引き額・オプションからの値引き額に加えて、気になる燃費や乗り心地、買って良かったのかどうかなどの書き込みが充実してます。先人の知恵をお借りするのが一番です。

ホンダ・フリードの値引き額&口コミを「価格コム」で調べてみる

さて、じゃあちょっと調べにいきますか。

まずはYAHOO!でこちらを入力してみましょう。

価格コム アクセラ   値引き

するとこんな感じに1ページ目に価格コムのサイトが現れます↓

フリード・フリード+・ハイブリッドと、タイプ別に口コミページが別々になってるので、お好みフリードをチョイス。

ポチッと選ぶとこんな感じ↓のページが表示されて、口コミやら値引き額などがブワっと確認できちゃいます。

ここでちょっぴり注意点が。気になるフリードの値引き額が一同に介するページ、ちょっと端っこの方から行かないといけないんです。

赤丸のとこから、目的地にたどり着いてください。フリードは人気もあるので、たくさんの生の声が載ってますよ。

 

スポンサードリンク

ホンダ・フリードを実際に値引きした人たちの口コミ体験談

価格コムで実際にどんなコメントがあるのか、いくつか源十郎チョイスでご紹介します。フリードフリードModuloフリード+フリードハイブリッドとタイプも様々なので、それぞれピックアップしてみました。

『ちょうど良い』車に出会えました!

  • グレード:フリードG ホンダセンシング(7人乗り)
  • 新車価格:212万円
  • 本体値引き額:20万円
  • オプション値引き額:10万円
  • 購入時期:2017年4月
  • 購入地域:神奈川県

【口コミコメント】

最近の車はナビやETCなど電装品が増えたので1500ccでも高いですよね。
でも決算期でしたのでホンダさんが、お祭り状態で頑張ってくれました。
オプションはナビ、ロアスカート、リアモニターなどで45万
車両値引き20万円+下取り12年落ち軽自動車に10万
実質30万円値引き頂き、おおよそ250万円でした。
しかしシエンタはなんと40万円引くといってきましたが・・・。

引用価格コム

フリードは1500ccのコンパクトミニバン。1500ccの普通車なら、車体価格が170万円くらいのお値段が多いかな。そう思うとたしかに200万円越えはちょっぴり高いですね。

そこにカーナビや後部座席にもモニター付けたりとオプション加えたらなかなかのお値段。

ホンダさんが頑張って値引きしてくれたということですが、車体値引きは20万円。おおよその値引き相場を勝ち取ってます。あとは下取りで少し調整してもらって軽自動車からミニバンにランクアップ!

ホンダさんはオプションが軒並み高いという声もありました。なので同じサイズのコンパクトミニバン・トヨタのシエンタと比較検討する方も多いようです。

納車までにかかる費用も値引きのひとつ

  • グレード:フリードModulo Xホンダセンシング(7人乗り)
  • 新車価格:285万円
  • 本体値引き額:20万円
  • オプション値引き額:40万円
  • 購入時期:2018年2月
  • 購入地域:福岡県

【口コミコメント】

12月発表前に契約後、ようやく納車されました。全車を中古車買い取り業者に売ったものの、納車まで代車もしくはレンタカー手配で車を準備していただけるとの条件で契約しましたが、まさかここまでかかるとは、営業マンも思わなかったでしょう(笑)。おかげで、レンタカー代として40万円以上かかる計算になりますが、手出しをせずにすみました。これも立派な値引きと思っております。お世話になりました。

車の方ですが、追加オプションはナビとドアバイザー(無限製)だけです。

引用価格コム

フリードModuloは、いわゆる特別仕様車みたいなものですね。あらかじめいろんなアイテムがくっついた装備になっているので、あまりオプション追加しなくても、そのまま快適に乗ることが出来ます。

そしてこちらの方は追加オプションはほぼせずに、さらに今まで乗っていた車は下取りではなく買取で処分。買取で車を処分してからフリードが納車されるまで期間が長かったんでしょうか。

ディーラーは販売がメインだから、いつメーカーの工場から仕上がってくるのかの予想も定かではありません。早く仕上がってくることもあれば思いのほか時間がかかってしまうことだってあり得ます。

で、結局これまで乗ってた車は売っぱらっちゃって今はない。そうなってくると納車まで困ります。購入時に代車を無料で貸し出してくれる場合がありますが、それも普通は1週間とかじゃないですかね。

この方に限らず、フリードは納車にも2ヶ月以上かかることもあるようです。その間の代車、もしレンタルしてたらこの出費もバカになりません。

オプションをほぼ付けなかったので値引きもあまり期待できなかった中、代車をもしレンタルしてたら…と考えるとすごく賢い出費の抑え方をしてました。

素人なりにフリード+を後悔しない選び方で購入

  • グレード:フリード+ G ホンダセンシング FF
  • 新車価格:212万円
  • 本体値引き額:25万円
  • オプション値引き額:5万円
  • 購入時期:2017年2月
  • 購入地域:埼玉県

【口コミコメント】

当方、車には詳しくなく素人な為、素人なりの見解です。
当初はトヨタのシエンタを購入予定でしたが、両方を乗り比べた結果フリード+を購入しました。

フリードはトヨタのシエンタと比較されることも多く、もちろん両者に良い点・不満な点はあると思いますが、私はフリードを購入してよかったと思ってます。

カタログ上はシエンタと比べると割高ですが、この手の車を購入される方は家庭持ちの方や女性が運転する方も多いと思いますので、10~20万程度の違いでしたら安全性能が高い車を選んだほうが良いと思います。
私は決算前+複数ディーラーでの相見積もりの為、30万ほどの値引きをしてもらい、価格差が縮まりました。(フリード購入理由3つ目)

私はシエンタを購入予定で先にホンダへ行き、フリードに試乗後、トヨタのシエンタを試乗しましたが、運転席や室内空間の広さ・安全性能の面からフリードにしました。
たまたま対応されたトヨタの営業の方の接客態度が最悪で、ホンダの営業の方の接客が素晴らしかったのもありますが・・・。

フリードを検討される方は、SENSINGは絶対のおススメです。是非後悔しない車選びをして下さい。

引用価格コム

やはりライバルはトヨタのシエンタですね。ほんとはシエンタ本命だったところ、試乗したり性能を比較した上でフリード+を購入されたんですね。

目標がないまま、ダラダラ突き進んでも良い結果は得られません。元本命・シエンタ価格に近づけて満足できる車をチョイス、というしっかりした方向性を持って値引きに成功したようです。

最終的に後悔しない、この車をこの価格で買って良かったと思える目標をきちんとたてることが重要ですね。

このサイズで雪道も安心なハイブリッド4WDミニバンはフリードだけ

グレード:フリード+ ハイブリッドG ホンダセンシング4WD

  • 新車価格:274万円
  • 本体値引き額:10万円
  • オプション値引き額:15万円
  • 購入時期:2017年9月
  • 購入地域:静岡県

【口コミコメント】

人生初のミニバン購入。
4WD&ハイブリッド&小型ミニバンはFREEDしか選択肢が無い為、ほぼ競合無しで購入決定。

3人家族(妻1乳幼児1)での使用で”ちょうどいい”感じの印象です。

走りは一般道では必要十分だと思います。4WDなので雪の上りからのスタートもスムーズ、わだちが多い雪道でもバランスを崩す事なく走ってくれているので多分4WDが利いてくれているのだと思います。

ただし、エンジンブレーキをかけた時には、前輪だけにエンジンブレーキの負荷がかかり、後輪には負荷はかかっていないように感じます。

HV+4WDにいろいろオプションをつけていくとトータルで400万円を超える数字になってしまいます。
値引きも渋く、「FREEDに400万円払う?」と葛藤の末、最終的にいくつかの外装オプションをやめて300万円台後半の数字になりました。

引用価格コム

ハイブリッドはどのメーカーもだいたいガソリン車よりもお値段お高めなんですが、さらに4WDともなると、もはや立派に高級車な気がします。

さらにオプション付けたら400万円って(汗)ミニバンというカテゴリーから脱する選択肢があるなら、ちょっといいセダンに乗れますね。これはいくつかオプション諦めた気持ちも分かります。

フリードに400万円、私なら出しませんw

でもこの大きさでハイブリッドでミニバンってほかにないんですね。強敵・トヨタシエンタにもハイブリッドはありますけど4DWはありません。欲しいタイプがこれしかない、競合車種もない中で値引き総額25万円はすごい頑張ったんじゃないでしょうか。

フリード値引きの平均は、だいたいこんな感

口コミを見ると人によって極端な開きは見られず、誰でもしっかり値引きをしてもらっている様子でした。値引き0円の方も数人お見かけしましたが、よく読むと下取りで調整されたから、いまいちハッキリ分からんってことで明記してないようです。

そういったこともザザッと読んで、だいたいこんな平均値かなーというのがこちら。ガソリン車とハイブリッド車では、元のお値段が違うので、値引き額も変わってきます。

  • フリード ガソリン車(ホンダセンシング)なら、約15万円前後
  • フリードハイブリッド車(ホンダセンシング)なら、約20万円前後

フリードは本体価格が200万円くらい、ハイブリッド車でも250万円ほどです。そう考えると、どのメーカーで新車を購入しても当てはまる値引き相場10%をちょっと下回るくらいがフリード値引きの平均のようです。

ホンダのフリードは他の車より値引きが渋い、なんて声もチラホラありました。あまり高い値引き目標額を掲げず、新車購入に挑んだ方が良さそうです。

 

ホンダ・フリードを限界まで最大値引きするテクニック12選

さて、ちょっぴり渋い?と裏評判のあるフリードでも、皆さんある程度の値引きには成功して新車をお迎えしております。

こんなところに注目すると、値引き成功ひゃっほー!の勝ち組になれること間違いなし、っていうテクニックを厳選してみました。交渉苦手でも、初心者でもできる簡単交渉術12選。新車ゲットの戦いは、もうここから始まってますよー。いざ出陣!

テクニック1:今の所有車は下取りではなく買取に出す

フリード新車をお迎えするにあたって、今の車はどうします?乗り換え予定の方なら、きっとこんな構図を思い描いてるんじゃないでしょうか。

  • 今の所有車は売っぱらって、それを新車購入資金に充てる
  • 多分、数十万円くらいは浮くはず

新車の値引きには相場がありますからね。どんなに頑張っても半額になる、なんてことはありません。ならばなるべく今の車を高く売って、用意しなきゃならない諭吉の人数を抑えることが必須事項。

そして、大抵の方が乗り換えで新車購入するときに取る手段。それが「ディーラーでの下取り」ですね。

見積もりは下取り「あり」「なし」の2つをもらう

下取りが一番手っ取り早いんですが、ちょっとここで源十郎からは提案がひとつ。

  • 見積もりは「下取りあり」と「下取りなし」の2つ出してもらう

いやいや、今の車は売らないと購入資金全額用意はキツイって。なにゆえ「下取りなし」なんて貰う必要があるの?

キツイとおっしゃるなら尚のこと。実はディーラーでの下取り価格って、驚き桃の木なやっすい価格設定なんです。

源十郎物語・今の車はおいくら万円?

平々凡々な源十郎は、新車でセレナを購入するため、それまで乗っていたラッシュを売って購入資金に充てる予定でおりました。

「よし、ラッシュは下取りにだすぞ」

そう意気込んでディーラーで見積もりしたところ、下取りお値段30万円。

「あれ…ネットで先に下調べしたらラッシュの下取りもうちょっと高かったのに。こんな安いなんて。」

このままでは道明寺家の大蔵大臣・ちょっぴりコワモテ妻さくらの雷がっ。

そこで源十郎は、車買取業者の一括見積もり査定を試してみることにしました。

使ったのは、無料でまとめて買取査定してくれるこちら↓

「だいたいの型式や走行距離を入力。ポチッとな」

なんとそこではじき出されたラッシュの買取お値段88万円!!

「うひょーー!約60万円も違うではないか!危うく大損するところ&妻の鉄拳喰らうところだった(汗)」

こうして源十郎は、下取りだったら30万円にしかならなかったラッシュをみごと88万円で売っぱらい、新車購入の軍資金としてゲットすることに成功したのです。

…とまぁ、こんな経緯がありました。そもそも下取りに出しても買取業者に売っぱらっても、中古車だから相場があってどこも同じくらいだと思ってたんです。

こんなに違うとは驚きました。なんでこんなに差が出るんでしょう。平々凡々な源十郎には知る由もありません。ということで、ディーラー勤めの友人に再び裏情報をリークしてもらいました。

下取りと買取ではビジネスが違う

まず下取りと買取では、ビジネスの形が全然違うんだそうです。ディーラー勤めの友人からの情報をまとめてみました。

ディーラーでの下取り

下取りは、ディーラーでお値段付けて引き取ってくれるシステム。ただしディーラーの本業は新車売ってなんぼの世界。

営業マンは自分の店舗の新車販売でしか成績はアップせず、下取り中古車を高く売っても評価されない。

いわば「オマケ業務」で下取り価格を設定してる

下取りのメリット

  • どこに持ち込んで売っぱらえばいいのか、よく分からなくてもディーラーでなんとかしてくれる
  • 新車購入と、これまで乗ってきた車の売却が1店舗で済ませられる

下取りのデメリット

  • オマケ業務なので下取り価格は低く見積もられる
  • ディーラー1店舗のみで価格が設定出来るから、ざっくばらんな低価格にされやすい
  • 売りに出しても売れるか不明。なので安いお値段しか付けられない
  • そもそもこれで儲けを出すつもりがないので、下取り価格はとにかく安い

下取り車の行く末

  • 一応中古車としても売る。ただし赤字にならない程度の価格で再販
  • たまにオークションでもさばいたりする
  • 代車として活用

なるほど。ディーラーでの下取りは、それなりの有効活用はされてますが、利益を生み出すわけではないので高く見積もる必要がないんですね。

じゃあ新車ばっかり売って、まだ乗れそうな下取り車はどうするんでしょう。安くてまだ安全に乗れるなら、車購入で中古車を選択する方も世の中にはゴマンといます。乗れるなら活用しないともったいない。

そこで確立したビジネス形態が買取業者。

買取業者での買取

世に溢れる中古車を買い集めて再販し、その差額を儲けにしてる。安く中古車仕入れて差額で儲けるって形態のビジネスだから儲けのシステムがディーラーとは異なる。

利益を生む資本となる車を集めなければ商売が成り立たないので、下取りよりも高値を付けて買取業務を行なっている

買取のメリット

  • ディーラー下取りより確実に高く見積もってくれる
  • 万が一安い見積もり出されても「下取りや他の買取業者はこんな値段提示だったのに」で、頑張って高くしてくれることもある
  • いくつも買取業者があるから、一番高いところに売っぱらうことができる

買取のデメリット

  • 買取業者がたくさんあって、どこにお願いしたらいいのか悩む
  • ひとつひとつ業者に買取価格聞いてみるのがめんどくさい
  • まとめて無料で一括見積もりできるけど、一回は必ず電話連絡がくる

買取された車の行く末

  • 中古車市場で再販
  • 買取業者間でオークション取り引きなんかもする
  • 海外ルートを持っているので海外へ高く売りとばす

買取業者は売る先のルートもいろいろ確保してるので、再販業務をガッツリ行って利益を出しています。だから下取りよりも高く買いまっせ、というスタンスでビジネスとして確立してるんです。

市場の需要と供給のバランスがうまいこと取れてますね。自分の損得にも繋がるけど、こういう世の中の仕組みを知るって面白いと思いませんか。

ディーラーVS買取業者 お値段の違い

下取りと買取の差額を知る上でも、「下取りあり」「下取りなし」の二つを比較することで、どちらに売ったら軍資金が増えるのかが分かります。

調べて比較してみたところ、一般的に二つの差額はおよそ30万円ほどありました。

源十郎のように、約60万円なんて大差が付いたなら絶対買取業者に売っぱらったほうがお得ですよね。その場合は「下取りなし」の見積もりから値引き交渉を行えば、さらにフリード購入もお得になります。

もし買取と下取りがほんの数万円しか変わらないなら、購入も売却も一緒に終わる「下取りあり」のまま値引き交渉に挑むのもアリだと思います。

間違いなく言えることは、「金額の多少はあれど、下取りより買取のほうが高い」ということ。ディーラーへの下取りではなく、買取業者に売っぱらう。これはもう車を乗り換えるときの鉄則ですね。

テクニック2:古い所有車から乗り換えるときはこの方法

車はちょくちょく買い換える方もいれば、長く愛車にする方もいますよね。10年以上同じ車を乗り続けてるとか、走行距離が10万キロ突破、なんていう古い車はどうしましょう。

だいたいディーラーで下取り価格が付くのって、あんまり古くない場合がほとんどです。だから10年以上乗ってるとか、10万キロ突破なんて古い車は、ほぼ100%で下取りのお値段が付きません。付いてもびっくりするくらい爆安です。

源十郎物語・我が父に一片の悔いあり

今から10年ほど昔のある日のこと。

源十郎・父は、長年愛車にしていたステップワゴンを買い換えることにしたそうな。

当時、源十郎はまだ青二才。下取りと買取の違いも知らず、何の疑問も持たず当たり前のことのようにステップワゴンは下取りに。

父の愛車だったステップワゴン、付いた下取り価格は1万円。

車に付いたお値段1万円。

1万円をどうしろと。

新車買い替えの足しにもならん。

今なら分かる。この源十郎、古くとも買取に出していればきっと数十万円にはなっていたであろうことを。

若かりし頃の苦い思い出であった。

今もそんなに車に詳しいわけではありませんけどね。知らないことで損をするってことを痛感した衝撃的な過去でした(笑)

下取り価格が安過ぎる場合は、無料の買取査定をしてみることを神推しします。

事故車や廃車に近いなら?

古い車は買取業者に売っぱらう。これで下取りよりはマシなお値段つくでしょう。でも単に古いんじゃなく、もう走れなそうな廃車に近い車とか、事故っちゃってお陀仏な車。こんな場合はさすがに廃車処分…って普通は考えます。

だがしかし。この世には、廃車・事故車の専門買取業社っていうのがあるんです。

廃車にするにもお金がかかります。廃車手続きやらなんやらで、1〜2万円ってところでしょうか。

一度廃車・事故車の専門買取業者に確認してからでも遅くはありません。お値段つくかつかないかは、査定してみなければ詳細不明。

万が一にも買い取ってもらえるなら、売っぱらうに越したことはありません。ダメなら潔く廃車にするまでです。

廃車手続きをする前に、問い合わせてみてはいかがでしょう。

テクニック3:ライバル車も検討して悩んでることをアピール

モノを安く買うには他店との競合が一番です。近所に数件スーパーがあれば、長ネギひとつ、レタス一個とっても、安いお店にお客様は集います。

そして売る店側だって他店にお客様を取られまいと値引き合戦展開します。車だって同じこと。

源十郎物語・見積もりを集めに行ったよ何ヶ所も

源十郎一家は妻と可愛い子供が3人の5人家族。これまで乗ってきたラッシュでは、やんちゃ盛りの小さな子供を乗せるのもひと苦労です。

そこで買い換えるなら、子供が多くても充分広々なMサイズミニバンに照準を当てました。Mサイズミニバンには、ノア・ヴォクシー・ステップワゴン、そしてセレナとよりどりみどり。

「う〜ん。どれにしようか悩むけど、一応セレナが本命かなー。」

欲しいミニバンはほぼセレナに決定。これをいかに値引きしてもらうかが勝負です。

そこで源十郎は気になるミニバン4車種全ての見積もりをもらいに行きました。

4車種全部。これはなかなかの労力です。

「全く同じ車じゃないから、比較検討出来ればそれで良し。本命・対抗の2社くらいで充分だったな

あちこち回ることに疲れた源十郎は、そう結論つけました。あちこち見積もりもらった分、どのくらいのお値段なのか、お家でゆっくり検討出来ましたけど。結局本命はセレナに確定です。

このとき源十郎は、本命セレナの見積もりは最後にお伺い。

「ノアやヴォクシー、ステップワゴンなんかと悩んでてー。」

こんなことを匂わせて、ディーラーの闘争心を煽りました。ディーラーとしては、新車をご希望のお客様をみすみす他社に奪われるなんてもっての外。

先に見て回って出してもらった見積もりをチラつかせ、「もうちょっと安ければいいんだけどな」的にさりげなく値引きしてよアピールいたしました。

これで本命セレナも源十郎の手中に堕ちた。

値引きの結果は冒頭の通りでございます。

本命後回し、対抗見積もりチラつかせ作戦は、競合させて安くしてもらうためには重要です。比較対象あってこその値引き

フリードの場合、永遠のライバルは同じコンパクトミニバンのトヨタ・シエンタが筆頭です。結構多くのフリード狙いの方々は、似たような価格設定・大きさ・乗りやすさのシエンタと比較してますね。

強敵シエンタの見積もりなんか持ってったら、だいたい営業マンさんの考えることは一つ。

営業マン
(ムムムっ。このお客様もシエンタとお悩み中とはっ。これは負けられない戦いだ!)

他車種見積もりという秘密兵器を入手してから、ホンダさんに乗り込むことがポイントですよ。

同車種を他のディーラー店舗(経営元が違う会社)に持っていって競合

なにも他車種だけが競合ライバルになるわけでもありません。目には目を、フリードにはフリードを、という具合に対抗させることも可能です。

え、でもどこ行ってもホンダの新車販売は「HONDA CARS」ってお店なんだけど。その通りです。あってます。

ですが同じ「HONDA CARS」でも、資本金や代表者が異なる経営元が点在してるんです。日本全国津々浦々、ホンダさんはあっちこっちに営業所があります。

引用ホンダ公式HP

お近くの「HONDA CARS」がどこにあるのか、ホームページには検索マップなるものがご用意されてます。

そしてここからさらに検索した営業所の会社概要をみてみると、経営元が違う場合があるんです。

資本や代表者が異なるということは、個々の店舗で売り上げ合戦も勃発します。近隣店舗と経営元違いの隣の市や県の店舗で見積もりして、値引き合戦を繰り広げてもらいましょう。

ホンダVSホンダの熱きフリード合戦の火種を投じるのはあなたです。

全く同じ条件でフリードVSフリードを対決させることで、より目標に近い値引き額を引き出すことが出来ますよ。

テクニック4:末永くよろしゅう頼みましょう

他社との対抗心を煽ることもテクニックのひとつですが、親身になって良くしてもらう、営業マンを味方につけるのもテクニックのひとつです。

お客様といえど、見ず知らずの初対面。お初にお目にかかる方に、これでもかっっていうサービスしてくれる営業マンばかりとは限りません。営業マンもお仕事離れれば普通の人です。でもお仕事も大事です。だからそれなりの対応はしてくれるでしょう。

しかしその後なにかトラブルあったらお願いしたい、いずれまた買い替える時にはぜひお世話になりたい。

そんな風に頼りにされれば悪い気はしません。そこに加えて、またお客様になってくれるかもしれないというお仕事面でも一石二鳥。良くしてあげたいと思うもの。

だいたい源十郎だって、ちょっと仲良くなった方には良くしてあげたいと思うけど、挨拶も交わさないご近所さんに旅行のお土産渡すとか、いたしません。

ただの一見さんの客ではないことを、営業マンとの会話に盛って仲良くしておくと、故障やなんだでお世話になってもいろいろお助けサービスしてくれます。

ヨイショしろとは言いませんが、ここで会ったのも何かの縁。人の縁は大事にするに越したことはありません。

テクニック5:友人からディーラーを紹介してもらおう

人の縁繋がりで、もうひとテクニック。知人・友人にディーラーを紹介していただきましょう。何よりも強い武器になります。

源十郎物語・妻の友人が強力なサポーター

ある日源十郎が新車でセレナを買おうか微妙に悩んでいるとき、ちょっとコワモテ、されどしっかり者で実は優しい妻・さくらから、こんなひと言が。

「パパあのね、私のお友達の〇〇さん、最近セレナ買ったんだって。むちゃくちゃ車に詳しい方でね、たっぷり値引きしてもらって買ったのよーって言ってたの」

なん…だと!?

車にちっとも詳しくなかった源十郎。これはセレナを先に購入した先輩に、ちょっと便宜を図ってもらいたい。世の中によくある裏繋がりで便宜を図るかのごとく。

「ママ、そのお友達にディーラー紹介してもらえたりするかなー?」

こうしてママ友様にありがたくディーラーを紹介していただき、営業マンにこう告げたのです。

「先日こちらでセレナ購入した友人がおりまして。うちもセレナ買う予定なので、だったらこちらで是非、と思いまして」

これで源十郎は紹介してくれた友人セレナとほぼ同額の値引き額を勝ち取ったも同然です。

あのお宅にはこれだけ値引きしてたのに、うちはこれだけ?なんて紹介者に恥をかかせるはずもなく。

そして紹介ならば買ってくれそう、販売台数1台ゲット。営業マンもきっちりそのあたりは計算済み。

こうして源十郎は、妻の友人宅の車とほぼ同額の値引き額を勝ち取ったのです。

あれこれ交渉しなくても良いし、値引きの話もトントン拍子で進むテクニックです。もし、知り合いがフリード買ったの、とか、ホンダの車を購入したのよ、なんて方がいたら、ぜひディーラーを紹介してもらっちゃって下さい。

ディーラーの友人がいれば、その方にお願いするのもアリですよ。私のディーラー勤めの友人は、軽自動車担当だったから、今回お願いできませんでしたけどね。

テクニック6:オプション値引きは本体値引きと分けて考える

さて、車が高い要因のひとつには、オプションという名の付属品があります。あってもなくても良いものから、これは付けたほうが便利よね、と様々です。

そして実はオプションには種類があります。

【メーカーオプション】

工場で車を組み立てる際に取り付ける付属品。

製造工程で組み込むので、後付けできません。

【ディーラーオプション】

販売店であるディーラーさんでくっつける付属品。

フロアマットとかカーナビなど、後からいつでも取り付け可能

誰でも値引きをお願い出来るところ。それはまず「車体本体価格から」それ以外に、突っ込んで値引きしてもらうためのポジションにあるのが「ディーラーオプション」なんです。

車体本体の値引きはある程度で限界値に到達します。ホンダは値引きが渋いってウワサもあって、限界値は20万円くらいでしょうか。

そこをこじ開けて、もうひと値引きするために、車体本体とオプションは値引きは別だと捉えておきましょう。

  • まずは本体価格からの値引きを確保する
  • フリードはガソリンもハイブリッドも本体値引きは10〜20万円前後なので、そこら辺で打ち止める
  • 続いて欲しいオプション狙い撃ち、ここからオプション値引き交渉に突入すべし

これは付けておきたいな、っていうものがあれば「何かオプション付けたいんですけど、これって値引きしてもらえたりします?」ってな感じで探りを入れます。

ここでちょっと悪知恵を。

  • 付けたいオプション全てを値引きしてもらおうとしない
  • そこまで高くないけど付けたいオプションで、「もうちょっと安かったら付けたいな」「私は付けたいんだけど妻がうんと言ってくれない。」などの理由をでっち上げる
  • 実は付けたいオプションの中で、一番安いものは言わないでおく

こんな感じで営業マンに親身になってもらい、ちょっぴりどうにかなりそうな雰囲気になったら爆弾投下。

源十郎
最後、これなんか付けていただけたら、すっごく満足なんですけど。お願いできませんか?

言わないでおいた一番安いオプションをおねだりしましょう。5万とかしそうなオプションはムリですよ。不発に終わります。

ここは営業マンにも気持ちよく売ってもらえるよう、欲張らずに厳選して交渉に挑んでください。

テクニック7:値引きはいつ行っても同じ?

ディーラーにもお得に販売する時期があります。それが車ディーラーさんの決算月。

毎年3月と9月に決算を行ってますが、おすすめはズバリ3月。9月は、その前にお客様の財布のヒモが緩みそうなボーナス時期にキャンペーンイベントを開催しちゃうので、値引きもちょっと落ち気味です。

たまに夏のボーナス時期に、ディーラーからDMとか来たことありませんか。お子さんの夏休みにも重なるから、お祭り気分でわたあめやポップコーン、くじ引きなんかやってるよ!って、一瞬何屋から来たのか分からないDMが届いたりします(笑)

なので9月よりは7月。で、一番いいのはメーカーから奨励金が販売台数によってガッポリ頂ける3月年度末決算期。ディーラーが一年で最も稼げるかきいれどきなので、一台でも多く契約に漕ぎつけようと、頑張ってくれます。

ちょっと源十郎、その辺の情報が確かなのか、調べてグラフにしてみました。実際、何月に購入して、いくらくらい値引きしてもらったのかの平均はこちら↓

これはフリードの購入者さん全体を、源十郎調べで纏めたものです。おおざっぱな目安にはなるかと思います。

こうして見ると、やはり3月が一番値引き額が良いですね。車検切れそうだからーとか、車の調子が悪くてーとか、購入を急ぐ必要がなければ、時期も少し考慮するといいですよ。

余裕があれば、1月2月あたりから検討し始めて、3月までに購入。これが最も最高値引き額を引き出しやすい時期になります。

テクニック8:モデル末期も狙い目のひとつ

欲しい車がちょうど運良くモデル末期、つまりフルモデルチェンジやマイナーチェンジ直前だと、大幅値引きのチャンス到来です。

もし、欲しい車にモデルチェンジの噂が浮上してる場合、ギリギリまで待ってみるのが得策です。

源十郎物語・こだわりがなければ末期を狙え

「家族との思い出作りに最適なミニバン欲しいー。セレナ欲しいー。」

そんな夢を形にすべく、源十郎は今夜もせっせと愛しのセレナの下調べ。

「あれ?セレナってもうすぐなんかマイナーチェンジするの?」

※車のマイナーチェンジとは、一部をちょこっと変身させることを言う。一重を二重に、のプチ整形みたいなものである(謎の解説者より)

あまり大きな変化でもないし、そこまで新型へのこだわりがない源十郎は、いわゆる「モデル末期」と称されるセレナを購入しようと決めました。

これから新発売される新型に比べ、モデル末期は売りさばきたい。

そんなディーラー側の諸事情もあり、モデル末期をチョイスした源十郎は大幅値引きに成功したのです。

フリードは2016年9月にビッグマイナーチェンジといって、わりと大幅な、でもフルモデルチェンジまではいかないモデルチェンジを行いました。

このあたりで購入した方々は、モデル末期とモデルチェンジ後で、値引き額の幅が結構差が付いちゃったんです。

  • モデル末期  20万円以上の値引きが多かった
  • モデルチェンジ後  5〜10万円前後の値引きが多かった

ビッグマイナーチェンジで10万円くらいは値引き額の平均が落ちてるので、フリードのモデル変動は要チェックです。

ここ最近ではフリードは、2017年12月には新グレードの追加と仕様変更が行われました。まぁこの時は小規模改良だったので、値引き額にはそれほど影響しなかったみたいですが。

しばらくはマイナーチェンジ予定もなさそうなので、これから購入検討しても、当面は値引き額も安定するかと思います。

テクニック9:ディーラーにて自動車保険は加入なさらずに

車はある意味凶器です。あんな鉄の塊が走るんですから、何かあったら事故に繋がります。そんなときに頼れる安心・自動車保険はディーラーでも加入出来ますね。でもこれって店舗型保険っていって、高いんです。

保険はディーラーが直接経営してるわけではないので、値引きで安くしたくても出来ません。「保険安くなりませんか」は、なりなせん。

こればっかりは値引き交渉が通用しない代物なので、別の角度から攻めましょう。自動車保険はディーラーでは加入せず、自分で選べばグーーンと安くなります。

源十郎物語・ネット型自動車保険でも不満はナッシング

セレナを購入するからには、事故に気をつけて家族の命も守りたい。もらっちゃう事故もあるし、できればしっかり保障も充実した自動車保険に加入しておきたいところ。

良からぬ不安を断ち切るために、源十郎はディーラーでご用意してる自動車保険に加入しました。それからしばらくが経った頃。

「保険料、高いなー。でも安心の為だしなー。でも年間10万円は痛いなー」

車に興味が出始めた源十郎は、セレナ購入後もいろいろ車について勉強するようになりました。そこで発見した自動車保険、いわゆる「ネットダイレクト保険

事故対応が悪い・ロードサービスが不充分、なんて噂も耳にした源十郎ですが、どうやら最近では保障内容も充実してる模様。

「うん、どれどれ。どこの保険会社が良いのかなっ…ってありすぎる!!」

自動車保険、あれやこれや種類も豊富、こんなのしらみつぶしに比較してたら陽が暮れる。途方に暮れる。

と思いきや、いくつかまとめて比較検討できる方法がありました。

「なになに、車の年式や保険の階級なんかをポチッと入力」

これを期に、源十郎は自動車保険をネット型に変えました。だって年間10万円近かった保険料が5万円になったんだもん。

後日、彼はこう語っています。

「ネット型保険への切り替え?えぇ、不安も不満も不都合もありませんよ。現にこうして安全にセレナ転がしてます(笑)」

車にかかる年間維持費の節約にも成功し、鼻歌混じりでセレナに乗って家族でお出かけして行きました。

ディーラーで加入したら安心の保険というわけではないんです。どこでもいいやってディーラーで加入するならば、無料で一括見積もりをしてみたほうが良いですよ。

源十郎の友人も、無料一括見積もりで3万円以上安くなり、満足してる方もいます。ありすぎて困るし悩む、という方のためにランキング形式でネット型自動車保険をピックアップいたしました。

一番素敵なネット自動車保険を徹底調査した結果

あとから自動車保険を切り替えるのもいいですが、新車購入時にディーラーでは加入しないで選んでおくと、購入資金の総支出が抑えられます。維持費も抑えられる結果に繋がりますよ。

テクニック10:簡単に出来る「車庫証明」

新車をお迎えする準備の中に、駐車場の確保が必要ですね。駐車場がないとただの駐車違反の極悪ドライバーです(笑)

そして駐車場があったとしても「車庫証明」がないとダメなんです。

  • 自動車の保管場所の確保等に関する法律(略して車庫法)

この法律の第4条で、駐車場の住所や車体番号なんかを警察署に届け出ることが義務付けられてます。この届け出る書類が「車庫証明」

で、一般的には行政書士のお仕事で、新車購入の時にはディーラーが代行して届け出してくれます。もちろん諭吉と引き換えに。車庫証明の手続き代行費用は行政書士にお願いしても、ディーラーが代行しても、だいたい2〜5万円かかります。

 

 

 

結構なお値段かかるのね…実は車庫証明って個人で簡単に取れるんです。

自分で出来る!安くて簡単・車庫証明
  • 車購入時、ディーラーさんに「車庫証明は自分で取ります」といって必要書類をもらう
  • もらった必要書類を持って警察署へ
  • 後日、再び警察署で車庫証明を受け取って、ディーラーに提出

ちょっと必要書類に必要事項をカキカキして、平日に警察署に行けばいいだけです。平日しか警察署では受け付けてくれないので、そこがネックですけど。でも自分で車庫証明の手続きを行うと、費用は数千円。

新車購入時に、車庫証明自分でやったよーっていう方の口コミもあったので、紹介しておきます。

これから新車を購入する方の参考になれば、と思い書きます。

販売店の見積もりに、「車庫証明取得代行」という費用で、16000円ほどが計上されてました。調べてみたら、自分で申請すれば2600円ですむことが分かり、本日、自分でやってみました。

販売店で「車体番号」が判明したら、それを申請書に書いて、警察署に届けます。
2600円はそのとき納めますが、現金ではなく「県収入証紙」を銀行で手にいれて貼りつけます。(警察署でも印紙は売っています。)
また、警察署の受け付けが平日の日中のみなので、平日が仕事なら一時抜けるか、休みをとる必要があります。(混み具合にもよりますが、そんなに時間はかかりません。僕は昼休み時間でやりました)

警察署で教えてもらいながら書くような項目もありましたが、大したことはありません。

こちらの警察署では、申請後4日程度で証明書が出来あがる、とのこと。
証明書ができたら警察署に取りに行って、それを販売店に渡す。あとは、販売店が登録手続きをする、という流れです。

これで約14000円が浮いて、それで何かオプションが買えると思ったら、嬉しくなりました。

引用:価格.com

最近はOSSとかいうネットで支払う車購入方法があって、書類での車庫証明じゃない手続きを行う場合もあるようです。

書類型に切り替えてもらえば車庫証明も自分で出来ますが、詳しくはディーラーでご確認下さいね。

テクニック11:お支払いはローンがよろし

新車購入値引き交渉は、お支払いという最終局面にもチャンスがあります。え、どこに?ここです、ここ。「ローン」です。

ローンは儲けの一部

ローン払いになると、ディーラーさんにはローン金利手数料が入る

これは大事な儲けの一部なので、現金一括払いの太っ腹なお客様より旨みアリ

ディーラーの一番の安定した儲けが金利手数料、って裏情報をキャッチしました。なのでちょっと悪巧み。

  • ほんとはローンじゃないと払うのが無理でも、現金一括払いを匂わせる

ディーラー側としては、金利手数料っていう利益を失う危機になる!かもしれません。なので現金一括でも払えるという設定にしつつ、もしローンにしたらもう少し値引きしてもらえるのかお尋ねしましょう。

最近では「残価設定ローン」という、先ににいくらかまとめて支払っておき、残りの返済額を毎月抑えられるローンの形もあります。

ローンにしたら値引きが可能なのか、ダメでも残価設定ローンだと毎月いくら払いになるのか、など支払い面での懸念も相談できます。

お支払い方法を「一括で払えるけど」がポイントですよ。最初からローンなんだけどって言っても交渉は上手くいかないかもしれません。ご注意を。

テクニック12:有終の美はこうして飾る

新車購入時、最後はすっきり満足して契約を完結させたいところです。もうほぼ商談が成立って雰囲気の中で、99%の確率で成功するワザがあります。

源十郎物語・最終章

ここまでいくつものテクニックを披露してきた源十郎。

自分が決めていた値引き額も勝ち取れたし、もう満足じゃ。あとはサインして契約完了。

と、そこで最後の最後に脳内で囁き声が。

(この数千円の端数。要らなくね?)

ほんの数千円、されど数千円。8千円とかはムリですよ。限りなく諭吉に近い金額や勢い余ってあと5万円要らなくね?は度が過ぎます。

ですがほんの数千円ならっ

そう思って源十郎が放ったセリフがこのひと言。

「この端数カットしてくれたら今日契約します(ドヤっ)」

これは最後の最後、ほんとに最後のオマケサービスをおねだりです。

おねだり金額は数千円程度。これくらいなら受け入れざるを得ない営業マン。

「わっかりましたー。それでいきましょう!端数はカットします!」

こうして限界ギリギリまで、あの手この手で値引きを成功させた源十郎は、今もセレナに乗って5人家族で仲睦まじく暮らしているそうな。

めでたしめでたし(完)

赤字になってまで売る営業マンはいません。でも営業マンも鬼ではありません。最後の最後に「端数オマケして」とか「納車のとき、ガソリン満タンがいいなー」とか、控えめなおねだりは承諾してくれちゃいます。

買う側も売る側も、やりとりするのは「人対人」です。無理な金額を目標にしたり、買ってあげるんだからありがたいと思え、みたいな横柄な態度では、お互い気分が悪くなるだけです。

気持ちよく交渉完了、フリードを買ったあとにも何かと良くしてもらえるよう、節度ある最後の限界突破に挑んで終結して下さいね。

 

スポンサードリンク

何度も値引き交渉するのが面倒。子育て世代の交渉術コツ4選

新車購入に役立つテクニックを、実体験も交えて12選お届けしましたが、細かくひとつひとつクリアするのが難しい場合もありますね。

特にフリード購入を検討してる方なら、小さいお子さんを抱えての交渉になるかと思います。子供連れての交渉は、むっちゃしんどい。いやもう無理ゲー(笑)

いくらキッズスペースがディーラーにあろうが、そんなの1時間もしないうちに飽きてグズります。あまり長時間かけて交渉に臨めない方でも出来る「フリード値引き交渉・限界値までの道標」をご案内いたしましょう。

コツ1:車のタイプ・グレード・オプションは家で決めておく

外出時間は長く取れない、というのであれば家であれこれ決めておきましょう。家ならなんとか時間は作れます。子供がグズっても下調べを中断して遊んであげられます。

フリードにはガソリン車やハイブリッド車、さらにそこからFFなのか4WDがいいのか、加えてオプションは何が必要なのかと決める事項が盛り沢山。

こんなのいちいち営業マンと細かく打ち合わせしてたら1時間や2時間ではききません。それぞれの違いや良さはネットで調べればバンバン情報も出てきます。口コミサイトで具体的に乗り心地や性能はどうなのか、燃費の良さまで検索も可能です。

だいたいでもいいので、ちょくちょく調べてどんなフリードが欲しいのか決めてからディーラーへLET’S GO!

コツ2:値引き限界額を知り、目標値引額を決めておく

新車値引きは時間をかけて粘っても、それに比例して額が上がるわけもなく。相場は決まってますし、必ず限界がやってきます。

だったら目標値引き額を具体的に設定して、そこに到達したらそれでいい、という判断をいたしましょう。

フリード値引きは、人によってそこまで大幅に違いがありません。値引き総額も20万円前後が妥当な数字です。ネットでいくつかの口コミを参考に、「これくらいの値引きしてもらってる方が多いって調べて来たんですが、実際はどれくらいが可能ですか」と単刀直入、直球勝負に出てみてください。

無謀な額を提示せず、営業マンと真摯にやり取りして、好印象を与えることもお忘れなく。

コツ3:「他店舗の見積もり」で即座に攻める

値引き交渉で、重要なのは「他車との比較」です。フリードと同サイズのミニバンで、永遠のライバルはトヨタ・シエンタが最も有力な対抗馬。

出来ることならシエンタの見積もりを持ってホンダ陣営に乗り込みましょう。とりあえず一日、トヨタとホンダの2社巡りをするのがおすすめです。

  • その日のうちにトヨタ・ホンダを回るつもりでアポを取る
  • 先にトヨタでアポ予約、サクッとシエンタ見積もりをいただく
  • トヨタは颯爽と撤退し、貰った見積もり片手にホンダへGO!
  • 「シエンタとフリード、条件が良いほうを買おうと思う」と本音を暴露

これで一応、少しは値引きした額の提示があるかと。対抗馬となる見積もりもらいに行くのは難しい、というのならネットで調べた口コミ情報を武器にしましょう。

ただ、ホンダは値引きが渋いという情報もあります。交渉の手札が少なければ、一度で納得価格に値引きしてもらえる可能性は低いです。目標額より低ければ、この日は下見、と割り切って一旦持ち帰りましょう。

「家族と相談してまた来ます」初日はさっさと撤退し、後日改めて乗り込みます。何度も行くのはめんどくさいかも知れませんが、一度で割ける時間があまりないなら数回に分けたほうが限界値引きも希望が持てます。

コツ4:買取で売っぱらう。軍資金確保を最優先

結局いくらまでなら諭吉を用意出来るのか。新車購入の肝はここ。値引き額にも限界があるけれど、こっちも出せる金額に限界がある。

乗り換えでフリードお迎えするならば、今の車は少しでも高く売り、出費を抑えて資金の調達いたしましょう。源十郎はラッシュ下取り30万円だったところ、買取で60万円も軍資金上乗せ出来ました。

フリードの値引き相場は20〜30万円がいいところ。天地がひっくり返っても60万円値引きしてくれる、なんてことは簡単に起きません。

だがしかし。無料の買取査定で買取競争してもらえば、少なくとも下取りよりは確実に高く売っぱらえます。時間があろうがなかろうが、買取業社間で勝手に競合してくれるのです。下取りは競合なしなので、本当に激安です。

買取に出す場合のデメリット。それは何社もあって一括査定すると電話があちこちからかかってくること。事実、複数社からバンバン電話かかってきます(笑)でもしつこくはありません。

「もうほかで決めちゃったんで。」

このひとことで、同じ買取業者からは一切かかってくることもありません。源十郎も体験済み。友人にも「買い替えするなら一括見積もりで売っぱらったほうがいいよーっ」てアドバイスしたら、結果5万円ほど高く売れたよーって報告もきました。

その時の電話の状況、けっこうリアルで面白かったんで、レポートしてみました→【体験談】車の買取査定で実際に売却!相場額を必ず超える方法

どうしても「何社も電話来るのは嫌だ…」というのであれば、こちらからの1本の電話さえ乗り切れば良い方法もあります。

たった1社、むっちゃ有名な会社です。

この会社がまとめて他の業者とやり取りしてくれるので、何本もの電話が嫌でためらう方にはこの会社で査定が向いてるかと。

車を安く買う為に一番大切なことは「値引き額の多さ」ではない

フリードは、嫁+子供1or2人、たまに+ジジババという多分今の日本で最も多い形態の家族にピッタリのミニバン。

乗りやすさ・シート配置・燃費。どれをとっても「ちょうど良い」のキャッチフレーズ通りの快適サイズ。お値段さえ予算内に収まれば幅広い世代の方におすすめしたい車です。

車を買うって人生の中でそう多くない経験です。リッチメンなら別ですけどw

だからこそ購入するときのポイントもいくつか抑えておきたいところ。でも値引き交渉で安く、安く。それだけではダメなんです。車は買ったらはい、おしまいってものじゃありません。

車は買ったあとも維持費がかかる代物です。税金に自動車保険にガソリン代。洗車だって必要です。具合が悪ければメンテナンスも欠かせません。

値引きは買った時だけの特典です。無茶ぶりして、険悪ムードで安くしてもらうより、その後のディーラーとのお付き合いまで先を見据えて交渉するのが賢い方法。

営業マンと仲良くなっておいたら間違いなく優遇してくれます。ディーラー行ったら洗車なんかもしてくれる場合もあります。なんなら有料級の点検なんかもサービスサービス。

源十郎
あの営業マンにお願いすれば、フリードも安心

営業マン
あのお客様なら、これくらいはサービスしちゃおうかな

この信頼関係が大事です。決してお金で買えないもの。それが「人と人との繋がり」です。プライスレスな付加価値を手に入れられるのはあなた次第。

交渉術はいくつもありますが、気持ちよくフリードお迎え出来るように策を講じてみてくださいね。

そして、ご紹介したテクニックを使ってよいお買い物を是非してくださいね。ムーヴをお得にご購入出来ますように。

そして「自分の車が一体いくらで売れるのか?」を無料でまず知っておいてから新車を値引き交渉する。これが値引き交渉術の基本です。

もちろん実際には売らずに見積もりだけを知ることも可能です。複数会社からの見積もりを知るには、パソコンもしくは今お持ちのスマホから簡単な情報を登録するだけでわかります。

車の車種・車の年式(だいたいでOK)・走行距離(だいたいでOK)の3つだけの入力なので45秒で終わります。

※登録時には自分の車の車検証などの資料は一切必要ありません。

→無料45秒査定で愛車の最高売却をとりあえず知っておく。

お得に車を買い換えたい方は試す価値あり(買取額60万UP)

車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、かなり損してます。

言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で差額約60万でした。

業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。無料で1分でその場で(スマホ)できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ!

→今すぐその場で相場がわかる

新車・中古車値引きの裏テク

ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。実際に私がセレナを最大値引き額(50万円)を勝ち取った方法を無料公開中。

→リアルに使える裏知識を手に入れる
車値引き「限界額」を超えるコツ

自動車保険を安くするコツ

安い自動車保険を知りたい方はこちら。新しい保険がたくさん出てきていることを知っていますか?損しないためにも定期的に保険は見直すことを強くおすすめします。なぜなら間違いなくほとんどの方が3〜5万の節約に成功するからです。

→本当にいい保険会社を知る
自動車保険ランキング

クルマ好きにたまらない無料アプリ

「好きな車が同じ」って人と繋がって情報共有できる!欲しい車のこと質問したり自慢したり、所有者の「生」の声が聞ける珍しいアプリです。これ、、、見てるだけで楽しいです。

  •  車SNSでは月間アクティブユーザー数No.1(2018年5月AppApe調べ)
  •  愛車の写真や動画を気軽に投稿!同じ車種のユーザーともつながれます!
  •  気まずいナンバープレートも自動で加工。
  • フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSとも簡単連携
  • カスタム最新情報を手に入れられる。
 

一番安い車検はこちら↓
ホリデー車検

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください